CtoC市場・スキルシェア領域を牽引するC2C PTE. LTD.インフラストラクチャーとして次フェーズのDX領域で産業構造の改革を加速化

IT業界を主導する特化型のスキルシェア市場とビジネスモデルのDX市場で存在感を増すC2C プラットフォーム

2021年のスキルシェア市場(以下、スキル市場)、DX市場については2030年にはそれぞれ5兆円、3.5兆円の市場になると想定され、両市場ともに非連続で急激な成長をすることが予想されています。この成長の背景には、この2市場が昨今の大きなビジネステーマであるソフトとして個人ニーズの多様化、ハードとして人口減少に伴う生産性向上や、SDGs等に大きく関連していることがあります。2021年度もスキル市場やDX市場に関連する新規上場銘柄が多数現れる等、今後も多種多様なサービスが誕生し、成長することが予想されます。ダイレクトマッチング事業に必要不可⽋なプラットフォームを提供するC2C PTE. LTD.(代表:薛 悠司、村上 英夫、以下C2C)においても、経営体制を刷新、新しいパッケージプランの追加、関連する企業において総額25億円を超える資金調達、20プロダクトを超える開発までクライアントパートナー様と共に事業展開いたしました。

■IT業界を主導するスキルシェア市場と成長著しいDX市場
2021年はスキルの売買プラットフォーム「ココナラ」が東証マザーズに新規上場し時価総額370億円(2021年12月27日地点)が付くなどスキル市場の拡大が顕著にみられました。また、DX市場においても製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」が、グロービス・キャピタル・パートナーズや海外投資家よりシリーズBラウンドで総額80.3億の資金調達を発表するなど、スキルシェアをはじめとするCtoC領域やDX市場においても受発注などBtoBのマッチング領域が、コロナウィルスによるDX化のニーズとテクノロジーの発展により今後さらなる成長が見込まれます。
C2C社においても、2021年度にヘアスタイリストとユーザーを繋ぐCtoCサービス「HARILE」や求職者と転職エージェント個⼈のベストマッチングを⽣み出すプラットフォーム「みんなのエージェント」(人材紹介)やお部屋探しユーザーと不動産営業マンを繋ぐマッチングアプリ「ルムコン - Room Concierge -」(不動産紹介)などの新規サービスをリリース致しました。2022年度は、ネイリストを直接予約するサービスである「ネイリー」をはじめとする【特定領域に特化したスキルシェア/マッチング領域】に加え、飲食店の仕込み代行サービスである「シコメル」などの【受発注/マッチングに特化したDX領域】においても、各業界を牽引する事業会社であるパートナーとともに新規サービスを展開して参ります。

■成長するDX領域の次フェーズは「ビジネスモデルのDX」


DX業界は、人口減少に伴う一人あたりの生産性向上というマクロの流れの中で多くの業界において課題や取り組みたいこととして注目されてきました。DXの対象となる範囲は広範囲で一般的にDXと呼ばれる業務改善や効率化だけではなく、新しいビジネスモデルへの転換も含め、向き合う課題やビジネススケールに応じて現状大きく4つの階層に分類されています。1層目は「ビジネスインフラ」のレイヤーです。サーバーのクラウド化など、データベースやシステムのオンライン化を指します。2層目が、「業務」のレイヤーです。デジタル化によって業務効率を向上していきます。多くのBtoB SaaSが推進しているサービスは、このレイヤーに該当します。3層目は、「ビジネスモデル」のレイヤーです。既存のビジネスのバリューチェーンや、お金の生み出し方自体を変えていくことを意味しており、代表例としてはラクスルが挙げられます。そして4層目が、3層目で変革したビジネスモデルによって生まれた「データを活用して新しい体験をつくる」レイヤーです。

 

1層目や2層目についてはこの数年、課題意識が急激に上がり多くのプロダクトが登場してきましたが、3層目以降の積極的に業界構造を変革しにいく階層が2021年以降はメインストームになっていくと想定しています。3層目、4層目の階層のDX化の加速は、「合理化を進めるDX」から「未来の売上をつくるDX」へと新たな可能性に転換されていきます。 C2C社では、飲食店の仕込み代行サービスである「シコメル」がまさに飲食業界における3層目のDX化に取り組んでおり、事業進捗に応じ4層目のDX化を推進していく計画です。C2C社が展開するC2C プラットフォームは、3層目にあたる受発注のDX化を中心に各階層を一気通貫でDX化できるサービスで、2021年は受発注で多重請負が発生しているレガシーな業界の課題を解決したいという問い合わせが増えております、2022年は、CtoCのダイレクトマッチングで培ったマッチングビジネスのノウハウとデータドリブンなサービス設計により、様々な業界におけるのDX化を推進し産業構造の改革に貢献して参ります。

■パートナー企業と共に成長するインフラトラクチャとしてのC2Cプラットフォーム
C2C社は全てのサービスの開発と運用を、各業界を牽引する事業会社と協働で行っています。各業界の専門性や動向を知り尽くした事業会社と、数々のスキルシェアやDXマッチングサービスを手掛けるテックカンパニー。双方の優位性を活かすることで、世の中に受け入れらるサービスを生み出し、社会課題の解決に寄与すると考えられます。またC2C社は、各サービスのシステムを開発するだけでなく、共にサービスを開発/運用する各パートナー企業に対して、グロースマーケティングや資金調達などのサポートも積極的に提供し、各業界のインフラストラクチャを作り上げています。 世界的にスキル市場やDX市場におけるビジネスの多様化とコト消費の需要が拡大するなか、C2C社 は、誰もが持つ価値を、その価値を求める人々に届けることで、人々の抱える「日々の悩み」や「既存ビジネスの問題」の解決につながると考えています。様々なマッチングサービスのプラットフォームを提供するテックカンパニーとして、世界中の人々の価値が公平公正に評価される社会をつくることを目指しています。

 

【C2C社 代表・薛コメント】
2021年も引き続き、DXというワードを目にしない日がないほど、あらゆる業界においてDX推進が加速した年でした。当社のビジネス領域であるダイレクトマッチング分野においても参画業種が増加し、市場規模も急速に拡大しております。 当社においては、新経営体制始動、人材獲得など経営基盤の足固めを行うとともに、既存プロダクトの成長、多数の有力な新規案件の引き合いなど非常に手応えを感じる1年となりました。開発プロダクト数は23を超え、資金調達面では累計7.5億円を調達、当社クライアントパートナー様においては、9社合計25億円超の調達を実現されています。 今後も、パートナー様と共に、ダイレクトマッチング事業のDXを発展させ、社会課題の解決、新たな価値の創出により、豊かな社会の実現に寄与してまいります。

■システムに関するお問い合わせ先
名 称:C2C PTE. LTD.
設 ⽴:2017年9⽉ 代表者:薛 悠司(ソル ユサ)、村上 英夫(ムラカミ ヒデオ)
所在地:10 Anson road #14-06 International Plaza Singapore
連絡先:〒105-0022 東京都港区海岸1-11-1ニューピア⽵芝ノースタワー14F
TEL: 03-6809-2775
MAIL: contact@c2c-platform.com
担当: 松本彩
事業内容:世界向けCtoCプラットフォームサービスの提供
WEBサイト:https://c2c-platform.com

  1. プレスリリース >
  2. C2C PTE. LTD. >
  3. CtoC市場・スキルシェア領域を牽引するC2C PTE. LTD.インフラストラクチャーとして次フェーズのDX領域で産業構造の改革を加速化