HubbleがRX Japan主催のオンライン展示会 『第2回 総務・人事・経理Weekオンライン 法務・知財EXPO』に出展

契約業務クラウドサービス「Hubble」を展開する株式会社Hubble(東京都港区、CEO:早川晋平、以下「Hubble社」)は、2022年7月6日(水)から8日(金)にオンラインにて開催される、バックオフィスの課題を解決する製品・サービスが集結するオンライン展示会『第2回 総務・人事・経理Weekオンライン 法務・知財EXPO』にゴールドスポンサーとして出展いたします。

 
  • 第2回 総務・人事・経理Weekオンラインについて
第2回 総務・人事・経理Weekオンラインは、バックオフィス向けの商品・サービスが一堂に会するオンライン展示会です。オンライン上でリアルタイムに商談を行えるため、以下のような特徴があります。
• ブース見学または商談後、その場で比較・検討・見積もりを行える
• セミナー聴講後、担当部署にすぐ質問できる
• プロに気軽に相談できるため、思いがけない発見がある

展示会は9つの専門展で構成されており、当社は、法務に特化した「法務・知財EXPO」へ出展します。

▼来場者事前登録サイト: https://ol.office-expo-online.jp/register?em=exur31539
▼Hubble社ブーストップ: https://ol.office-expo-online.jp/entrance/zone/7
※いずれも無料でご登録いただけます。弊社ブーストップの閲覧には、来場の事前登録が必要です。
 
  • 出展内容
契約業務クラウドサービス「Hubble」について、サービス概要の動画や資料に加え、リーガルテックの活用法や契約書修正交渉、ROI算出方法など、法務関係者のお悩みを解決する資料を展示しています。また、チャットでのリアルタイムの質問対応やオンライン相談の受付、名刺交換のほか、当社CLOで弁護士資格を持つ酒井による講演も行います(講演内容は以下に記載)。

普段法務業務を行われている方だけでなく、契約書に携わる全ての部門の方にとって役立つ内容です。契約業務のDX、並びに経営スピードの向上を実現できるプロダクト「Hubble」を、この機会に是非ご覧ください。
 
  • 講演内容
「Hubble」ができること、他社リーガルテックとの違い、具体的に導入を検討する上での方法・考え方を網羅した、3回の講演をご用意しております。
※各講演は、上記Hubble社のブーストップページからお申し込みが可能です。

 

日時 2022年7月6日(水) 12:30~13:00
タイトル 30分でわかるHubble
登壇者 取締役CLO/弁護士 酒井 智也
講演概要 契約書業務で活用頂いたお客様より、月間約20時間の工数削減につながったとのお声も頂いた、Hubbleの基本機能をご紹介するウェビナーです。
契約業務に携わる皆さまが抱えているお悩みを、Hubbleの基本機能を使ってどのように解決できるか、約30分間でわかりやすくご説明致します。契約書周りを電子化していきたいとお考えの営業部門の方や、契約業務の効率化を検討されている法務部門の方にぜひご参加頂きたい内容となっております。

 

日時 2022年7月7日(木) 12:30~13:00
タイトル AIレビューとは異なる、Hubbleでの契約業務の効率化方法
登壇者 取締役CLO/弁護士 酒井 智也
講演概要 本セミナーでは、企業内で行われている契約業務に焦点を当て、リーガルテックを活用した契約業務フローの構築について解説致します。
契約業務のDXで注目されているAIレビューも業務効率化に非常に役に立ちますが、Hubbleではビジネスに携わる法務の方がより本質的な契約業務を行うための方法や、実際のビジネスに関連した契約書に対する、将来を見据えた体制構築など、AIレビューとは違った焦点からの契約業務の効率化方法を解説いたします。

 

日時 2022年7月8日(金) 12:30~13:00
タイトル 契約DXを実現するリーガルテックの障壁とは?~社内調整、予算確保のためのROI~
登壇者 取締役CLO/弁護士 酒井 智也
講演概要 昨今ではDXの流れから、法務においても「契約DX」としてリーガルテックをはじめとするテクノロジー活用の必要性が強く叫ばれています。その一方で、既存システムとの競合を考慮しながらの社内調整や、システム予算をどう会社に承認してもらうかは、多くの法務組織で非常に悩ましい点とされています。そこでHubbleでは、「社内調整」「予算確保のためのROIに関する2つの重要な要素」に焦点を当てて解説します。
 



 

◆契約業務クラウドサービス「Hubble」とは
Hubble(ハブル)は、約 150 社 1 万人が利用する、“あらゆるツールと連携して、早く、正確な契約業務を構築する”クラウドサービスです。Slack や Teams、クラウドサインなどと連携しながら、契約業務を効率化し、契約書締結までのコラボレーションを最速化します。バージョン管理だけでなく、契約書締結後の管理も可能で、期限管理や検索機能も充実しており、契約データベースとしても強力です。
「Hubble」ソリューションサイト:https://hubble-docs.com/lp/document-download/

◆会社概要 株式会社 Hubble
「契約をデザインし、合理化する」をミッションに、①契約業務・契約書管理クラウドサービス「Hubble(ハブル)」、②NDAの統一規格化を目指すコンソーシアム型の NDA 締結プラットフォーム「OneNDA(ワンエヌディーエー)」、③ベンチャー・スタートアップのための法務メディア「Legal Ops Lab(リーガルオプスラボ)」を提供・運営しております。
・所在地  :東京都港区港南二丁目 15 番 1 号 品川インターシティ A 棟 22 階 SPROUND 内
・取締役  :早川晋平(CEO) / 藤井克也(CTO) / 酒井智也(CLO 弁護士)
・企業サイト:https://hubble-docs.com
・「Hubble」3 周年記念 特設サイト:https://hubble-docs.com/3rd-anniversary
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Hubble >
  3. HubbleがRX Japan主催のオンライン展示会 『第2回 総務・人事・経理Weekオンライン 法務・知財EXPO』に出展