Raspberry Pi財団が2021年10月19日に新製品「Raspberry Pi Build HAT」を発表、スイッチサイエンスウェブショップでも取り扱いを検討

Raspberry Pi財団は、2021年10月19日にLEGO® Educationとのコラボレーションによる新商品「Raspberry Pi Build HAT」を発表しました。

「Raspberry Pi Build HAT」は、Raspberry PiでLEGO® Technicモーターやセンサーを制御する拡張基板です。Raspberry Pi のコンピューティング環境とLEGO® Educationのハンズオン学習のコラボレーションにより、先生とメイカーの楽しくて創造的な学びの体験を可能にします。

株式会社スイッチサイエンス(本社:東京都新宿区、代表取締役:金本茂)でも、取り扱いを検討中です。

▶︎ 「Raspberry Pi Build HAT」の特徴

  • 「Raspberry Pi Build HAT」は、Raspberry Pi 4やPi Zeroから、LEGO® Technic モーターとセンサーが4つまで制御できます。
  • LEGO® Education SPIKEプライムセットおよびSPIKE プライム拡張セットに含まれるアンギュラーモーター、距離センサー、カラーセンサー、フォースセンサー等が利用できます。
  • LEGO® Technicデバイスを制御するための使いやすいPythonライブラリが用意されています。
  • Raspberry Pi 4およびRaspberry Pi Zeroを含むすべての40ピンGPIO Raspberry Pi ボードで動作します。
  • 「Raspberry Pi Build HAT」は、Raspberry Pi Picoに続く2つ目のRP2040(Raspberry Pi財団による、最初のインハウスデザインマイコン)搭載製品です。


<注意事項>

  • モーターを使う場合には追加の電源が必要です。電源入力仕様は2.1mmバレルジャック、センタープラス、DC 8 V(±10%)です。
  •  リボンケーブルまたはその他の延長デバイスを追加すると、Raspberry Pi 400でも使用できます。(本製品からPi 400への電源供給は不可)


▶︎ 販売情報
スイッチサイエンスのウェブショップ( https://www.switch-science.com/ ) にて販売予定です。


型番 RPI-SC0622
商品名 Raspberry Pi Build HAT
価格(消費税込み) 3,718円

購入ページ https://ssci.to/RPi_Build_HAT




▶︎ Raspberry Pi財団について

Raspberry Pi財団は、2009年に設立された英国を拠点とする慈善団体で、世界中の人々にコンピューティングとデジタル・メイキングの力を提供するための活動を行っています。

    RASPBERRY PI FOUNDATION
    UK REGISTERED CHARITY 1129409
    https://www.raspberrypi.org/

▶︎ 他社の商標または登録商標

  • LEGO(レゴ)はレゴグループの登録商標です。
  • 記載されている製品名などは各社の商標または登録商標です。

▶︎ スイッチサイエンスについて

スイッチサイエンスは、テクノロジーをより多くの人々が道具として当たり前に使える世界を目指して活動しています。具体的には、電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売する事業を行っています。2021年4月には、親会社株式会社144Labから、STEM教材事業、IoT開発協力事業を取得し、事業分野を広げました。

株式会社スイッチサイエンス 
企業情報:https://info.switch-science.com/
Twitter:https://twitter.com/ssci
Facebook:https://www.facebook.com/SwitchScience

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スイッチサイエンス >
  3. Raspberry Pi財団が2021年10月19日に新製品「Raspberry Pi Build HAT」を発表、スイッチサイエンスウェブショップでも取り扱いを検討