≪海外での住宅分譲事業の参画戸数が30,000戸を突破≫ タイで第14号プロジェクト(マンション分譲事業)を開始

~海外において当社初の会員組織『SENA HANKYU HANSHIN OWNERS CLUB』を発足~

阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:若林常夫)は、タイの不動産デベロッパーであるセナ・デベロップメント(本社:バンコク、CEO:ティラワット パンニャラクパーク、以下「セナ社」)と共同で、同国におけるマンション分譲事業の第14号案件となる『(仮称)Bangna(バンナー) フェーズ2 プロジェクト』をスタートさせます。また、海外において当社初の入居者向け会員組織を発足させましたので、合わせてお知らせします。
1 『(仮称)Bangna(バンナー)フェーズ2プロジェクト』について

『(仮称)Bangna(バンナー) フェーズ2 プロジェクト』のイメージパース『(仮称)Bangna(バンナー) フェーズ2 プロジェクト』のイメージパース

『(仮称)Bangna(バンナー)フェーズ2プロジェクト』は、現在、隣接地で分譲中の『Niche Mono Mega Space Bangna(ニッチ モノ メガ スペース バンナー)(795戸)』の第二期プロジェクト(約740戸)で、バンコク中心部や工業団地が集積するエリア等に近く、住宅需要が十分に見込まれる立地にあります。
本プロジェクトにより、当社はタイでの分譲マンション事業の参画数が14プロジェクト(1万戸超)となり、また当社の海外分譲事業全体での参画数は28プロジェクト(3万戸超)となります。

2 入居者向け会員組織の発足について

ロゴマークロゴマーク

当社とセナ社では、お客さまの満足度の向上と両社で展開する分譲マンションの知名度の一層の向上に向け、両社が共同で提供する分譲マンションの入居者向けの会員組織『SENA HANKYU HANSHIN OWNERS CLUB』を発足させ、運用を開始しました。
webサイト URL:https://privilege.sena.co.th/senahhoc/

◆『(仮称)Bangna(バンナー)フェーズ2プロジェクト』の概要
【プロジェクト名称】(仮称)Bangna(バンナー)フェーズ2 プロジェクト
【用途】分譲マンション
【建設地】サムットプラカン県バーンプリー郡
【竣工予定】2023年12月(工事着手は2021年7月を予定)
【敷地面積】5,491平方メートル
【総戸数】約740戸
【総売上】約22.1億バーツ(約79.5億円(予定))※1バーツ=3.6円(以下同様)

◆位置図
<詳細図>
●は当社とセナ社とのプロジェクトを示す。

※(C) OpenStreetMap contributors(opendatacommons.org)(一部加工)
 

◆海外住宅分譲事業について
当社では、「阪急阪神ホールディングスグループ長期ビジョン2025」に掲げているスローガン「深める沿線 拡げるフィールド」のもと、アセアンにおいて不動産事業の規模拡大を目指しており、現在は、タイ・ベトナム・フィリピン・インドネシア・マレーシアの5か国で住宅分譲事業を展開しています。


(参考)タイにおける住宅分譲事業の最近のトピックス
1 タイで初の分譲マンションが竣工
昨年12月に、タイのプロジェクトとしては初めて、当社とセナ社との共同事業である分譲マンション「ニッチ モノ スクンビット ベアリング(1,275戸)」が竣工しました。本物件の契約率は9割を超えており、事業は順調に進捗しています。

2 「IAUD国際デザイン賞 2019」で金賞を受賞
当社とセナ社では、お客さまの声をカタチにし、住まいをより良くしていくためのサイクル型の住宅企画として「ジオフィット プラス<ステージ>」に鋭意取り組んでいますが、昨年12月に同取組が一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)の主催する『IAUD国際デザイン賞2019』の住宅・建築部門で金賞を受賞しました(詳細は2019年12月19日付けの当社ニュースリリースを参照)。

◆阪急阪神不動産の概要
【会社名】阪急阪神不動産株式会社
【所在地】大阪市北区芝田1丁目1番4号 阪急ターミナルビル内
【代表者】若林 常夫
【資本金】124億円
【売上高】1,147億800万円(2019年3月期)
【事業内容】オフィス・商業施設の賃貸、不動産開発、エリアマネジメント、不動産ファンド、マンション・戸建住宅・宅地の分譲、仲介、リフォーム、賃貸管理、土地活用など
【従業員数】約820名(2019年4月1日現在)

◆セナ・デベロップメントの概要
【会社名】SENA Development Public Company Limited(セナ・デベロップメント)
【所在地】448 Ratchadapisek Road,Samsen-nok,Huaykhwang,Bangkok,10310
【代表者】Theerawat Thanyalakpark(ティラワット パンニャラクパーク)
【資本金】約1,446百万バーツ(約49億円、2018年)
【売上高】約5,355百万バーツ(約187億円、2018年)
【事業内容】マンション・戸建・タウンハウスなどの分譲、商業施設・オフィスビルの開発・賃貸、太陽光発電事業
【従業員数】約570名

 

阪急阪神不動産株式会社 https://www.hhp.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/7409_a35f52ac78a7418e839657462acfab11eea863cb.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪急阪神不動産株式会社 >
  3. ≪海外での住宅分譲事業の参画戸数が30,000戸を突破≫ タイで第14号プロジェクト(マンション分譲事業)を開始