特別展「奈良 中宮寺の国宝」

中宮寺の国宝からガンダーラ、中国、朝鮮半島、日本の半跏思惟像が一堂に!

本展ポスター本展ポスター

九州国立博物館では、令和3年1月26日(火)から3月21日(日)まで
特別展「奈良 中宮寺の国宝」を開催します。


奈良・斑鳩の地に創建された中宮寺の1400年におよぶ歴史を、尼僧たちが代々守り伝えた貴重な寺宝から紹介します。また私たちを魅了し続ける本尊の国宝・菩薩半跏思惟像のルーツを、遠くガンダーラ、中国、朝鮮半島、そして我が国の飛鳥時代の作品からたどります。

長い時を経て、今なお見る人すべてを魅了する美しき中宮寺の本尊。九州では初めてのお目見えとなります。
この機会をお見逃しなく!


※本展は、感染症予防のため、来場の際はオンラインによる事前予約を推奨しています。※
詳細は特設チケットページ(https://chuguji.ticket.artne.jp/)をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社西日本新聞社 >
  3. 特別展「奈良 中宮寺の国宝」