BOX型1U光多ポートスイッチングハブの販売を2019年6月末より開始

-ApresiaNPシリーズに企業LAN・データセンター向けラインアップを拡充-

 APRESIA Systems株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 藤本 司郎、以下、APRESIA Systems)は、企業LAN向けイーサネットスイッチApresiaNPシリーズの新製品として、ApresiaNP7000シリーズに1G光多ポート利用に適した新製品を日本国内にて2019年6月末より販売開始いたします。

 新製品ApresiaNP7000-24G24X6Lは、BOX型で19インチラックの高さ1Uでスタック可能な光多ポートのインターフェースを備えたL3スイッチです。すでに販売を開始しているApresiaNP7000シリーズの企業ネットワーク向けスタック機能、ループ障害検知機能、ネットワーク認証機能、リング冗長機能(MMRP-Plus/G.8032)、SDカードブート機能などAPRESIAの特徴機能をサポートしております。

 これからもAPRESIA SystemsではAPRESIAシリーズのラインアップを拡充し、お客様の様々なニーズに応えてまいります。

製品写真

                  ApresiaNP7000-24G24X6L

主な仕様

オプション

(仕様は本件掲載時点のものであり、予告なく変更になる場合があります。)

* APRESIA、MMRPは、APRESIA Systems株式会社の登録商標です。
* イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
* 掲載されている製品は、改良などのため予告なしに内容を変更することがあります。

APRESIA Systems 株式会社について
 APRESIA Systems株式会社は、国内に本社を持つ、L2/L3スイッチ「APRESIAシリーズ」を中心とした情報ネットワーク機器を製造・販売するメーカーです。長年培った技術に磨きをかけ、高度化する通信技術に対応しつつ、情報システムという社会に必要不可欠なインフラへ更なる付加価値を提供することで、お客様の発展を支えてまいります。

URL:https://www.apresiasystems.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. APRESIA Systems株式会社 >
  3. BOX型1U光多ポートスイッチングハブの販売を2019年6月末より開始