映画レビューサイト「coco」、Twitter×動画施策でインプレッションが2.2倍に

クリック数は1.7倍、平均クリック数も向上

動画生成スマートエンジン「RICHKA (リチカ)」を運営するカクテルメイク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:松尾 幸治 以下、当社)は、株式会社イード(運営: 本社:東京都新宿区 代表:宮川 洋)が運営する映画レビューサイト「coco」のTwitterにおける共同研究を実施し、動画施策が新規ユーザーの流入増加に貢献したことを発表いたします。
総インプレッション2.2倍、総クリック数も1.7倍に

Twitter運用の結果、先々月比で総インプレッションが2.2倍、総クリック数が1.7倍に成長。動画×Twitterでソーシャルメディア活性化の実現が可能と言えます。また、平均クリック数も改善(※1)され、Twitterでの動画活用がメディアへの流入の増加に有効と分析することができます。

※1:一部のバズコンテンツを取り除いた10,000imp以下の投稿で分析


情報量の多い動画は、エンゲージメント改善に効果的


人気映画のランキングなど、リッチな情報を伝える投稿は動画との相性が良い傾向がみられました。また、ランキング形式や映画紹介、レビュー紹介など、切り口を変えることで既存のコンテンツの再活用も効果的でした。1分でwebページ3600枚分の情報量を伝えることができる動画は、TwitterなどSNS上でのユーザーのエンゲージメント獲得に有効と言えます。


実際の動画サンプル
実際に効果の高かった動画のサンプルを3つご紹介いたします。

①ランキング形式


②映画紹介



③レビュー紹介

 

 

 




継続的にエンゲージメントを獲得するには、複数のクリエイティブが必要か
ユーザーに人気の動画コンテンツが発見された一方で、同じクリエイティブを一定期間を空けて、再利用した場合にエンゲージメントの獲得が鈍化する傾向も確認できました。ユーザーによるコンテンツの消費が早くなっている背景もあり、これからのSNS投稿でのエンゲージメント獲得においては、常に鮮度の高い複数のクリエイティブが必要になる、ということが分析できます。

今後は、他SNS、記事コンテンツなどでも施策を継続し、引き続きメディアと動画活用の最適解を研究してまいります。




cocoについて
cocoは男女比5:5、20〜40代の映画ファンが集まるコミュニティサイトです。Twitterと連動したレビュー投稿が可能。毎月、劇場で新作映画を鑑賞するようなプレミアムユーザーが多数いらっしゃいます。


「RICHKA Media」について

国内導入企業数No.1*の動画生成スマートエンジン「RICHKA(リチカ)」を活用したメディアの動画活用支援サービスです。ツールの提供だけでなく、運用や分析、コンサルティングまでメディアのKPI、ブランドイメージから逆算したサービス提供を実現しています。WWD JAPAN、マイナビニュース、日経ビジネス等でもご活用いただいており、導入その日から貴社メディアのリッチコンテンツ化が可能です。

※企業向け動画生成ツールにおける導入社数

[ウェブサイト]
https://richka.co/media/

<カクテルメイクについて>
「Switch to The Rich.」
会社名:カクテルメイク株式会社
代表取締役:松尾幸治(まつお ゆきはる)
本社:東京都渋谷区代々木1-6-12 MFビル3F
設立日:2014年10月14日
資本金:2億6,830万円(資本準備金含む)
事業内容:動画生成ツール「RICHKA」の企画・開発・運営/Youtube・VTuberの動画コンテンツ制作・運営・コンサルティング/動画を活用したWebマーケティングの総合支援
webサイト:https://cocktail-make.com/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カクテルメイク株式会社 >
  3. 映画レビューサイト「coco」、Twitter×動画施策でインプレッションが2.2倍に