「No.1(検証)調査」「世界初(検証)調査」請負業務 の強化について(ESP総研 https://no1-kensho-chosa.com/ お問い合わせinfo@espers.co.jp )

https://no1-kensho-chosa.com/

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、“「No.1(検証)調査」「世界初(検証)調査」請負業務(シェア・販売実績・売上など)” https://no1-kensho-chosa.com/を強化していくこととした。
【ポイント】
★「No.1(検証)調査」「世界初(検証)調査」「日本初(検証)調査」のことならお任せ下さい!
★プロのコンシェルジュが徹底した事前相談に対応!
★丁寧な調査・ヒアリングだけでなく、フォローやサポートもエンドレスで行うので安心です。

◆相談無料
◆万全のアフターサポート
◆全業種対応

【ビジョン】ESP総研では以下を徹底して心掛けております!
◆「No.1(検証)調査」「世界初(検証)調査」「日本初(検証)調査」は安心してお任せください!
◆プロのコンシェルジュが無料相談!
◆徹底した事前相談対応(無料)!
◆丁寧な調査・ヒアリング!
◆記録技術(会話速記)/テープ起こし(レポート内容充実)へのこだわり!
◆レポート品質UPに対する強い意識!
◆フォロー・サポートはエンドレスに!
◆ご依頼頂いた内容の守秘義務は徹底致します!

【姿勢】ESP総研では以下を徹底して心掛けております!
◆誠心誠意尽くします!
◆真摯かつ謙虚に対応します!
◆1人1人のお客様を大切にします!
◆丁寧かつ分かりやすく説明します!
◆常にお客様の期待値を超えるように努力します!
◆高い顧客満足度を目指して徹底したリサーチ&レポートを心がけます!

【サブタイトル】
1)1999年8月以来、累計1,000件以上の実績

2)年間平均100件/年の実績

3)対象業界(インタビュー/ヒアリング)は全方位対応

4)案件 種別シェア(累計数量ベース)
(1)「シェアNo.1」検証調査:30%
(2)「売上No.1」検証調査:20%
(3)「(販売)実績No.1」検証調査:20%
(4)「顧客満足度No.1」検証調査:2.5%
(5)「認知度No.1」検証調査:2.5%
(6)「世界初」検証調査:20%
(7)「アジア初」検証調査:2.5%
(8)「日本初」検証調査:2.5%

5)30か国以上対応(グローバル対応)

6)実績エリア(海外)
(1)北米:35%
(2)欧州:30%
(3)アジア:25%
(4)その他:南米、中東、アフリカなど 10%

7)主たる実績 国
(1)米国:30%
(2)ドイツ:10%
(3)フランス:7%
(4)イギリス:7%
(5)中国:8%
(6)韓国:7%
(7)台湾:5%
(8)その他:26%

8)業種・業界シェア *売上金額ベース:直近3か年
(1)IT(セキュリティ含む):33.1%
(2)コンシューマエレクトロニクス、家電など:23.1%
(3)美容・健康:18.5%
(4)食品・飲料:15.4%
(5)人材:7.7%
(6)その他:2.3%

【対象】
(「No.1(検証)調査」「世界初(検証)調査」「日本初(検証)調査」を外部に委託しようと検討されている)
・企業または団体
・コンサルティングファーム
・シンクタンク など

【調査方法】
<No.1(検証)調査>
1)経験豊富な専門リサーチャーによる、ZOOMまたはオンライン・ツール×深堀インタビュー/ヒアリング
2)経験豊富な専門リサーチャーによる、電話×深堀インタビュー/ヒアリング
3)経験豊富な専門リサーチャーによる、訪問×深堀インタビュー/ヒアリング(緊急事態宣言時期や新型コロナの影響時期はNG)
4)経験豊富な専門リサーチャーによる、ムービーカメラ×深堀インタビュー/ヒアリング(緊急事態宣言時期や新型コロナの影響時期はNG)

<世界初(検証)調査、日本初(検証)調査>
(1)機能・形態情報、資料(訴求ポイント=実用新案も)
(2)世界初・日本初であろう、といったポイントのキーワード、記述→調査&検証項目
(3)調査・検証 対象 地域→世界:日本ならびに海外について、統一的な手法を用いて「模倣品調査」「類似競合調査」を実施する。
(4)手法;内外の技術データベース(有料系も含め;学術系、技術系、知財系、事業系の)
<調査ツール>
*活用する、知財データベース;【各国特許庁、及びWIPO系のデータベースも】
<1>欧州特許情報;Espacement:90か国、地域
<2>米国特許情報&カナダ特許情報&日本(2000年以降)
<3>関連コンテンツ情報(アジア&アフリカ系)
<4>関連情報データベース(学術研究論文情報、技術開発情報)
<5>IPDL(日本特許庁提供):日本(1999年以前);
*調査手順、方法等として;
1)世界の発明・考案【=特許・実用新案】を中心に、学術論文情報&経済情報も加味して、予備調査(事前調査;広範囲調査)を開始し、本調査(本格調査;本質的特徴を明確にする調査)に入る。
2)海外模倣品調査、海外類似競合調査は以下の2種類の調査を実施する。
・現時点では世界の国数は合計195か国。そのうち特許DB登録があるのは世界95か国であり、そのDB(特許、考案)を網羅的に全部チェックし、USPTO、WIPO等も含め、模倣品調査、類似競合調査を実施する。
・万一、模倣品あるいは類似競合品が存在した場合、今度は、その企業等の動向、国の背景、大使館人脈、産学連携人脈情報、世界経済情報&世界知財情報ネットワーク関連情報網を介して、Web調査を実施し、どの点が模倣品なのか?類似競合品なのか?レポートする。
3)予備調査で、ズバリが出た場合、または、その他の理由で、本調査を完了前に、調査中断の、判断がされた場合も考慮し、その場合は、入手情報で報告書を作成する。

