Readyforが横浜市、ARGと3者協定を締結。横浜の地域まちづくり活動を対象としたクラウドファンディング活用支援事業を開始。

日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:米良はるか)は、横浜市(市長:林文子)、アカデミック・リソース・ガイド株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:岡本真、以下「ARG」)と3者協定を締結(以下、「本協定」)し、地域まちづくり活動を対象としたクラウドファンディング活用支援事業を開始いたします。第一号プロジェクトとして「子育てママ達の挑戦!中村町にみんなで支え合う拠点づくり!」で支援金を募集しています。

横浜市では、「横浜市地域まちづくり推進条例」に基づく支援策として、2005年から「ヨコハマ市民まち普請事業」(※1)を行い、これまで横浜市内の50件の整備提案に対して助成金の交付を実施してきました。新たに、民間資金であるクラウドファンディングを活用した支援事業を施行します。本協定により、横浜市内の地域まちづくりの取組を充実・展開させていき、地域まちづくり活動に対してのクラウドファンディング活用を推進してまいります。

 ※1 横浜市民が地域の課題解決や魅力向上を図るために整備する施設への整備費の助成事業。二段階の公開コンテストで選考された提案に対して、次年度に最大500万円の整備助成金を交付します。

■本協定について
本協定では、2013年以降の「ヨコハマ市民まち普請事業」の整備団体を対象として、横浜市がクラウドファンディングで資金を集めたいまちづくり団体からの相談を受け、READYFOR株式会社およびARGとのマッチングの機会を提供します。READYFOR株式会社とARGは、まちづくり団体の資金調達の成功に向けて、クラウドファンディングプロジェクト内容の検討、アドバイスを行います。

■第一号クラウドファンディングプロジェクト概要
「子育てママ達の挑戦!中村町にみんなで支え合う拠点づくり!」
実行者 :津ノ井 美晴
目標金額:180万円
形式  :購入型/All or Nothing
公開期間:2019年4月24日(水)〜6月28日(金)23時
資金使途:改修費など
概要  :「地産地消」ならぬ「地力地生」。横浜市中村町の子育てママたちが、子どもを育て子どもや地域を見守りながら、自分たちの働く場を自ら作る。
(URL:https://readyfor.jp/projects/omoiyaritai


■READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営しています。2011年3月のサービス開始から10,400件以上のプロジェクトを掲載し、58万人から84億円以上の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。(2019年5月時点)「カンブリア宮殿」をはじめ様々なメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。

■アカデミック・リソース・ガイド株式会社について
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は、「学問を生かす社会へ」をビジョンに掲げ、2009年創業。実空間・情報空間の融合、実践的なデザインプロセス、徹底したリサーチを軸とした公共・商業施設及び地域のプロデュース事業や、ウェブ技術を中心とした産官学民連携のコーディネート事業を得意とする。学術系の老舗メールマガジンACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)や新しいライブラリーマガジン『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)等の公共コミュニケーション事業も展開。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. READYFOR株式会社 >
  3. Readyforが横浜市、ARGと3者協定を締結。横浜の地域まちづくり活動を対象としたクラウドファンディング活用支援事業を開始。