プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社
会社概要

[AMN調査リリース]SNSのクチコミが生活者の購入・来店に与える影響を調査

~購入検討時に最も影響を受けるのは「SNS検索」で偶然みつけたクチコミ~

AMN

『世界中の“好き”を加速する』をビジョンに掲げ、ブランドのファン育成・活性化を手がけるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:荒木 哲也、東証グロース上場:証券コード6573、以下AMN)は、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)におけるクチコミ(個人の情報発信)が、生活者の購入・来店にどのように影響を与えているか調査を行い、その結果を公開しました。
■調査の背景
近年、SNSの利用者は増え続けており、総務省が2022年に発表した「令和3年通信利用動向調査の結果」(*1)によると、2021年(令和3年)の国内SNS利用率は78.7%で、前年より4.9%上昇、さらにほぼ全ての年代で利用率が延びており、若年層から高齢者まで幅広く利用していることが分かります。
また、数年前よりサービスや商品を購入する際、事前にネット(WEB)ではなくSNSで検索をし、評判などを調べる傾向が増えており、SNS利用者のクチコミが購入意欲や購入動機に大きな影響を与えています。 

そこでこのたびAMNでは、8つのSNS(*2)におけるクチコミが購入・来店経験に与える影響を19のジャンル(*3)に分けて調査し、その可視化を行いました。 

*1「令和3年通信利用動向調査の結果」 https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/220527_1.pdf
*2 Twitter、Facebook、Instagram、LINE、YouTube、TikTok、ブログ、note
*3 化粧品、酒/アルコール飲料、飲料(酒/アルコール飲料以外)、食料品、健康食品、日用品(シャンプー・洗剤など)、ファッション関連(洋服・靴など)、ゲーム・玩具、スポーツ用品、家電、自動車、デジタルガジェット(スマートフォン・PC・デジカメなど)、コンビニエンスストア(来店)、外食店舗(来店)、旅行商品、エンターテインメント施設(映画・テーマパークなど)、オンラインサービス(スマホアプリ・動画サイトなど)、小売(専門店・百貨店など)、不動産

■調査概要
調査名:SNSのクチコミが購入・来店に与える影響調査(2022年)
調査対象期間:2022年5月13日~2022年5月20日
調査元:アジャイルメディア・ネットワーク株式会社
調査対象者:SNS(Twitter、Facebook、Instagram、LINE、YouTube、TikTok、ブログ、note)利用者
※調査会社モニターよりスクリーニングにより上記SNS利用者を抽出、年代性別均等割り付け
有効回答者数:1,114人
調査方法:WEBアンケート形式

■調査サマリー 
1.SNSのクチコミ経由での購入・来店者のうち、若年層を中心に2人に1人が購入・来店後に自身もSNSでクチコミをしている。
2.SNSのクチコミ経由の購入・来店者のうち、6割がその後も継続して購入・来店(リピート)している。
3.モノやサービスの購入検討時に最も影響を受けるのは、「SNS検索」で偶然みつけた投稿である。
 

1.SNSのクチコミ経由での購入・来店者のうち、若年層を中心に2人に1人が購入・来店後に自身もSNSでクチコミをしている。
「Q.クチコミを見て購入・来店後に、その商品・サービスについてSNSに投稿したことがありますか?」という問いに対し、「ある」が47%、「ない」が53%という回答となりました。また「ある」と回答した中で10~20代の若年層の割合が高いことがわかりました。

[考察1]
SNS上のクチコミを見て購入・来店に至った人は、自身でもその体験を発信する傾向が強く、特に若い世代ではこの傾向がみられるため、その特性を活かした顧客体験の設計が重要と考えられます。 


2.SNSのクチコミ経由の購入・来店者のうち、6割がその後も継続して購入・来店(リピート)している。
「Q.クチコミを見て購入・来店後、該当の商品・サービス・店舗を継続して購入・来店されたことはありますか?」という問いに対し、「ある」が62%、「ない」が38%という回答となりました。また「ある」と回答した中では若年層の比率が高いものの、全ての年代でリピートしていることがわかりました。

[考察2]
クチコミを通じて商品理解や信頼・納得が生まれやすく、リピートや継続利用に繋がりやすい傾向があるのではないかと推察されます。ここから、適切な商品価値や魅力が伝わるクチコミの醸成がリピーター創出の貴重な要素ととらえることが重要と考えます。
 

3.モノやサービスの購入検討時に最も影響を受けるのは、「SNS検索」で偶然みつけた投稿である。
「Q.モノやサービスの購入を検討する際に、どんな人のクチコミに影響を受けることが多いですか。当てはまるものをすべて選んでください。」という問いに対し「たまたま検索で見つけたSNS投稿」が最も多く、「友人・知人」「家族」「インフルエンサー・有名人」がそれに続く結果となりました。

 
[考察3]
偶然見つけたSNS上のクチコミが購入・来店に与える影響が大きい、という結果から、一般の商品/サービス利用者による商品体験に関するクチコミの有無や、評判形成の重要性が明らかになりました。
 

■クチコミが購入・来店に与える影響調査について
8つのSNSと19のジャンルごとにクチコミが購入・来店に与える影響を調査しました。

 

 

〇調査結果概略
「Q.それぞれの商品・サービスについて、クチコミ(個人からの情報発信)を見たことで、購入・来店に至った経験があるメディアをすべてお選びください。(クチコミは購入・来店前1か月以内に見たものとします。)」との問いに対する結果は下記のようになりました。

♦トピック1:SNS×ジャンルの特性
上記の結果をもとに、本調査対象である8つのSNS×19ジャンルにおける購入・来店への影響(購入・来店経験率)は下記のようになりました。

「購入・来店経験率」:当該SNSのクチコミによる購入・来店経験率

♦トピック2:クチコミが購入・来店に影響を与えたSNS
影響力TOP10に挙がった3つのSNSについて個別の結果は下記のようになりました。 

●Instagram
Instagramにおけるクチコミの影響力(購入・来店経験率)

Instagramは多くのジャンルにおいて、8媒体平均値より高い数値が出ています。特にファッション関連(28%)、食料品(24%)、日用品(21%)、外食(19%)などのジャンルに関して、影響力がある結果となりました。 

●Twitter
Twitterにおけるクチコミの影響力(購入・来店経験率)

 

Twitterも8媒体平均と比べて多くのジャンルで高い数値となりました。なかでも食料品(23%)、化粧品(19%)、飲料(酒・アルコール以外)(13%)といったジャンルでの影響力が目立つ結果となりました。

●ブログ
ブログにおけるクチコミの影響力(購入・来店経験率)

 

ブログもほぼ全てのジャンルで8媒体平均と比べ、高い数値となったSNSです。食料品(21%)、デジタルガジェット(スマートフォン・PC・デジカメなど)(19%)、家電(18%)外食店舗(18%)などのジャンルで、数値が高くなっています。 

♦トピック3:クチコミが購入・来店に影響を与えたジャンル
19のジャンルにおいて、SNSにおけるクチコミの影響力が高かったもの上位3位は次のようになりました。 

第1位 食料品(8媒体均17%)
19ジャンルのうち、最もSNSにおけるクチコミで購買に影響力があったのは食料品でした。Instagram(24%)、Twitter(24%)、ブログ(21%)と、いずれも高い数字となっています。

第2位 ファッション関連:洋服・靴など(8媒体平均15%)
ファッション関連においてもクチコミは高い影響力がありました。Instagram(28%)、ブログ(17%)、Facebook(15%)といった結果になっています。 

第3位 化粧品(8媒体平均14%)
購買に影響力があった第3位は化粧品でした。Instagram(28%)、Twitter(19%)、ブログ(14%)の順となっており、なかでもInstagramはこのジャンルにおいて圧倒的な影響力があることが分かりました。


■調査結果まとめ
今回の調査結果において、SNSのクチコミが購入や来店に与える影響と、SNSやジャンルそれぞれの特長や違いが把握できたことにより、ブランドや商品の価値を伝えるのに適したSNSの選択・活用が重要であることが分かりました。
また、購入や来店に最も影響を与えていたのが「SNSにおける検索」であることから、商品との親和性の高いSNSに、適切な商品価値や魅力が伝わるクチコミ(UGC)(*4)を醸成することが重要となります。
今後、自社商品/サービスの利用者やファンの方々が、企業とのコミュニケーションを通じて継続的にクチコミを発信する状態を実現することが、マーケティング施策において重要度を増していくと考えられます。 

*4 UGC(User Generated Contents)一般ユーザーによって作られたコンテンツのこと。クチコミもこれに含まれます。 


■セミナーのご案内
【購入検討の決め手は「SNS検索」で偶然見かけたクチコミ】
  ~調査結果から考えるこれからのUGC活用~ 


このたびの調査結果をもとにリリースの内容をさらに詳しく掘り下げ、8つのSNS・19のジャンルについての調査詳細をお話すると共に、下記要点についてご紹介いたします。
・SNSでのクチコミ接触後の購入・来店に与える影響
・主要SNSプラットフォームにおける傾向と特性
・クチコミ/UGCの醸成からその活用法
ご参加のうえアンケートにお答えいただきますと、本調査結果をまとめた資料/pdfを差し上げる予定です。企業のマーケターご担当者、またご興味をお持ちいただける方のご参加をお待ちしています。

●セミナー概要
・開催日時:10月12日(水)13:00-14:00
・開催形式: オンライン開催(ZOOM利用)
・参加費用:無料(事前参加登録必須)
・下記ページよりお申込みを承っております。
URL:https://agilemedia.jp/seminar/221012.html
*視聴URLは申込み後にお送りするメールをご確認ください。


■ファン育成・活性化ソリューション「アンバサダープログラム」
ファンと企業がつながり、中長期的に関係を深めながら、マーケティングパートナーとしてそのビジネス貢献まで評価・測定できるプログラムです。ファンマーケティングのリーディングカンパニーである当社が、200以上のブランド導入実績ノウハウを活かし企業や商品のファン組織化から育成、活性化、クチコミ分析まで、ワンストップで提供いたします。
URL: https://agilemedia.jp/ambassador-program 


■アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)について
AMNは『個の力を最大化し、“小さな経済”を成長させる』をミッションに、ブランドの熱心なファンを「アンバサダー」と定義し、ファン育成・活性化を通じて製品/サービスのマーケティング活動を推進する、アンバサダーマーケティング事業を展開しています。
URL: https://agilemedia.jp/

 

追記:2022年9月28日 本文内 「トピック2:クチコミが購入・来店に影響を与えたSNS」において、Twitter・ブログの図版に一部誤りがございましたので修正し、差し替えております。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

17フォロワー

RSS
URL
https://agilemedia.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都港区虎ノ門4-1-40 江戸見坂森ビル4F
電話番号
03-6435-7130
代表者名
寺本直樹
上場
東証グロース
資本金
-
設立
2007年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード