プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ソーシャルインパクト・リサーチ
会社概要

”AIと機械学習を活用したTCFDレポート作成支援サービス”提供開始【TCFDレポートを発行企業様+これから発行企業様】。無料のお試しも可能。 TCFDコンサルが不要になる画期的サービス。

AIと機械学習技術を駆使し、TCFDガイダンスに沿ったレポートの充足度チェックし、企業に対して具体的な評価コメントと改善点、スコアを提供。無料のお試し期間もご利用いただけます。 

株式会社ソーシャルインパクト・リサーチ

株式会社ソーシャルインパクト・リサーチは”AIと機械学習を活用したTCFDレポート作成支援サービス”の提供を開始しました。
このサービスは、AIと機械学習技術を駆使して、TCFDガイダンスに沿ったレポートの充足度をチェックし、企業に対して具体的な評価コメントと改善点を提供します。短時間で自社のTCFDレポートの改善点が把握することができます。
また、無料のお試し期間もご利用いただけます。 
これまでTCFDのコンサルを利用してきた企業も、大幅にコストと時間を節約することが可能です。 

▼お申込み・お問い合わせはこちら
https://forms.gle/GgxwrDnRF2uGptXG8


”AIと機械学習を活用したTCFDレポート評価サービス” 3つの特徴 

  1. 短時間で自社のTCFDレポートの改善点がわかる:AIと機械学習を用いて、TCFDガイダンスに基づいた評価を徹底的に行います。レポートの各項目について、正確な充足度をチェックし、改善の余地がある部分を特定します。 

  2. 評価コメントと改善提案:評価結果に基づき、具体的な評価コメントと改善提案を提供します。これにより、企業はレポートの品質を向上させ、TCFDガイダンスにより適合したレポートを作成するための具体的な手がかりを得ることができます。 

  3. スコアの提供:充実したスコアリングシステムを導入し、企業に対してレポートの評価スコアを提供します。これにより、企業は自社のレポートの進捗状況や業界のベンチマークとの比較を行うことができます。 


対象企業 

  • TCFDレポートを発行している企業:既にTCFDレポートを発行している企業は、自社のレポートを客観的に評価し、改善点を特定することで、持続可能性への取り組みを強化することができます。 

  • TCFDレポートを発行する予定の企業:TCFDレポートをまだ発行していない企業は、このサービスによってTCFDガイダンスに沿ったレポート作成の手助けを受けることができます。これにより、初めてのレポート作成においても適切な方向性を示すことができます。 


”AIと機械学習を活用したTCFDレポート作成支援サービス” 3つのメリット 

  1. レポート品質の向上:評価と改善提案に基づいて、企業は自社のTCFDレポートの品質を向上させることができます。これにより、信頼性の高い情報開示と持続可能性への取り組みをアピールすることができます。 

  2. タイムリーな意思決定:評価コメントと改善提案を受け取ることで、企業は迅速に行動を起こすことができます。これにより、持続可能性戦略の改善や投資判断、リスク管理に関する意思決定をタイムリーに行うことができます。 

  3. 業界のベンチマークとの比較:提供されるスコアにより、企業は自社のレポートの評価を業界のベンチマークと比較することができます。これにより、自社の取り組みを業界全体との比較で評価し、競争力の向上につなげることができます。 


”AIと機械学習を活用したTCFDレポート評価サービス” 2つのアウトカム 

  1. より信頼性の高いレポート:企業は評価と改善提案を受け取ることで、TCFDガイダンスに沿った信頼性の高いレポートを作成することができます。これにより、ステークホルダーに対して透明かつ客観的な情報開示を行い、信頼関係を築くことができます。 

  2. 持続可能性への取り組みの強化:評価結果と改善提案に基づき、企業は持続可能性への取り組みをより具体化し、改善することができます。これにより、環境への影響の軽減や社会的な価値創造につながる取り組みを進めることができます。 

 

”AIと機械学習を活用したTCFDレポート作成支援サービス” メンバー

◆熊澤 拓(早稲田大学 環境エネルギー学科 博士課程中退)

株式会社ソーシャル​インパクト・リサーチ ​代表パートナー​
SBI大学院講師​


慶応大学大学院修士課程修了​
早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科博士課程(退学)​

日本合同ファイナンス(JAFCO)​
ソフトバンクインターネットファンド ファンドマネジャー​
ウィットキャピタル ITセクターアナリスト​
HSBC銀行 投資銀行部門 アソシエイトダイレクター​
三菱UFJキャピタル シニアアナリスト、を経て平成22年に当社を設立。​

ESG投資、ESG経営に関する講演多数。​


◆冨澤 昌雄​(早稲田大学 工学博士)

株式会社ソーシャル​インパクト・リサーチ​
プロジェクトメンバー​


横浜国立大学工学部卒業​
早稲田大学大学院理工学研究科修了 工学博士​

みずほ情報総研 ​
 シニアマネジャー​
IDIインフラストラクチャーズ​
 シニアアソシエイト​
IDIカーボンマネジメント​
 CEO、を経て​
現在、超え環境ビジネス株式会社 代表取締役、​
日本能率協会 GHG算定検証審査員​

地球温暖化対策、脱炭素化戦略、海外再生可能エネルギー事業の開発支援など、気候変動分野のコンサルティング実績多数。​


◆河合 朋子​(都立大学 工学博士)

株式会社ソーシャル​インパクト・リサーチ取締役​


東京都立大(工学博士)​
短大教員を経て、ソーシャルインパクト・リサーチを共同創業。​

エネルギーデータのビッグデータ解析、エネルギー改善レポート等を担当する。​


◆石井 雅章 ​(千葉大学 博士)

株式会社ソーシャル​インパクト・リサーチ​
外部アドバイザー​


神田外語大学グローバル・リベラルアーツ学部教授・学長補佐。博士(学術)。​

専門は環境社会学で、企業の環境対策や持続可能な社会システムづくりが主な研究テーマ。前任校でゼミ生たちと取り組んできた「休耕地活用プロジェクト」では、経済産業省「社会人基礎力を育成する授業30選」に採択。現在は、企業・自治体・議員・学校・市民など多様なステイクホルダーに向けたSDGsに関する講演やワークショップなどを実践している。​
環境省「持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」関東ブロック・アドバイザリー委員、鶴ヶ島市まちづくり審議会会長、市原市地球温暖化対策地域協議会委員など​



”AIと機械学習を活用したTCFDレポート評価サービス”は、持続可能性への取り組みを加速させるために不可欠なツールです。無料のお試し期間を利用して、サービスの効果を体験することも可能です。 

今後もソーシャルインパクト・リサーチは、持続可能なビジネス実現に向けたサービスの開発と提供に努め、お客様の成長と持続可能性への取り組みをサポートしてまいります。


▼お申込み・お問い合わせはこちら

https://forms.gle/GgxwrDnRF2uGptXG8 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
経営・コンサルティング
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ソーシャルインパクト・リサーチ

3フォロワー

RSS
URL
-
業種
金融・保険業
本社所在地
東京都新宿区天神町68 滝沢68ビル5階
電話番号
-
代表者名
熊沢拓
上場
未上場
資本金
-
設立
2018年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード