エクシア・デジタル・アセットが映画『軍艦少年』に協賛

ブロックチェーン技術で世界にひとつの写真・画像・映像のデータの作品提供を目指す

暗号資産交換業並びにブロックチェーン技術による企画・開発事業を展開するエクシア・デジタル・アセット株式会社(所在地:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長、木村 雄幸)(以下、「当社」)は2021年12月10日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国公開される映画『軍艦少年』(配給:株式会社ハピネットファントム・スタジオ)に協賛いたします。
映画『軍艦少年』は、「ギャングキング」「セブン☆スター」の柳内大樹原作の「軍艦少年」を実写化。端島(通称:軍艦島、所在地:長崎県長崎市(旧西彼杵郡高島町))を舞台とした長崎・軍艦島の見える街で暮らす、親子の喪失と再生を描く魂の物語です。今では立ち入ることができる場所が限られてしまった軍艦島内でもロケを行ない、現在の軍艦島の姿を映す希少かつ文化的価値のある映画となりました。

この度、舞台となった軍艦島は、明治時代から昭和時代にかけて海底炭鉱によって栄えました。日本の近代産業の原点である石炭採掘が、暗号資産の安全性を担保し、管理する仕組みである「採掘」を意味する「マイニング」という部分に、当社の業容と親和性があると考えました。

また、2015年には軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録されました。当社は本協賛を通じ、現在でも多くの人々を魅了し続けている文化的価値が高い軍艦島の姿をブロックチェーン技術によって残し、世界にひとつだけの写真・画像・映像のデータ作品として多くの人々に届けることに新たにチャレンジしてまいります。

さらに、c0ban投資・投機以外の領域でのユースケース及び社会実装の実現により、引き続き世界を豊かにすることを目指してまいります。
 



【作品概要】

ストーリー:
長崎・軍艦島の見える街で暮らす、地元の高校に通う海星と小さなラーメン屋を営む玄海。最愛の母を亡くして喧嘩ばかりの息子と幼馴染の妻を亡くして酒浸りの父は互いに反目し、いがみ合っていた。そんなある日、海星は大きな事件に巻き込まれていく。

公式サイト:https://happinet-phantom.com/gunkanshonen/

キャスト:佐藤寛太、加藤雅也、山口まゆ、濱田龍臣、赤井英和、清水美沙、大塚寧々他
監督:Yuki Saito
脚本:眞武泰徳
原作:柳内大樹『軍艦少年』(講談社「ヤンマガKC」刊)
©2021『軍艦少年』製作委員会

【会社概要】

社名    :エクシア・デジタル・アセット株式会社
所在地   :東京都港区虎ノ門4ー1ー28 虎ノ門タワーズオフィス 7階
代表者   :代表取締役社長 木村 雄幸
主な事業内容:暗号資産交換業並びにブロックチェーン技術による企画・開発事業
資本金   :950,000,000円(資本準備金含む)
設立年月日 :2016年6月2日
登録番号    :関東財務局長第00018号(暗号資産交換業)
加入協会     :一般社団法人日本暗号資産取引業協会
URL         : https://www.exia-da.jp/

■本件に関するお問い合わせ先(報道関係者様)

エクシア・デジタル・アセット株式会社 広報担当
Contact: pr@exia-da.jp


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

<リスク情報について>
c0ban取引所で取り扱っている商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。なお、本プレスリリースは投資の勧誘や暗号資産(仮想通貨)の売買を推奨するものではありません。
  1. プレスリリース >
  2. エクシア・デジタル・アセット株式会社 >
  3. エクシア・デジタル・アセットが映画『軍艦少年』に協賛