住友ベークライト、主力事業の海外4拠点のサプライチェーン最適化に向けてオラクルのERPクラウドを導入

経営資源の可視化による迅速な意思決定、最適なオペレーションの実行と内部統制強化を目的に、海外4拠点における販売、生産、調達、在庫、会計業務を「Oracle Fusion Cloud ERP」で刷新

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日、高機能プラスチック製造等を中心にグローバル規模で事業展開する住友ベークライト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤原 一彦)が、海外4拠点*におけるサプライチェーンから会計までの経営情報の一元化と業務標準化に加え、内部統制を強化する目的で、オラクルのクラウドERPである「Oracle Fusion Cloud ERP」の導入を開始し、この度、マカオ拠点で稼働したことを発表します。

住友ベークライト、主力事業の海外4拠点のサプライチェーン最適化に向けてオラクルのERPクラウドを導入
経営資源の可視化による迅速な意思決定、最適なオペレーションの実行と内部統制強化を目的に、海外4拠点における販売、生産、調達、在庫、会計業務を「Oracle Fusion Cloud ERP」で刷新

2020年10月14日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日、高機能プラスチック製造等を中心にグローバル規模で事業展開する住友ベークライト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤原 一彦)が、海外4拠点*におけるサプライチェーンから会計までの経営情報の一元化と業務標準化に加え、内部統制を強化する目的で、オラクルのクラウドERPである「Oracle Fusion Cloud ERP」の導入を開始し、この度、マカオ拠点で稼働したことを発表します。
*海外4拠点(マカオ、マレーシア、インドネシア、シンガポール)

住友ベークライトは、日本で初めてプラスチック製造を行った会社を起源に、主力事業である高機能プラスチックや半導体関連材料等の製造をグローバルで展開しています。従来、海外4拠点それぞれでERPを導入し、カスタマイズして使用していたため、業務プロセスが共通化されておらず、事業経営全体の運営において情報収集も十分ではありませんでした。そこで、経営情報の一元化と業務標準化を目指し、海外製造販売子会社全体に最適なシステムを模索していました。

今回、新しい経営基盤として、住友ベークライトは海外4拠点に「Oracle Fusion Cloud ERP」をサプライチェーンから会計まで導入し、各拠点の見える化、業務プロセスの標準化による効率化、内部統制の強化を実現します。具体的には、海外拠点のさまざまな活動の最適化と見える化を行うため、品目や顧客情報のマスター・データを一元化し、業務プロセスとレポート等の標準テンプレートを作成したうえで、単一のERP上に複数の工場のオペレーションを実装しました。これにより、原料から製品に至るロット情報を、より厳密・迅速に管理・追跡できるようになりました。また、会計情報に紐付いたリアルタイムな現場の情報を入手できるようになったことで、販売・生産戦略など、迅速かつ全体最適な視点で意思決定を行えるようになりました。今後は将来の事業拡大を見据えた経営基盤として短期間での横展開を行う予定です。

「Oracle Fusion Cloud ERP」を採用したポイントは次のとおりです:
・従来、拠点毎に導入していたERPを、「Oracle Fusion Cloud ERP」に統合することで、マスター・データと業務データとを統合でき、業務間プロセスの自動化や厳密なロット管理が行えるようになり、経営情報の見える化を実現
・クラウド上の自動的な機能追加により、常に最先端のテクノロジーが反映され、組み込み型BIなど各拠点の分析・レポート業務の効率化に活用
・次世代クラウドである「Oracle Cloud Infrastructure」上で稼働する「Oracle Fusion Cloud ERP」により、今後、順次導入する海外拠点における運用保守コストの低減を実現

今回、日本オラクルのコンサルティング部門が、「Oracle Fusion Cloud ERP」の最適化された業務プロセスを基に提案から業務標準化の実施と標準テンプレートの作成を行い、株式会社中本・アンド・アソシエイツが現地導入支援を行いました。

本発表に向けたお客様からのコメント:

「住友ベークライトは、プラスチックのパイオニアとして、幅広い用途で活用されるプラスチックの開発・製造を行っています。グローバル規模で事業展開をしており、海外での事業拡大に伴うコーポレート・ガバナンスのさらなる強化などが課題になっていました。海外4拠点のサプライチェーンから会計までの業務プロセスを標準化し、『Oracle Fusion Cloud ERP』で統合することで、内部統制の強化や運用工数の軽減も実現します。将来の事業拡大に向けても『Oracle Fusion Cloud ERP』を最大限活用し、経営管理を強化していきます。」

住友ベークライト株式会社 情報システム部 担当部長 伊達木 大輔 氏
担当部長 渡邊 丈紘 氏

参考リンク
・住友ベークライト株式会社
http://www.sumibe.co.jp/

・株式会社中本・アンド・アソシエイツ
https://www.na21.co.jp/

・Oracle Fusion Cloud ERP
https://www.oracle.com/jp/applications/erp/

日本オラクルについて
人々が、新たな方法でデータを捉え、知見を導き出し、無限の可能性を得ることをミッションにしています。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 斉藤
Tel: 03-6834-4837/ Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルームhttps://www.oracle.com/jp/corporate/press/index.html

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
  1. プレスリリース >
  2. 日本オラクル株式会社 >
  3. 住友ベークライト、主力事業の海外4拠点のサプライチェーン最適化に向けてオラクルのERPクラウドを導入