はてな、「はてなブログ」のユーザー支援でKADOKAWAと連携。ブログ書籍化などユーザーの活躍機会を増やす

株式会社はてな(代表取締役社長:栗栖義臣/本社所在地:京都市中京区)は、当社が提供するブログサービス「はてなブログ」において、株式会社KADOKAWA(代表取締役社長:松原眞樹/本社所在地:東京都千代田区、以下「KADOKAWA」)ビジネス・生活文化局とブログの書き手支援を目的としたパートナーシップを締結し、書籍化を中心としたプロジェクトに共同で取り組みます。

当社では、“「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、人の生活を豊かにする”をコーポレートミッションに、法人を含むユーザーがコンテンツを発信し、流通させるUGC(User Generated Content)サービスを提供しています。(はてなサービス一覧:https://hatenacorp.jp/information/product

個人向けのブログサービスでは、2003年より「はてなダイアリー」の提供を開始し、後継サービスである「はてなブログ」を2011年より提供しています。創業当初より15年以上の間、ブログサービスを通じたユーザーの情報発信を支えてまいりました。

「はてなブログ」は、ユーザーの「書きたい」気持ちに応えるブログサービスとして機能開発を続けるとともに、検索流入に寄与する要件への対応や機能改善、良質なコンテンツの集まるソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」との連携など、ユーザーの書いたコンテンツが読まれるための施策にも取り組んでまいりました。

この度のKADOKAWAビジネス・生活文化局とのパートナーシップは、当社がこれまで取り組んできたブログの書き手支援を推進するものです。はてなブログには、経済、料理、旅行、アイドル、映画、ゲームなど、趣味性・専門性が高いブログが揃い、テレビや雑誌・新聞とはひと味違う視点で書かれた良質な文章の書き手が多く存在します。当社では、それらの書き手に活躍の場を提供したり、新たな書き手を発掘することを目的に、KADOKAWAとの書籍化に向けた情報共有やプロモーション協力のためのパートナーシップを締結しました。この取り組みにより、はてなブログのユーザーが新たな読者と出会う機会を提供したいと考えています。

当社とKADOKAWAビジネス・生活文化局とのパートナーシップにより、はてなブログ「Everything you've ever Dreamed」のフミコフミオ氏(はてなID:Delete_All/ブログURL:http://delete-all.hatenablog.com/)による書籍が9月に、「たぱぞうの米国株投資」のたぱぞう氏(はてなID:tapazou/ブログURL:https://www.americakabu.com/)による書籍が10月にKADOKAWAより刊行予定(※)です。

当社では引き続き、インターネットにおいて良いコンテンツが正当に評価され、より多くのクリエイターによる優良なコンテンツで溢れる状態となることを目指し、サービスの開発と運営に取り組んでまいります。

※ 刊行予定
2019年9月27日刊行「ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。」著者:フミコフミオ(https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321903000274/)2019年10月刊行予定「お金が増える 米国株超楽ちん投資術」著者:たぱぞう

■ 株式会社はてな 概要
https://hatenacorp.jp/
本社:京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル9F
東京オフィス:東京都港区南青山6-5-55 青山サンライトビル3F
代表取締役社長:栗栖義臣
設立:2001年7月
事業内容:
登録ユーザー数:約786万人・月間ユニークブラウザ数:約2.38億(※2019年1月実績)のコンテンツプラットフォームサービスを運営。代表的なサービスは国内最大級のソーシャルブックマークサービス『はてなブックマーク』や最新鋭のブログサービス『はてなブログ』など。
コンテンツプラットフォームサービスで培われた技術力やユーザーパワーを活かした様々なソリューション&サービスも提供中。オウンドメディア専用CMS『はてなブログMedia』、新世代のSaaS型サーバー監視サービス『Mackerel』ほか。また、おもにコンテンツプラットフォームなどのWebサービスおよびアプリの共同開発事例も多数。

※記載されている会社名、製品名、サイト名は各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社はてな >
  3. はてな、「はてなブログ」のユーザー支援でKADOKAWAと連携。ブログ書籍化などユーザーの活躍機会を増やす