「MOALA Ticket」がプロオーケストラの新感覚コンサートを支援!

~文化芸術収益力強化事業 『アート×アート = ∞ ~共創と共奏~』のコロナ対策を非接触入場で強化~

公立文化施設・団体、アートイベント向けにチケット販売システムを提供する株式会社アカシック(本社:東京都港区、代表取締役:村井賢治、以下アカシック)とスポーツエンタメのデジタル化・収益化を一貫して支援するエンターテック企業playground株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤圭史、以下playground)は、3月4日(木)に開催される新感覚クラシックコンサート「アート×アート = ∞ ~共創と共奏~」で電子チケット発券サービス「MOALA Ticket」の連携導入に協力しました。コロナ対策を目的に、本コンサートではお客様自身で電子チケットをもぎるジェスチャー機能を活用し機材不要な非接触の入場を実現することで、ひいては、クラシック音楽業界のデジタル化推進の弾みとなることを目指します。

プロオーケストラの新感覚コンサートを支援モデルプロオーケストラの新感覚コンサートを支援モデル


今回、「MOALA Ticket」が導入されるコンサート「アート×アート = ∞ ~共創と共奏~」は、公益財団法人東京交響楽団(理事長:澤田秀雄、本部:東京都新宿区、川崎オフィス:神奈川県川崎市、以下東京交響楽団)が代表幹事を務める【アート×アート = ∞ 実行委員会(日本オーケストラ連盟正会員7団体)】が文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」の一環として日本全国の複数のプロオーケストラとともに、コロナ禍を乗り越え、次世代へ音楽文化の「灯」を繋ぐために企画されました。

「アート×アート = ∞ ~共創と共奏~」は、アート集団チームラボによる境界のないアート群が連続してつながっていく「チームラボボーダレス」(所在地:東京・お台場)で開催される新感覚クラシックコンサートとなります。本コンサートでは演奏する曲目や演出アイデアを募集し、企画・創作過程に社会の人々(聴衆)も巻き込み、立場の異なる人々が協働する「共創」によって、クラシック音楽のさらなる価値向上を目指します。
 

会場:チームラボボーダレス会場:チームラボボーダレス



本コンサートの開催にあたって、アカシックが提供するチケット販売システム{かーるく満席}と、playgroundが提供する電子チケット発券サービス「MOALA Ticket」が6団体(公益財団法人群馬交響楽団/公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団/公益財団法人東京都交響楽団/公益財団法人東京交響楽団/公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団/公益財団法人日本センチュリー交響楽団[50音順])で導入されます。各オーケストラ運営のオンラインチケット販売サイトから非対面で購入後、入場口でお客様自身が電子チケットをもぎるジェスチャー機能を活用することで、機材不要な非接触の入場を実現します。電子チケットの導入は、新型コロナウイルス感染症防止対策だけでなく、チケットの郵送や窓口受け渡し等の削減等、業務省力化やチケット購入者様の利便性向上に貢献する取り組みとして期待されています。

【アート×アート = ∞ 実行委員会 (日本オーケストラ連盟正会員7団体)】
「共創型」による文化芸術の高付加価値化プロジェクト~クラシック音楽による先行モデル~
「アート×アート = ∞ ~共創と共奏~」

■開催日時:2021年3月4日(木) 開演 19:15(開場 19:00、終演予定 19:50頃)
■会場:森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(東京・お台場)
■料金:全席指定 7,000円(抽選販売で限定20名)/LIVE配信あり(無料)
■出演:
東京交響楽団 水谷 晃(東京交響楽団 コンサートマスター)
中村楓子(第1ヴァイオリン奏者)・鈴木浩司(第2ヴァイオリン奏者)多井千洋(ヴィオラ奏者)・蟹江慶行(チェロ奏者)/京都市交響楽団 辻 明子(第2ヴァイオリン奏者)/群馬交響楽団 池田美代子(首席ヴィオラ奏者)/新日本フィルハーモニー交響楽団 ビルマン聡平(首席第2ヴァイオリン奏者)/東京都交響楽団 調整中/名古屋フィルハーモニー交響楽団 日比浩一(名古屋フィルハーモニー交響楽団 コンサートマスター)/日本センチュリー交響楽団 調整中

公式サイトURL:
https://tokyosymphony.jp/artart/index.html
 
  • 【チケット予約・販売管理システム{かーるく満席}】
{かーるく満席}は、チケット販売事業者様のために、チケットの予約・管理業務を軽減し、チケット販売を強力に推進するクラウドサービスです。PCやスマホに忠実に表示されたホールの座席図を見ながら、お客様が自由に席をお選びいただけます。窓口販売・発券業務、抽選販売業務、顧客管理や友の会の会員管理、ポイント制度など豊富な導入実績に裏打ちされた機能をご利用いただけます。

・{かーるく満席}の詳細はこちら URL: https://www.ka-ruku.com/

※「公益財団法人群馬交響楽団/公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団/公益財団法人東京都交響楽団/公益財団法人東京交響楽団/公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団/公益財団法人日本センチュリー交響楽団[50音順]」のオンラインチケット販売サイトは、{かーるく満席}を利用して運営されています。
 
  • 【電子チケット発券サービス「MOALA Ticket」】
MOALA Ticket(モアラチケット)は、チケット販売事業者/興行主がAPI接続だけで導入できる「電子チケット発券サービス」です。
MOALA QR、電子スタンプなど、独自入場認証技術に加え、発熱検知、来場管理、二次流通/ライブ配信連携、不正転売防止など、ニューノーマル時代の興行運営に必要な機能を包括的に提供します。
スムーズな入場に加え、スタッフ削減、関連収益の向上に寄与するサービスとして大手チケットエージェンシー、興行、ファンの皆様より高い評価を頂戴しています。

・「MOALA Ticket」の詳細はこちら URL: https://moala.playground.live/

*1…スマートフォンに直接押印できる「電子スタンプ」はplaygroundが開発し、国際特許を保有する技術です。

 
【株式会社アカシック】
販売物流/チケット販売管理/CRM/財務・管理会計などのオープン系、WEB系システム開発の企業です。
■社名:株式会社アカシック
■代表者: 代表取締役社長 村井 賢治
■所在地:東京都港区南青山1-2-6 ラティス青山スクエア
■設立:1996 年5 月13 日
■事業内容:オープン系、WEB系の基幹システム開発、ITコンサルティング事業、
ソフトウェア製品開発・販売事業、システム運用・保守支援サービス
■URL:https://akashic.co.jp/

【playground 株式会社】
スポーツ・エンターテインメント業界に特化した技術開発、コンサルティング・SI 事業を展開する総合エンターテック企業。
■社名:playground株式会社(playground Co., Ltd.)
■代表者:代表取締役 伊藤 圭史
■所在地:東京都渋谷区東2-27-10 TBCビル 6F
■設立:2017 年6 月1 日
■事業内容:エンタメのデジタル化支援プラットフォーム「MOALA」の提供、
音楽ライブ配信まとめメディア「#おうちライブ」の運営、
コンサルティング・SIサービスの提供
■URL:https://playground.live
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. playground 株式会社 >
  3. 「MOALA Ticket」がプロオーケストラの新感覚コンサートを支援!