DataRobot日本法人カントリーマネージャーに馬場 道生が就任

エンタープライズ AI のリーダーである DataRobot, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、CEO:Dan Wright、以下「DataRobot」)は、5月10日付けで同社の日本法人である DataRobot Japan 株式会社のカントリーマネージャーに馬場 道生(ばば みちお)が就任したことを発表しました。馬場は今後、日本市場におけるビジネスの責任者として全ての業務を統括します。

馬場はこれまでに、Nuance Communications社やAmelia社等、複数の米国のリーディングAIテクノロジー企業の日本法人代表を歴任してきました。Nuance Communications社(今年5月にMicrosoftが買収に合意)では、コグニティブAIや生体認証AIを、Amelia社では対話型AIやハイパーオートメーションといったエンタープライズ向けAIソリューションやプラットフォームの日本市場における認知と普及に貢献し、約20年に渡りAIによる多くの価値創出をお客様企業と共に実現してきました。
 
カントリーマネージャー就任に際し、馬場は次のように述べています。
「現在、世界の変化のスピードは極めて速く、その変化は企業に様々な課題を突きつけています。しかしその中にあってもAI・機械学習によって洞察・予測能力を高め、AIドリブンな意思決定によって成功する事業や企業が増えています。一部のAI先進カンパニーだけがAIの恩恵を受ける時代は終わりました。今、様々な事業においてAI・機械学習による多くの価値創出が始まっています。DataRobotはこれからもデータサイエンスにおける課題を解決し、AI・機械学習の民主化を推進するプラットフォームと、ビジネスへの知見を備えた世界最高レベルのデータサイエンティスト、そしてお客様企業のAIサクセスをサポートするサービスを通じて一気通貫でROAI (Return on AI)を実現していきます。また非営利団体向けプログラムである『AI for Good』を通じて、SDGs達成をAIによって加速させ、皆様と一緒により良い世界と未来を作ることに貢献していきます。」

また、DataRobot, Inc. CEOのDan Wrightは、次のように述べています。
「馬場をDataRobotに迎え、日本でのビジネスオペレーションをリードしてもらえることを光栄に思います。彼は20年以上にわたり、企業のお客様がAIをはじめとする最先端技術を最大限に活用するための支援を行ってきました。Augmented Intelligence(拡張知能)への情熱と日本人として深い知識を持つ彼は、DataRobotを日本でさらなる高みへと導く理想的な人物です。」

■DataRobot, Inc. カントリーマネージャー 馬場 道生(ばば みちお)略歴
米国のリーディングAIテクノロジー企業の日本法人代表を歴任。Nuance Communications社(今年5月にMicrosoftが買収)ではコグニティブAIや生体認証AI、Amelia社では対話型AIやハイパーオートメーション等のエンタープライズ向けAIソリューションやプラットフォームの日本市場における認知と普及に貢献。20年近くにわたり顧客企業と共にAIによる様々な価値創出を実現してきた経験を持つ。

■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL:https://www.datarobot.com/jp/
DataRobotは、エンタープライズAIのリーダーであり、AIイノベーションを競うグローバル企業に信頼できるAIテクノロジーとイネーブルメントサービス(継続的なAIサクセス支援)を提供しています。 DataRobotが提供するエンタープライズAIプラットフォームは、機械学習モデルの構築、デプロイ、管理までをエンドツーエンドで自動化することで、実ビジネスにおけるデータサイエンスの民主化を実現します。このプラットフォームは、AIをお客様に大規模に提供し、そのパフォーマンスを長期にわたって継続的に最適化することで、お客様のビジネス価値の最大化を実現します。業界最先端のソフトウェアと世界水準のAI実装、トレーニング、サポート、AIサクセスサービスから得られたノウハウの組み合わせにより、事業や組織の規模、業界、業種に関係なく、あらゆるお客様の実ビジネスにおける成果の実現を強力にサポートします。

Forbes が選ぶ2020年の「クラウド100(世界の優良非公開クラウド企業100社)」、2019年および2020年の「AI 50(最も有望なAI企業50社)」にも選出され、IDCのレポート「IDC MarketScape: Worldwide Advanced Machine Learning Software Platforms Vendor Assessment(IDC MarketScape:世界の高度機械学習ソフトウェアプラットフォームベンダー評価)」では、リーダーに選ばれました。詳細についてはwww.datarobot.comをご覧ください。

■ 商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DataRobot, Inc. >
  3. DataRobot日本法人カントリーマネージャーに馬場 道生が就任