ACALL、シリーズBファーストクローズで10億円の資金調達を実施

”働きやすさ、を実装する。WorkstyleOS(ワークスタイルオーエス)”を提供しているテクノロジー企業、ACALL株式会社(代表取締役:長沼斉寿、以下「ACALL」)は、シリーズBファーストクローズにおいて、ジャフコ グループ株式会社が運営する投資事業有限責任組合とEmellience Partners 株式会社を引受先とする第三者割当増資により、10億円の資金調達を実施しました。これまでの累計調達額は18億円になります。
  • 生産性に着目し、ワーカー個人が主体的にワークスタイルを選択できる社会へ
 ACALLは、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、働く場所や時間が一律・固定から分散・流動化していく中で、どこでも安心、安全、快適なワークスタイルを実現する「WorkstyleOS」を開発し、ワーカーに”働きやすさ”を実装してまいりました。オフィスの省人化を実現する機能や、「誰が・どこで」働いているかをチームで共有し、コミュニケーションのきっかけを作り出す機能は、ハイブリッドワーク下の多くのワーカーから共感を得て、導入が増加。過去3決算期の売上高の成長率は331.6%と「2021年 日本テクノロジーFast 50(※)」で13位にランキングしています。

※日本テクノロジー Fast 50は、デロイト トーマツが世界約40カ国・地域で開催しているTMT(テクノロジー・メディア・通信など)業界における成長企業を顕彰するランキングプログラムの日本版。上場・未上場企業を問わずTMT業界に含まれる企業からの応募をもとに、過去3決算期の収益(売上高)成長率の上位50社がランキングされます。収益成長率を指標としていることにより、企業規模によらない成長性を表わすランキングとなります。
 


 社会全体でワークスタイルが見直され、オフラインとオンラインを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が浸透するなど、少しずつ働く場所や時間が多様化し始めてきていますが、まだ、チームに所属する多くのワーカーのワークスタイルは変化の途上にある、と私たちは考えています。事実、どの場所で働くことが、ワーカーにとっても企業にとってもパフォーマンスがいいのか、ウェルビーイングが高まるのか、それを判断可能にする指標がないため、一方的に出社を命じる会社とワーカーの間にハレーションが生じる、ということも起こっています。そこで、WorkstyleOSは、働く場所と時間、そして生産性に着目することで、柔軟な選択肢を享受したいワーカーと持続可能な経営を実現したい企業の間に横たわる“溝”を埋めて、ワーカー個人が主体的にワークスタイルを選択できる社会を後押ししてまいります。
 
  • グローバルな視点でハイブリッドワークの可能性を最大化する
 このたびの資金調達の目的には、大きく2つの軸があります。
 1つ目は、オフィスやシェアオフィスなどオフラインのDX体験向上と、ワークプレイスを超えたオンライン上でのコミュニケーションの活性化(=チェックイン体験)です。具体的には、オフラインの場では、機械ができることは機械に任せて、人間がより豊かに生きるための場の創造に貢献するとともに、オンラインの場については、リモートワークでのチェックイン体験を高めることで、ワーカーおよびチームが、オフラインとオンラインを意識することなく、パフォーマンスをチームとして最大化できるエンパワーメントサービスを目指します。
 2つ目は、プロダクト機能のグローバル対応です。多言語対応やそれぞれの国における商習慣に付随した機能を追加することで、世界共通の課題である“働く場所と時間の選択肢を広げること”を世界規模で解決してまいります。実際に、ACALLは海外展開の第一歩として、既にシンガポールを中心とした東南アジアへの展開を進めており、当該事業領域を日本国内に閉じることなく、グローバルにスケールさせております。
 ACALLは、もはや後進国となりつつある日本の働き方(※OECD加盟国中日本の生産性は最下位)を変えるため、グローバルの目線に立ってOSのレベルから、働きやすさのインフラを整えてまいります。

 WorkstyleOSサービスサイト:https://www.workstyleos.com/
 
  •  引受先からのコメント
ジャフコ グループ株式会社
佐藤 直樹 氏(パートナー)
高原 瑞紀 氏(西日本支社長)

 新型コロナウイルスの発生・流行から約2年半が経過しました。大きな変化による混乱期を経て、一人ひとりの「ワークスタイル」の選択肢は確実に増えてきたのではないでしょうか。この間、「WorkstyleOS」は、様々なビジネスシーンで利用できる機能を追加し、「くらし」と「はたらく」の自由なデザインを可能にするソリューションとして、進化を続けてまいりました。コロナ収束後の社会では、人々の「生きがい」や「多様性」という概念へのフォーカスがより強くなるのではと感じています。ACALLが掲げるVISIONである「Life in Work and Work in Life for Happiness」はその意味でも重要性を増していくでしょう。大海原の中にあるACALLの航海に、JAFCOも引き続き当事者としてコミットしてまいります。

Emellience Partners 株式会社
千葉 真介 氏(Emellience Partners株式会社 代表取締役CEO、BIPROGY株式会社 業務執行役員 戦略事業推進第二本部長)

 コロナ禍により拡大したニューノーマルに対応して働き方も進化・多様化が進んでおり、企業はハイブリッドワークの導入を進めていますが、その一方で、オフィススペースの見直しや労務管理の高度化、従業員エンゲージメントの低下といった課題が顕在化しつつあります。ACALLが提供するクラウドサービス「WorkstyleOS」は、こうしたニューノーマル時代の「新しい働き方」に企業がスムーズに対応するためのDXサービスとして「会議室の予約・管理」「エントランス無人化」「フリーアドレスでのチェックイン(ホテリング)」などの複数プロダクトを統合して「OS」として一元的に提供するものであり、新しい働き方のさらなる普及に伴い、その重要性はさらに増していくと思われます。
 ACALLはこうした「急速な社会変化」をスピーディに捉えて解決するという提供価値を創出しており、ここまでの成長を実現してきたメンバーや経営層の皆さんに敬意を表するとともに、今回ラウンドにてジャフコ グループ株式会社様とともにリードで参画させて頂き、EmellienceやBIPROGYグループのアセットを活用したハンズオンやバリューアップ支援も行わせて頂くことで良好な共創関係を構築できると確信しています。
 
  • ACALLで、「くらし」と「はたらく」を自由にデザインできる世界を共に実現しませんか?
 私たちは、「Life in Work and Work in Life for Happiness」をVISIONとして、どこでも安心、安全、快適なワークスタイルを実現することで、個人が“くらし”と“はたらく”を自由にデザインできる世界の実現を目指します。
 神戸を本社として、東京、シンガポールとオフラインの拠点をもち、リモートワークとハイブリッドで、時間と場所に縛られない働き方を実践し、自律分散型の組織を取っています。個がエンパワーメントされる組織のあり方を自身も試行錯誤することで、次代の新しい働き方をチームで実践していける仲間を探しております。詳しくは下記採用ページよりご覧ください。
(採用ページ:https://corp.acall.jp/recruit/

 


【会社概要】
代表取締役:⻑沼 ⻫寿
所在地  :(神⼾本社)神戸市中央区加納町 4-2-1 神戸三宮阪急ビル 13階
                (東京オフィス)東京都千代田区神田三崎町3-2-14 GLORKS水道橋 1階-B1階
                  (シンガポールオフィス)20 Anson Road, #11-01 Twenty Anson, Singapore
設 ⽴    :2010年10⽉
URL         :https://corp.acall.jp/
事業概要   :WorkstyleOSの開発および提供
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ACALL株式会社 >
  3. ACALL、シリーズBファーストクローズで10億円の資金調達を実施