朝礼20分の過ごし方が30人・50人の壁 突破の明暗を分ける!成長企業が朝礼で言葉の統一を怠らない理由とは?|株式会社Legaseed

株式会社Legaseed(本社(本社:東京都港区、代表取締役社長:近藤悦康、https://www.legaseed.co.jp/、以下Legaseed)は、平均年齢26歳の組織ながら7年連続 黒字経営を続ける企業が実施する「朝会」の見学を開始いたします。
 


新型コロナウイルスの感染拡大、IT・AIの進化による産業構造の変化によって、働く人の価値観は更に多様化しています。これまでの中小企業では、対面でのコミュニケーションによって指示や方針を的確に伝え、社員に浸透させているケースが多くありました。しかし、リモートワークも普及した現代では、激変する社会に合わせた方針をしっかりと伝達し、社員ひとりひとりに浸透させる「仕組み」が求められています。

Legaseedでは、創業以来 新卒採用を中心とした組織づくりを行っており、従業員数が100名を超える現在も平均年齢が26.6歳と若い組織です。しかしながら、従業員エンゲージメントを図るサーベイ診断スコアは全国の上位5%※を出すなど、従業員一人ひとりの「やる気」と「能力」を引き出す経営を実現しています。
(※組織診断ツール「ラフ―ルサーベイ」の診断結果)

当企画では、Legaseedが現場社員に理念やビジョンを浸透させ、自主的に社員が動き出すために毎日20分実施している「朝会」の様子を中小企業の皆さまに公開させていただきます。
トップダウン経営から脱却し、社員主導の組織づくりをしたい経営者様や、スピーディーに組織をスケールアップさせていきたい経営者様は是非ご参加ください。また、報道関係者の方の取材もお受けしております。
 
  • 朝会の役割
Legaseedが実施する朝会には4つの役割があります。
 1:理念、フィロソフィー(行動指針)の浸透をさせる
 2:フィロソフィーを体現した行動への賞賛を通して、フィロソフィーの浸透を図る
 3:会社の目標数値に対する現在値を確認する
 4:言葉の認識を揃える

 
  • 言葉の定義
Legaseedでは自社で働く上で必要になる言語を定義した「レガ語辞典」というものを制作しています。社員数が増え、人それぞれの解釈で物事を捉え始めると、同じ言葉でも定義が変わり、結果が変わってしまいます。

 


言葉の意味を擦り合わせておくことは、社内のストレスを軽減させることにも繋がります。
また、”Legaseedとしてこう考える”という認識を持つことによって、後輩を育成するための武器にもなります。

このようにしてLegaseedでは、300を超える言葉を毎日全社員にて読み合わせをし、会社としての共通認識を図ることで、社員30名、50名の壁を突破してきました。
 
  • 朝会見学・取材要項

・日時
 毎週月曜~金曜 8:30~9:00

・場所
 株式会社Legaseed 本社 (東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー24F)

・内容
 プログラム ※タイムラインは変更になる可能性がございます
  08:30 受付、概要説明
  08:40 理念や指針が浸透する「朝会」のご見学
  09:00 社員へのインタビュー(マネジメント社員・新入社員)
  09:30 オフィス見学

▼お申込み方法
marketing@legaseed.co.jp   宛まで「朝会参加希望」の旨をご連絡ください。

 
  • 会社概要
名称:株式会社Legaseed
所在地:東京都港区
代表者:近藤 悦康
事業内容:コンサルティング事業、アウトソーシング事業、コネクティング事業、プロダクト事業、メディア事業
資本金:20,000,000円
設立年月日:2013年11月11日
https://www.legaseed.co.jp/

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Legaseed >
  3. 朝礼20分の過ごし方が30人・50人の壁 突破の明暗を分ける!成長企業が朝礼で言葉の統一を怠らない理由とは?|株式会社Legaseed