インフラ研修に強い実践型IT技術研修「BFT道場」の月額定額制コース「チョイトレ」 新料金体制“チケット制”を導入で更に受講しやすく 受講者数も200名を突破!

 この度、株式会社BFT(東京都千代田区:代表取締役社長 小林 道寛、以下BFT)は自社が提供している、ITエンジニアのための実践型IT技術研修「BFT道場」の月額定額制コース「チョイトレ」に、新料金体制であるチケット制を導入いたします。また、「チョイトレ」の受講者数が、1月15日(金)の開講から、200名を突破したことをご報告いたします。※5月7日(火)時点
 「チョイトレ」は、受講者のスケジュールやレベルに合わせて研修を選択することが可能な、IT専門の定額制技術研修コースです。今年1月の提供開始から、企業規模に応じた月額定額制で受け放題の集合型技術研修を行っていましたが、更に多くの皆様にご利用をいただけるよう新たに料金システムを見直し、これまでの月額定額制に加えて、チケット制でもお申し込みを可能にいたしました。会社の状況に合わせて料金システムを選択することができるため、より研修が受講しやすくなります。

 チケット制は、社員がプロジェクトで忙しく受講できるかどうか不安を持っている企業や受講対象の社員数が少ないので定額制の料金だと少し高いと感じている企業、更に限られた講座や期間だけ利用したいという受講者のニーズにこたえることが可能です。
 一方で、多くの社員に研修を受講させたい企業や、社員それぞれのキャリアプランに合わせた研修が欲しいという企業、今ある定額制の研修サービスに満足していないという企業には、既存の月額定額制での受け放題をおすすめしています。受講人数や回数の制約がないため、エンジニアひとりひとりに合わせて計画的なスキルアップを実現させることが可能になります。100人未満の企業には、月額45,000円からサービス提供を行っています。

 通常、企業でエンジニア全員に教育の機会を用意するためには多額の教育予算や人的リソースが必要になりますが、当研修は企業規模に応じた月額定額制とチケット制をとっており、現役エンジニアのノウハウを活かした実践的な研修内容を多数用意しているため、効率的に研修を行う事が可能です。インフラ分野に強いBFTだから提供ができる、パブリッククラウドやオンプレミスをはじめ、ネットワークにいたるまで多様な独自の研修があり、ただ話を聞くだけでなく実際に手を動かし学ぶことができるので、受講者からも大変好評です。物理サーバを開けて、CPUやメモリなど視覚を通してサーバの構成要素を学ぶ「サーバを開けてみよう」や、AWSのアイコンカードを利用しながらシステム構築図をグループで学ぶ「AWS福笑い」など、ユニークな講座も人気です。

 BFTでは、2013年からIT未経験者をインフラエンジニアに育成する研修プログラムの構築を進め、2017年1月より「BFT道場」の提供を開始いたしました。“現場で活躍できるエンジニアを育成したい”、“IT業界の未来を創るエンジニアを育成したい”というBFTの思いと実体験から生まれた新しい形の実践型技術研修「BFT道場」をエンジニア育成にぜひお役立てください。
 








<BFT道場 紹介ページ>https://bftdojo.com/  
<予約サイト>https://bft-dojo.resv.jp/


【BFT道場とは】
2017年1月に提供を開始した教育サービスで、これまでに累計200名以上の方に受講していただいております。
BFT道場の研修は本当に活躍できるエンジニア育成をコンセプトに、自ら調べて仕事を進めることができる状態まで育成することを目指しています。また、すべての研修コンテンツは実際にBFTがプロジェクトで培ったノウハウを基にコンテンツ開発を行っています。そのため、一つの技術要素を学ぶ研修であっても、実際のシステム構成を前提にしているため、必要な周辺技術についても理解できる内容となっています。さらに講師は現役のSEが担当するため、机上の理論ではなく生きた知識を学習できます。


-----------------------------------------------------------------
「BFT道場」3つのコース
・トレプラ  新卒・若手社員向け、実践技術研修
       マンツーマン指導で着実な知識習得
・ギノトレ  トレンド技術を習得
       ハンズオン形式で丸1日で技術習得

・チョイトレ 多様なコースから選択できて定額制・チケット制
       スクール形式で3時間のトレーニング
​-----------------------------------------------------------------

■「チョイトレ」について
「定額制」で各種研修が受け放題、または「チケット制」で各種研修を受講できるプランです。
「トレプラ」や「ギノトレ」の研修コンテンツをより受けやすくした研修サービスが「チョイトレ」です。他の研修に比べて所要時間が短いため、忙しいエンジニアでも受けやすく、お手頃価格でありながらも本格的なIT技術研修を受講できます。
受講者のスケジュールやレベルに合わせて研修を選択することが可能で、入門コースから基本設計まで、受講者のスキルに合わせてはじめられ、計画的なスキルアッププランを作る事が可能となります。また、多くのエンジニアを抱えるIT企業でエンジニア全員に教育の機会を用意するためには多額の教育予算が必要になりますが、当研修は企業規模に応じて月額定額制またはチケット制を選んで頂くことができるので、エンジニアひとりひとりに合わせて計画的なスキルアップを実現させることが可能になります。


【会社概要】
社名    株式会社BFT
設立年月日 2002年4月4日
資本金   9,990万円
代表取締役 小林 道寛 (Kobayashi Michihiro)
従業員数  380名(2019年4月時点)
住所    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング22階
公式HP   http://www.bfts.co.jp/

BFTは「人とシステムをつくる会社」です。
システムづくりに加え、システムにかかわる人材の育成にも力を注ぎ、さらに豊かな社会の実現を目指しています。

(1) インフラ基盤構築 サーバ環境構築・ネットワーク環境構築 ・クラウド環境構築
(2) システム開発   オープン系システム開発
(3) 教育サービス   「BFT道場」 トレプラ・ギノトレ・チョイトレ

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BFT >
  3. インフラ研修に強い実践型IT技術研修「BFT道場」の月額定額制コース「チョイトレ」 新料金体制“チケット制”を導入で更に受講しやすく 受講者数も200名を突破!