Synamon、三井住友海上と「VR自然災害損害調査研修」を共同開発

第一弾として、地震被害を受けた家屋の損害調査ができるバーチャル空間を構築

「XRが当たり前の世界をつくる」をミッションに、VR・ARを含むXR市場の創造に取り組む株式会社Synamon (読み:シナモン、本社:東京都品川区、代表取締役:武樋 恒、以下 Synamon)は、MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:舩曵 真一郎、以下 三井住友海上)と「VR自然災害損害調査研修」を共同開発しました。第一弾として、地震被害を受けた家屋の損害調査ができるバーチャル空間を構築することで、大規模な災害に備えた損害調査研修にいつでもどこからでも参加可能です。

「VR自然災害損害調査研修」のバーチャル空間「VR自然災害損害調査研修」のバーチャル空間

 
  • ​「VR自然災害損害調査研修」共同開発の背景
地球温暖化による気候変動の影響もあり、近年、台風等の自然災害は頻発化・甚大化しています。2018年度、2019年度には、損保業界全体で1兆円を上回る規模の保険金支払額になったほか、今後発生が見込まれる首都直下地震や荒川氾濫等の大規模地震災害では、これまでにない多数の家屋の被害が想定され、損害調査体制のさらなる強化が喫緊の課題となっています。

三井住友海上では、地震保険や火災保険の風災・水災など自然災害に関わる損害調査を迅速・適切に行えるよう社員向けの研修を行っています。従来の研修は「座学研修」が主で、研修効果が高い「実地研修」については、被災建物モデルの確保と維持が困難であるということと研修受講人数に限りがあるという二つの大きな課題がありました。

そこで、自然災害で被災した家屋の損害調査ができるバーチャル空間を構築することで上記の課題を解決できないかと考え、前回の「VR事故車損害調査研修」に続き、Synamon社が提供する「NEUTRANS」を活用し「VR自然災害損害調査研修」を共同開発しました。自然災害で被災した家屋の損害調査ができるバーチャル空間を構築することで、大規模な災害に備えた損害調査研修にいつでもどこからでも参加可能です。

 
  • 「VR自然災害損害調査研修(地震家屋)」の概要
地震で損害を受けた家屋(平屋)・洋室・和室の3Dモデルを配置したVR研修所にて損害調査研修を実施します。研修参加者は職場や自宅でVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を着用し、アバターとなって研修所に集合。「平屋の外壁や屋根の損害確認」や「和室・洋室の部位についての学習」、「部位や損傷箇所の計測・撮影」等を通して、実際の地震の立会調査の理解を深めます。

 
  • 期待できる効果
①座学研修以上の学習効果
損害のある家屋を間近で見ながらの損害確認や部位の学習、バーチャル空間上でのメジャーによる測量やカメラでの撮影等の操作を通して、従来の座学研修以上の学習効果が期待できます。

②予習・復習といった反復学習の実現
突発的に起こる地震災害の損害調査をバーチャル上で実現することで、全国どこからでもいつでも予習・復習が可能になります。

研修時の移動時間・コストを削減
研修場所をバーチャル上に設けることで、集合研修のように移動時間がかからず、交通費や宿泊費等も削減できます。

 
  • 「VR自然災害損害調査研修(地震家屋)」のバーチャル空間イメージ

平屋の外壁の損害を調査する様子平屋の外壁の損害を調査する様子

 

平屋の屋根の損害を確認する様子平屋の屋根の損害を確認する様子

 

和室の損害を調査する様子和室の損害を調査する様子

 

洋室の損害を調査する様子洋室の損害を調査する様子

 

 

座学の様子座学の様子

 
  • VR研修に関するスケジュール
2021年3月:「VR事故車損害調査研修」を共同開発
同年4月:「VR事故車損害調査研修」の開催
同年6月:「VR自然災害損害調査研修」を共同開発
同年7月:「VR事故車損害調査研修」の開催
同年7-8月:「VR自然災害損害調査研修」の開催

 
  • 参考情報
「VR事故車損害調査研修」のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000025330.html

 「VR事故車損害調査研修」のイメージ動画


 

  • 三井住友海上火災保険株式会社 会社概要
​商号       :三井住友海上火災保険株式会社(Mitsui Sumitomo Insurance Company, Limited)
代表者    :取締役社長 舩曵 真一郎
所在地    :東京都千代田区神田駿河台3-9
設立       :1918年10月21日
資本金    :1,395億9,552万円
従業員    :14,371名
URL       :https://www.ms-ins.com/

 
  • Synamonおよび「NEUTRANS(ニュートランス)」について
Synamonは「XRが当たり前の世界」を実現するため、VR/ARをはじめとするXR技術を使ったサービス開発や研究開発を行うテックカンパニーです。自社開発しているVRイノベーションタワー「NEUTRANS」は、VR技術の活用によって、バーチャル空間であらゆるビジネス活動を可能にするビジネス向けVRサービスです。世界中どこからでも働けるオフィス、リモートでもリアルのような体験を可能にするトレーニングや開発予定の未来都市を見学できるプロモーションなど、バーチャル空間を活用した次世代事業の創出拠点を目指します。

▼「NEUTRANS」PV▼


■株式会社Synamon 会社概要
商号  :株式会社Synamon(Synamon Inc.)
代表者 :代表取締役 武樋 恒
所在地 :東京都品川区西五反田7丁目22−17 TOCビル 9階1号室
設立  :2016年8月
事業内容:VR/AR/MRプロダクトの企画・開発、XR技術の研究開発
URL  :https://synamon.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Synamon >
  3. Synamon、三井住友海上と「VR自然災害損害調査研修」を共同開発