CAMPFIREが、仮想通貨取引所「FIREX」開設。クラウドファンディングにビットコイン決済など新サービス導入

クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入 一真 / 以下、CAMPFIRE)は、ブロックチェーン技術「mijin®」と仮想通貨取引所「Zaif®」を提供するテックビューロ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生 / 以下、テックビューロ)と提携し、2017年3月27日より仮想通貨取引所「FIREX(ファイヤーエックス)」 [ https://firex.jp ] を開設致します。
FIREXでは、仮想通貨「Bitcoin」(ビットコイン)やCAMPFIRE独自のトークン「CAMPFIRE COIN (※仮称)」などの取引を計画しており、CAMPFIREの既存事業であるクラウドファンディングの決済手段としての仮想通貨の導入や、プロジェクト支援時の送金手数料の負担削減、プロジェクト実行者への送金スピードの改善など、クラウドファンディング・仮想通貨双方の利点を活かした機能追加を検討しております。
また、2017年夏にはソーシャルレンディングサービス(※1)の開始を予定しており、仮想通貨のトークン発行・流通などの技術面、法律面を網羅した活用や、仮想通貨を使ったファンディングやトークンの発行支援なども進めて参ります。

仮想通貨の将来的な可能性に正しく向き合い、企業や個人が安心して仮想通貨をファイナンス手段として利用することができるマーケットを創造し、CAMPFIRE経済圏を拡大してまいります。

※1:ソーシャルレンディング事業を行うことを前提とした第二種金融商品取引業登録及び貸金業登録が完了した後に、サービス開始を予定

○CAMPFIREの仮想通貨取引所「FIREX」開設について
CAMPFIREは、個人やクリエイター、企業などのあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、 “資金調達の民主化” をミッションに様々な挑戦を後押しして参りました。
今後、クラウドファンディングの利用者数はさらなる増加が見込まれており、手軽に少額から支援が可能となる決済インフラの需要が高まることから、個人がより気軽に少額から参加出来る環境整備のために、仮想通貨取引所「FIREX」(ファイヤーエックス)を開設致します。
ブロックチェーンの特徴である超分散型テクノロジーのユースケース開発は、多方面において研究開発及び検討が行われておりますが、技術的な検証には企業間の提携が前提になることが多く導入・実現に至っている例は世界でも決して多くありません。日本のリーディングカンパニーであるCAMPFIREが、既存事業との相乗効果を目的としクラウドファンディング業界の仮想通貨取引所の開設を行うことで、ユースケースの開発・実現による “資金調達の民主化” を目指します。

CAMPFIREは、CAMPFIRE経済圏を創り、中央集権型の世界からP2Pの世界へと変えていくこと、そして、お金を、社会を、もっとなめらかにし、誰しもが声をあげられる世の中、そして誰しもに「居場所」がある世界をつくって参ります。

○仮想通貨取引所「FIREX」開設に寄せて
▶株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長:家入一真より

FinTechの本質とは何か。あらゆる金融サービスの体験、貨幣や流通のトランザクションを身近にするものかもしれません。
CAMPFIREは、インターネットを使ったクラウドファンディングプラットフォーマーとして、これまでに誰しもが声をあげられる場をご提供して参りました。次に私たちが目指すことは、「誰しもが支援できる場」の整備です。さらに「お金をなめらかにする」ため、CAMPFIREは仮想通貨取引所「FIREX」のサービスを開始致します。

従来のクラウドファンディングでの支援体験や、2017年夏のリリースを予定している動画ストリーミングサービスでの仮想通貨を使った支援体験など、今後、様々なサービスを予定しています。道なき未知を体験すること、それこそがFinTechなのかもしれません。

▶テックビューロ株式会社 代表取締役:朝山 貴生より
2017年は、金融商品から個人への評価まで、あらゆるバリューがトークン(仮想通貨)化されブロックチェーン上で自由流通する『トークンエコノミー』が花咲くでしょう。そして、その概念はクラウドファンディングとの親和性が非常に高いものです。我々のZaif®は、そもそもが『ブロックチェーン上の為替エンジン』となることをミッションとしており、既に国内最大の規模を誇るキャンプファイヤーと弊社のブロックチェーン技術との組み合わせによって、支援という価値の更なる具現化と流動化に貢献して参ります。

○CAMPFIREについて
充実のサポート体制で誰でも安心してプロジェクトを始めることができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー)を2011年より運営。プロジェクト掲載数・PV数で国内No.1を誇り、大手企業や著名なアーティストはもちろんのこと、個人の方や学生にもご利用いただいております。
これまでに5,500件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約20万人、流通金額は20億円に達しました。お金と社会をもっとなめらかにし、誰しもが声をあげられる世の中、そして誰しもに「居場所と出番」がある世界を目指します。
□株式会社CAMPFIRE:http://www.campfire.co.jp
□クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp
□仮想通貨取引所「FIREX」:https://firex.jp


○テックビューロ株式会社について
テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ (Crypto-Fintech Lab.) です。また日本最大の業界団体である「ブロックチェーン推進協会BCCC」の発起会員としても、ブロックチェーン技術の啓蒙に尽力しています。
テックビューロは国際的なブロックチェーン・プロジェクトであるNEMの開発ノウハウを活かし、プライベート・ブロックチェーン「mijin®」を製品化し、提供しています。
ビットコインなど仮想通貨の総合サービス「Zaif®」は、国内最大取引所の一つです。ビットコイン現物取引手数料がマイナス、多種のアルトコイン取引が可能、ウォレット機能付きアプリやスマートATM機能の提供など、ユーザーに優しいサービスを次々とリリースしており、また2017年2月には最大7.77倍のレバレッジが可能な「信用取引レバレッジ」を提供開始し、話題を集めました。
□テックビューロ株式会社:http://techbureau.jp
□ブロックチェーン推進協会:http://bccc.global
□暗号通貨取引所「Zaif」:https://zaif.jp

※ Zaifおよびmijinは、テックビューロ株式会社の商標登録です

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CAMPFIRE >
  3. CAMPFIREが、仮想通貨取引所「FIREX」開設。クラウドファンディングにビットコイン決済など新サービス導入