2020令和大学入試は”超安全志向”で浪人回避、私大難化は継続

〜2019年受験、日大はアメフト問題で受験者数15%減、8億円のマイナスに!受験のプロ<シンドバッド社>2019大学入試振り返り & 2020予想を発表〜

 『大学受験専門・家庭教師メガスタディオンライン』を運営する株式会社シンドバッド・インターナショナル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山田博史)は、2019年の大学入試を振り返ったレポート及び、2020年の大学入試の予想レポートを発表いたしました。
■家庭教師メガスタディオンライン:https://online.daigaku-goukaku.net/?PR

 

 

  • 1.2019大学入試振り返り〜安全志向受験
 教育業界は2021年に控えた大学入試大改革により大きな変化が予想される。2019年の受験においても顕著な変化が見られ、大学が定員を大幅に超過して入学させた場合に「私立大学等経常費補助金」を交付しないと国が決めた「入学定員管理の厳格化」の影響もあり、各大学は合格者を縮小。本来東大・早稲田・慶応クラスを狙える受験生も、浪人を避けるべく確実に合格を決められるMARCHレベルをメインに受験し、従来受かるラインの受験生が全滅する波乱の結果となった。合格難化の余波はどの偏差値帯の大学でも顕著に表れ、安全志向受験となったと言える。一方で、偏差値的にMARCHより下、いわゆる”すべり止め”で受ける大学は受験者数を伸ばした。

・中央大学以外は前年比減
・早稲田 :111,338人(昨対95.0%)
・慶應  :41,875人(昨対96.7%)
・上智  :27,916人(昨対89.5%)
・明治  :111,304人(昨対92.9%)
・青山学院:60,404人(昨対96.0%)
・中央  :91,465人(昨対104.6%)
・立教  :68,796人(昨対95.8%)
・法政  :115,447人(昨対94.2%)
※偏差値的にMARCHより下のランクの専修、駒澤、國學院などは大きく受験者数を伸ばしている。

 
<日大>
 今年の日大はアメフト部による危険タックル問題の影響もあり、大幅に受験者数が減少。2018年が115,180人だったのに対し、今年は92,211人(85.9%)と22,969人が減少。中でも話題になった「危機管理学部」は本来社会的危機への対応について学ぶ学部であるが、アメフト部への「危機管理対応」がなされていないと誤った論調が展開され、昨対74.3%(1,133人)で大幅減となった。日大の受験費用で見れば8億円(推計)ものマイナスだ。

<早慶上智MARCH・関関同立>
 これらの大学の入試問題そのものには大きな変化はなかった。関東の私大は、同じ大学でも学部ごとに入試傾向ガラリと変わるので(学部自治)、「早稲田の英語」「慶應の英語」「青学の英語」といった大学全体の傾向は厳密には存在しない。一方で、関西の私大は、同じ大学なら学部が異なっても傾向は似ている。

<英語の傾向>
 ここ最近の傾向として、経営学部、商学部、経済学部などの学部では時事的な内容が増えている。
例えば、「ビットコイン」「ベーシックインカムについて」等のテーマだ。背景知識があるかないかでかなり差がついてしまうため、これらの学部を受ける場合は引き続き要注意といえる。
 
  • 2.2020予想
<入試問題の傾向/極端な変化なし、トレンドは抑えるべし>
 2020年、大学入試はセンター試験最後の年。センター試験はそもそも毎年完全にワンパターンな試験傾向のため、最終年にわざわざ変える必要もなく変化はないだろう。各大学の入試問題で見ると、入試問題は大学ごとに「こういう受験生を採りたい」という意図で作成される。関東私大の場合は、学部の色も色濃く出るが、そもそも取りたい学生の方針が変わらなければ、入試内容も極端には変わらない。ただし、ここ数年続くトレンドは引き続き影響しそうだ。(例:英語の入試、経営学部、経済学部、商学部などで時事問題が出題など)

<志願者傾向/私大難化は継続、安全志向で浪人防ぐ>
 今年に継続し、各大学は「入学定員管理の厳格化」の影響を受け合格者を縮小。特に、大学入試大改革における英語4技能では、センター試験では必要なかった「話す」「書く」が追加される。受験生は2020年で浪人すると、2021年の入試改革の対策が求められるため、”後がない入試”として2020年で確実に受かるための併願受験が増加、今年にも増して現役志向が強まる予測だ。
 
  • 3. 大学入試変革による新たな動き
 2021年の大学入試大改革では、大学入学者選抜において従来の「知識・技能」が重視されてきた評価から、多面的・総合的な評価に変わる。例えば私大受験でもボランティア経験などを聞くようになり、各大学ともアドミッションポリシーを設定、”自分たちに合う学生”を求めるようになっている。国立大も、推薦入試が増大し、より個性的な学生を取ろうとしている。大学入試の新たな動きに注目し続け、早期に準備することが求められそうだ。

 
  • 首都圏と地方の教育格差をEdtech(エドテック)で解消!家庭教師メガスタディオンライン
 首都圏最大級の私立大学合格実績とノウハウを持つプロ家庭教師の個別指導を自宅・在宅にてオンラインで受ける事が出来る「メガスタディ オンライン」。日本トップレベルの学習環境を、講師と生徒がどれだけ地理的に離れていても生徒さんの「顔」と「手元」の2画面を同時に映せる画期的なシステムを採用しているため、生身のプロ家庭教師が隣で教えるのと、遜色ない指導を実現しています。志望校の偏差値に届かず、最後の頼みの綱として入会される生徒が続出するほど圧倒的実力を持つ「メガスタディ」で逆転合格者多数!塾通いの時間ロスや、家庭教師を部屋に迎える負担ゼロで、生徒それぞれの生活リズムに合わせた学習計画が可能です。
(▼「家庭教師メガスタディオンライン」https://online.daigaku-goukaku.net/?PR

 
  • 会社概要
運営会社 :株式会社シンドバッド・インターナショナル
サービス名:家庭教師メガスタディオンライン(https://online.daigaku-goukaku.net/?PR
代表者  :代表取締役社長 山田博史
所在地  :東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー21F
電話番号 :03-6872-1776(代表)
受付時間 :火~土 10:30~20:30
公式サイト:https://www.sindbad-int.com



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シンドバッド・インターナショナル >
  3. 2020令和大学入試は”超安全志向”で浪人回避、私大難化は継続