アルビレックス新潟 国際交流基金アジアセンター サッカー交流inミャンマー実施のお知らせ

当クラブでは、独立行政法人国際交流基金アジアセンターのご協力のもと、ミャンマーにて当サッカースクールコーチの指導によるサッカー教室を開催いたしますのでお知らせいたします。
この活動は、独立行政法人国際交流基金、Jリーグが行っているサッカー交流事業の一環で、ミャンマーだけでなくASEAN各国に展開され、それぞれの国で各種アクティビティが行われています。
なお、当クラブのミャンマーでのサッカー教室は、今回が初開催となります。

■日程
2019年3月4日(月)~ 3月7日(木) 

■主催
・独立行政法人国際交流基金アジアセンター
・公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)

■目的
ASEAN各国とともに若手サッカー選手の育成に取組み技術向上を図るとともに、本活動を通じて日本のサッカーを体験し、日本に親しみを感じてもらうこと、また日本の指導者・スタッフも各国への理解を深め活躍の場を広げること。

 ■内容
滞在期間中に、現地の学校やチーム、団体を訪問し、サッカー教室を開催。対象もミャンマーの子どもたちからシニア世代の選手たちまで幅広くサッカー指導を行う。

 ■派遣コーチ
アルビレックス新潟スクール・普及部
小林弘幸、皆川祥大、佐藤征宏
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルビレックス新潟 >
  3. アルビレックス新潟 国際交流基金アジアセンター サッカー交流inミャンマー実施のお知らせ