【ヒルトン東京】『摩天楼スイーツ』宿泊プラン

ホテル最上階のプライベートラウンジで夜景とスイーツ&フリーフローを満喫

『摩天楼スイーツ』宿泊プラン  ※写真のデザートはイメージです『摩天楼スイーツ』宿泊プラン  ※写真のデザートはイメージです

【2020年9月28日】 ヒルトン東京(新宿区 総支配人ロジャー・ブランツマ)では10月1日(木)よりホテル最上階に位置するエグゼクティブラウンジで優雅にいただくスイーツ&セイヴォリーとドリンクのフリーフロー、翌日のご朝食に加え、プール、サウナ、ジムのご利用もセットになった宿泊プラン『摩天楼スイーツ』をお一人様¥25,000~(1泊、1室2名様ご宿泊時)にて販売します。

客室例 デラックスルーム客室例 デラックスルーム

ヒルトンの新しい衛生基準である「ヒルトン・クリーンステイ」で清掃、消毒された客室で、思い思いのご滞在を楽しみつつ、夕方からはスイーツ・ビュッフェで人気の「マーブルラウンジ」より選りすぐりスイーツとセイヴォリー、スパークリングワインを含むドリンクのフリーフローをゆったりとお楽しみいただける新提案です。都内どこへでもアクセスのよい新宿で、お得に楽しむプチ贅沢ステイケーションはいかがでしょうか。

エグゼクティブラウンジエグゼクティブラウンジ

ホテルの最上階に位置するエグゼクティブラウンジは、「ホテルの中のもう一つのホテル」、エグゼクティブ・カテゴリーのお部屋を選ばれた方のみアクセスできるプライベートラウンジです。眩いばかりの高層ビル群の夜景を独り占めできる空間は2019年に改装を完了。洗練されたインテリアで統一され、レストランとは一線を画するプライベート感をお楽しみいただけます。

エグゼクティブラウンジエグゼクティブラウンジ

そんなラウンジでお楽しみいただけるのが、鳥籠のフォルムが美しいデザートスタンドでご用意する「マーブルラウンジ」のスイーツの盛り合わせと、生ハムのサンドイッチなどのセイヴォリー、更にスパークリングワインや、赤・白ワイン、ビール、ソフトドリンクのフリーフロー。日没から徐々に明るさを増していく都会の夜景を眼下に、ひと時の癒しの時間をお過ごしいただけます。

 フィットネスセンター(プール) フィットネスセンター(プール)

客室は、ヒルトン、デラックス、プレミアム、スイートルームよりお好みをお選びいただけ、翌日のご朝食、プール、サウナ、ジムのご利用とwifi無料がセットになっております。買物や観光にもアクセス抜群の新宿で楽しむプチ贅沢ステイとしてはもちろん、日常の繁忙から逃れるステイケーションや大切な方と過ごす思い出に残るご滞在をお楽しみいただけます。

『摩天楼スイーツ』宿泊プラン 概要
期間:                       
10月1日(木)~
客室:                       
ヒルトン、デラックス、プレミアム、スイートルームよりお選びいただけます
プラン内容:              
・37階エグゼクティブラウンジで楽しむスイーツ&セイヴォリー(17時~19時)
・翌日のご朝食 ホテル1階「マーブルラウンジ」またはルームサービス
・プール、サウナ、ジムの利用無料
・wifi利用無料
料金:                        
お1人様 ¥25,000~(1泊1室2名様ご宿泊時)
ご予約:                    
ウェブサイト https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/rooms/7061

【ヒルトン・クリーンステイ対策】
ヒルトングループでは、お客様に安心、安全な滞在をご提供するための新しい取り組み「ヒルトン・クリーンステイ」を導入しました。安心してホテルでのご滞在をお楽しみください。ヒルトンの新たな衛生基準となる「ヒルトン・クリーンステイ」の詳細はこちらをご覧ください。https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/

ヒルトン東京について
ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963年6月20日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。1984年9月1日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。8階より38階までが客室となり、スイートを含む全830室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジZATTAを擁するダイニングフロアTSUNOHAZU、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む6つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐600名、立食900名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計21室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細はhiltontokyo.jp をご覧ください。

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界118の国と地域に6,200軒以上(983,000室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年の歴史で30億人以上のお客様をお迎えしました。「2019年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2019年世界的業界リーダーにも選出されました。2020年には、新たな衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ」を策定し、全世界のホテルで導入しました。また、現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトンの4ブランド・17軒のホテルを展開)。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億800万人を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、客室を自分で選択できるデジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルでデジタル・キーのご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります)、コネクテッドルーム(日本では未導入)を会員登録直後からご利用いただけます。

最新の情報はこちらをご覧ください。
http://newsroom.hilton.com, https://www.facebook.com/hiltonnewsroom, https://twitter.com/hiltonnewsroom,https://www.linkedin.com/company/hilton, https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒルトン東京 >
  3. 【ヒルトン東京】『摩天楼スイーツ』宿泊プラン