世界が認めた北野武の原点が明らかに!スターチャンネルにて『2ヵ月連続 映画監督・北野武の世界』 放送!

<Vol.1 北野武FILMS>に続き、北野監督がインスパイアされた5作品を、<Vol.2 北野武が愛した洋画たち>としてオンエア!   

 

撮影:Tstsurow Ohara撮影:Tstsurow Ohara

 スターチャンネル(株式会社スター・チャンネル:東京都港区・代表取締役社長:小坂恵一)は、『映画監督・ 北野武の世界』と銘打ち、日本を代表するクリエイターとして、日本のトップコメディアンとしての活躍にとどまらず、 映画監督としても斬新な表現に挑み続け、海外でも高く評価されている北野監督の美学が凝縮された8作品を、 <Vol.1 北野武FILMS>として2月にオンエアし、好評を得ました。 
 続いて3月には<Vol.2 北野武が愛した洋画たち>として、北野監督がインスパイアされた洋画5作品をオンエア。 北野監督自らが選んだ、 エイゼンシュテインからタランティーノまで、北野武に影響を与えた名作を一挙放送いたし ます。 
 さらに、スターチャンネルによる北野監督の独占インタビュー「北野武監督 スペシャルインタビュー」を合わせてオ ンエア。インタビューのなかで北野監督自らが、なぜその作品を選んだのか、その理由も語られております。北野監 督が“愛した洋画たち”5作品と合わせてインタビューを観ることで、北野武の原点を明らかにするとともに、新たな視 点から作品を楽しむことが出来る、必見の内容です。 

■『裏窓(1954)』 「サスペンスを撮れたらお笑いも撮れる。どっちも落差をつけることが大事だから。 その点ヒッチコックは上手い!古典落語としてストーリーだけ聞いても十分面白い と思うよ」 
■『ジャンゴ 繋がれざる者』 「『アウトレイジ』(‘10)では今までの作品よりもセリフを増やし、口喧嘩を全面的に 出した。“言葉の闘い”のような激しいやり取りは、タランティーノに感化されたんだ」 
■『2001年宇宙の旅』 「『2001年宇宙の旅』(‘68)に登場するHALは現在のAIの走りで、その進化やAIが 暴走する恐怖まで予見していたね。キューブリックには先見の明があったなと感心 するよ」                            ~スペシャルインタビューより1部抜粋~ 

■2カ月連続企画 『映画監督・北野武の世界』     <Vol.2 北野武が愛した洋画たち> (5作品)   放送作品:『サイコ(1960)』/『戦艦ポチョムキン』/『2001年宇宙の旅』/『裏窓(1954)』/『ジャンゴ 繋がれざる者』     【STAR2 セレクト】     3月5日(日)午前9:45~ 一挙放送 / 3月9日(木)&10日(金)よる9:00~2夜連続放送   ■特別番組『北野武監督 スペシャルインタビュー』  【STAR2 セレクト】 3月5日(日)午前9:25~ / 3月9日(木)よる8:40~ 

<公式サイトURL>  http://www.star-ch.jp/kitano/?refid=feature20170206 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スター・チャンネル >
  3. 世界が認めた北野武の原点が明らかに!スターチャンネルにて『2ヵ月連続 映画監督・北野武の世界』 放送!