【調査期間(例)】
<No.1(検証)調査>
・調査対象が5社の場合には、1か月など
・調査対象が10社の場合には、2か月など

<世界初(検証)調査、日本初(検証)調査>
・世界初(検証)調査:2か月
・日本初(検証)調査:1か月

【「No.1(検証)調査」「世界初(検証)調査」「日本初(検証)調査」 目的例】
1)TVCM内で(第三者機関調べ→ESP総研 調べ)「No.1」表記を行いたい
2)TVCM内で(第三者機関調べ→ESP総研 調べ)「No.1」表記を行ったところ、売上が2倍になった。今後も調査を継続したい。
3)お客様向けプレゼン資料内のPR用で(第三者機関調べ→ESP総研調べ)「No.1」表記を行いたい
4)対外的なWeb×PR用で(第三者機関調べ→ESP総研調べ)「No.1」表記を行いたい
5)「No.1」検証調査を行い、結果が1位だった場合には、自社のホームぺージ上でPR「No.1」表記したい
6)「No.1」検証調査を行い、結果が1位だった場合には、ニュースリリース上でPR「No.1」表記したい
7)「No.1」検証調査を行い、結果が1位だった場合には、カタログ・チラシ上でPR「No.1」表記したい
8)「No.1」検証調査を行い、結果が1位だった場合には、今後展開していくプロモーション全般で活用・PRしたい
9)今まで「自社調べ」で表記してきた。それではインパクトが弱いため、「ESP総研調べ」のクレジット表記を行いたい
10)PR動画上で「No.1」表記を行いたい。また、動画上で「ESP総研調べ」のクレジット表記を行いたい
11)イベント内でのPR用で(第三者機関調べ→ESP総研調べ)「世界初」表記を行いたい
12)製品に「世界初」の表記を行いたい
13)対外的に「世界初」と表記したいが、その調査手法が分からない
14)「世界初」と言及できればそれに越したことはないが、どこにお願いしたら良いのか知らなかった

【実績】
*お客様と守秘義務契約を結んでいるため、弊社からは公開できませんが、
◆No.1×ESP総研
◆世界初×ESP総研
◆日本初×ESP総研 などと検索頂ければ、代表的な実績例を抽出できます。

【対応組織(営業・消化)】
1)企画・営業・管理(責任者):ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研 国内調査チーム、海外調査チーム
(1)「No.1(検証)調査」(シェア・販売実績・売上など)は、当該キャリア25年以上のキャリアを持つベテラン・リサーチャを中心に徹底調査
(2)「世界初(検証)調査」「日本初(検証)調査」は、40年以上のキャリアを持つベテラン・知財経営コンサルタントを中心に徹底調査

【納品物種類・ページ数(報告書)】
<No.1(検証)調査>
1)会話記録<テープ起こし&全文復元>(Word)*企業別
2)先方から取集した参考資料(PDFなど)
3)分析レポート または 集計レポート(PPT)
4)報告書枚数: 上記1)~3)で数十枚以上

<世界初(検証)調査、日本初(検証)調査>
1)PPT報告書(調査の結論)数十枚
2)裏付け資料(類似競合調査の検索結果など)数十枚以上

【概算費用(指標)】
1)指標:調査対象国×調査対象企業数×(調査)項目数×難易度×OUTPUTレベル
2)分析レポート または 集計レポートに求める難易度、ボリュームによる
*個別見積

【担当部署】
株式会社 ESP総研 「No.1(検証)調査」「世界初(検証)調査」「日本初(検証)調査」担当部門
TEL:03-5762-8136
FAX:03-5762-8036

【ご依頼方法】
必要事項をE-mail(info@espers.co.jp)にお送りください

【会社概要】
会社名   :株式会社 ESP総研  http://www.espers.co.jp
所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F
設立   :1999年8月19日
代表者   :代表取締役 村岡 正悦
事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ESP総研 >
  3. 「No.1(検証)調査」「世界初(検証)調査」請負業務 の強化について(ESP総研 https://no1-kensho-chosa.com/ お問い合わせinfo@espers.co.jp )