大阪・梅田を舞台とした新産業創造・地域活力向上を目指して 阪急電鉄が新しいビジネス創生を目指す起業家(スタートアップ)を支援 その第一歩として、会員制スタートアップ支援オフィスを梅田に開設します

オフィス提供、コミュニティ形成促進、ビジネスサポート、情報発信の支援を2014年11月よりはじめます

阪急電鉄では、国際的な都市間競争における関西の優位性向上ならびにビジネス拠点として「大阪・梅田」の競争力・地域力のさらなる伸長に向けて、新産業創造や地域活力につながる新しいビジネスの立ち上げを目指す「スタートアップ」を支援する取り組みをはじめます。
リリースはこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20141023_2718.pdf

今般、当社が提供するスタートアップ支援メニューは大きく下表の4つとなりますが、その取り組みの第一歩として、起業を目指す人々が集い、新しいビジネスモデルの創造を実現させてゆくための拠点として、スタートアップに向けたビジネス創出を支援する会員制オフィス「GVH #5」(ジー・ブイ・エイチ・ファイブ)を、2014年11月に「阪急ファイブアネックスビル」に開設します。
なお、鉄道会社がこのような取り組みを行うのは、関西では当社が最初となります。

1.オフィス提供
・阪急梅田駅から徒歩約2分という利便性を活かした24時間利用可能な会員制オフィスの提供
・インターネット接続環境、コピー、プリンター、会議室、セミナールーム等の共用設備

2.コミュニティ形成促進
・梅田でのスタートアップとその支援者のコミュニティ形成促進を目的とした交流イベントや各種セミナー等の開催
・起業家育成プログラムへの協賛支援

3.ビジネスサポート
・スタートアップが気軽に会計・税務・法律などの専門家からアドバイスを受けられる場の提供
・投資家やビジネスパートナー企業とのマッチング支援

4.情報発信
・スタートアップの活動促進を目的としたセミナーやビジネスプラン・コンテスト等の各種イベントの実施
・各種メディアを利用したスタートアップ会員の情報発信


◆会員制オフィス「GVH #5」 (ジー・ブイ・エイチ・ファイブ)の詳細について
「GVH #5」では、新しいビジネスの立ち上げを目指すスタートアップに向けた支援として、コワーキング スペース、レンタルオフィスといったオフィス空間の提供に加え、同施設を拠点とした新たなビジネスパートナーとの出会いの場づくりなど様々な支援サービスの提供を行います。
同施設の運営にあたっては、グランフロント大阪内の「グローバルベンチャーハビタット大阪 (以下、GVH大阪)」 (※1)においてスタートアップ支援の実績がある 「株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズ」 (※1)と当社が提携することにより、GVH大阪とも連携し、支援活動の充実を図っていきます。
スタートアップの成長過程では、多くの出会いが生まれる利便性の高い立地において、起業を目指す人々が集い互いに刺激を受け競い合い助け合いながら働くことのできる場と、先輩起業家や投資家、各方面の専門家などによる起業支援が重要な役割を果たすと言われています。当社は、会員制オフィス「GVH #5」の開設を機に、今後、スタートアップ支援に携わる大学、企業、専門家、投資家、起業支援機関等の方々とのコラボレーションを促進し、梅田における、スタートアップの活動を支援するためのソフト・ハード両面でのビジネス環境整備に取り組みます。

■施設の概要
【施設名称】GVH #5(ジー・ブイ・エイチ・ファイブ)
【所在地】大阪市北区角田町1番12号 「阪急ファイブアネックスビル」 11階 および 5階
【規模など】
●Sta. G5(ステーション ジーファイブ) 11階 約222平方メートル
〔主な設備・機能〕
オフィススペース
執務スペース(席数24席程度) ※フリーアドレス

ラウンジスペース
通常時は打合せ、執務、休憩を行うラウンジとして、また、イベント開催時には、可動壁により30名程度のセミナールームとして利用

会議室
守秘性を要する打ち合わせなどに利用

その他
受付、ロッカー、コピーコーナーなど

●the hive(ザ ハイブ) 5階 約100平方メートル
〔主な設備・機能〕
個室ブース
3名収容(2室)、2名収容(1室)、
4名収容(2室) ※予定

会議室
来客との面談などにも利用可能

その他
休憩スペース、コピーコーナーなど

【会員資格】
阪急電鉄が行う、都市交通やリテール、まちづくり、エンタテイメント・コミュニケーション、生活サービスなどといった事業との親和性を有する領域において、ITなどの先端技術を活用して新しいビジネスモデルの開発を行うスタートアップ企業を主たる対象として、起業支援に携わる専門機関からの紹介制により募集します。

【開設時期】2014年11月下旬

◆会員制オフィス「GVH #5」(ジー・ブイ・エイチ・ファイブ)のフロアイメージ
■Sta. G5 (ステーション ジーファイブ)
共同オフィススペース および 情報発信のためのイベントスペースとして使用するフロア(11階)です。


■the hive (ザ ハイブ)
個室ブース型のオフィススペースを設けたフロア(5階)です

 


※1《ご参考》グローバルベンチャーズハビタット大阪について、
       株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズについて、
上記につきましては、リリースをご覧ください。
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20141023_2718.pdf


阪急電鉄HP http://www.hankyu.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
  1. プレスリリース >
  2. 阪急電鉄株式会社 >
  3. 大阪・梅田を舞台とした新産業創造・地域活力向上を目指して 阪急電鉄が新しいビジネス創生を目指す起業家(スタートアップ)を支援 その第一歩として、会員制スタートアップ支援オフィスを梅田に開設します