穂積菰江線が全線開通

災害に強いまちづくりを進めるため、防災ラインと位置づけた都市計画道路穂積菰江線(ほづみこもえせん)が令和3年7月16日(金)に全線開通しました。
阪神・淡路大震災後の平成7年度から事業に着手し、総延長2,240メートルの全線が完成。全線開通することで、庄内地区はより災害に強い街へ進化します。
7月15日(木)には開通式が行われ、長内繁樹市長ならびに関係者の皆さまがテープカットなどを行い、開通を祝いました。
  • 都市計画道路穂積菰江線整備の概要
1.路 線 名:都市計画道路線
2.整備内容:総延長2,240m 幅員16.0m(車道:3.5m×2、歩道4.5m×2) 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 豊中市 >
  3. 穂積菰江線が全線開通