パーソナライズ×D2C事業を展開するSparty、第三者割当増資による資金調達を実施

世界最大の化粧品会社であるロレアルグループの日本における初の投資先に選定

株式会社Sparty(スパーティー/本社:東京都渋谷区、代表取締役:深山 陽介)は、仏・ロレアルグループ(本社:パリ)のコーポレートベンチャーキャピタルファンドBOLD(Business Opportunities for L'Oréal Development)を引受先として、第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。


■直近の事業状況
Spartyは、2017年7月の創業以降 “一人ひとりの個性を価値化したい” という想いのもと「色気のある時代を創ろう」をミッションに掲げ、パーソナライズを基軸としたD2Cブランドの展開を行っております。パーソナライズヘアケア「MEDULLA」、パーソナライズスキンケア「HOTARU PERSONALIZED」、パーソナライズボディメイク「Waitless」の3ブランドを主軸に展開し、累計会員数は50万人以上*1となります。
*1:Sparty3ブランド累計数/2022年2月時点

■調達の目的と今後の展開
これまでは大量生産・大量消費でみんなが「同じもの」を選ぶ”マスの時代”、その後インターネットが普及しみんなが「評判」で選ぶ”ブランドの時代”、そしてこれからは自分に合ったものを誰でも簡単に「自分でつくる」、”パーソナライズの時代”という流れが国際的にも高まりつつあります。

Spartyは、「自分にマッチするものを探すのは難しい」という普遍的課題に対して、答えを提示するのではなく悩みを分かち合いながらデイリーケアをサポートし、リアルとデジタルを融合させたサービスとして提供することで既存産業を変革してまいります。

上記の実現のため、調達した資金とロレアルが有する戦略的専門知識・流通ネットワークなどを積極的に活用することで、パーソナライゼーションの普及や発展の最前線に立ち、より良いサービスを提供すべく努めてまいります。その舞台は日本のみならず、2024年を目処に世界へ本格進出を予定しております。そのほか、具体的な事業展開や新たな取り組みについては改めて発表いたします。


■コメント

日本ロレアル株式会社 代表取締役社長 ジャン-ピエール・シャリトン氏
日本は、世界のなかで最も洗練された影響力のある美容市場の一つです。日本では、パーソナライズされた顧客体験が高く評価されています。特に美容の分野では、“パーソナライズ” に関連する新しいトレンドやイノベーションが顕著に表れてきています。パーソナライズ美容の先駆者であり、日本のD2C市場を抜本的に改革してきたSparty 社と提携できることを大変うれしく思います。


株式会社Sparty 代表取締役 深山 陽介
Spartyを代表する「MEDULLA」は日本初*2のパーソナライズヘアケアブランドとして、これまで多くのお客様に寄り添い、成長を続けてまいりました。一方で、海外を含む競合各社も積極的にサービス展開を行っており、競争は今後も加速していくものと認識しております。このような状況のなか、ロレアルを少数株主に迎えることで、ヘアケアに限らないパーソナライズ領域において圧倒的なポジションを確立するとともに、さらなる事業成長を図ります。我々のパーソナライゼーションにおける実績と、世界の美容市場をリードするロレアルにより、日本および世界でさらに事業を拡大できると確信しております。*2:2021年12月 TPCマーケティングリサーチ㈱調べ/ユーザーの髪質や悩みに合わせてパーソナライズで製品を提供

■BOLD(Business Opportunities for L'Oréal Development)について
2018年に設立された仏・ロレアルグループのベンチャーキャピタルファンド。その使命は、高い成長が期待できる革新的な企業に投資し、ロレアルの専門知識、ネットワークなどによって優れた起業家を支援することです。新しいビジネスモデルに対してだけでなく、プラスチック汚染や、節水、エネルギー消費などの環境課題に対するサステナブルな解決策への支援も行っています。
URL:https://www.lorealboldventures.com/ 

■ロレアルについて
ロレアルは、100 年以上にわたって美に専念してきました。35 *の多様で補完的なブランドからなる独自の国際的なポートフォリオにより、グループは2020年に279億9000万ユーロの売上高を達成し、世界中で85,400人の従業員を雇用しています。世界有数のビューティーカンパニーであるロレアルは、マス市場、百貨店、調剤薬局・ドラッグストア、ヘアサロン、トラベルリテール、ブランドリテール、Eコマースなど、あらゆる流通ネットワークに展開しています。 研究とイノベーション、そして4,000人の研究専任チームは、ロレアルの戦略の中核であり、世界中の美への熱望を叶えるために活動しています。ロレアルは、2030年に向けてグループ全体で意欲的な持続可能な開発目標を掲げ、より包括的でサステナブルな社会に向けてエコシステムを強化することを目指しています。日本においては1963年から事業を開始し、1996年に日本法人である日本ロレアル株式会社が設立しました。*L’ORĒAL Annual Report 2021に基づく
URL:https://www.loreal.com/en/ 

■Spartyのミッションについて
「色気のある時代を創ろう」
私たちが信じる“色気”とは、その人本来の、人間らしい美しさのこと。
一見すると欠点に思えるようなことでも、その個性が他の誰にも真似できない唯一無二の美しさになる。
すべての人のそんな魅力を引き出すことこそ、私たちの使命です。  
ひとりひとり違うはずの個性や悩みにテクノロジーの力で寄り添う。  

みんなと同じ“いいもの”よりも、本当にその人に“合うもの”を届ける。 
そうやって、すべての人が、自分らしく輝ける毎日へとつながっていく。  

欠点だと思っていたものは、あなたの武器かもしれない。
嫌いだと思っていたものは、誰かの希望かもしれない。
そんな自分の可能性を、自分自身を信じられる時代を目指して。

■IRに関するお問い合わせはこちら
株式会社Sparty IR担当:ml_ceooffice@sparty.jp 

■ 会社概要 
社 名:株式会社Sparty
所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー4F
代表者:代表取締役 深山 陽介
設立年月日:2017年7月19日
事業内容:パーソナライズ×D2Cブランドの企画・販売
公式サイト:https://sparty.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Sparty >
  3. パーソナライズ×D2C事業を展開するSparty、第三者割当増資による資金調達を実施