「フェロー制度」の導入について

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下ISID)は、幅広い分野で、極めて高度な専門知識や技術、卓越した実績などを有する人材を、執行役員または上席執行役員と同等に処遇する「フェロー制度」を2021年1月1日より導入します。
ISIDは、企業ビジョンに「HUMANOLOGY for the future ~人とテクノロジーで、その先をつくる。~」を掲げ、競争力の源泉である人材力の強化に取り組んでいます。今般新設するフェロー制度は、社員の高度な専門性をさらに経営に生かすことを目的としており、フェローは経営層への提言や、新たなビジネス領域・顧客企業の開拓等を通してISIDの企業価値向上を実現する役割を担います。また、本制度の導入により、専門性の高い社員の一層のモチベーション向上を図るとともに、より高度な専門人材の採用も推進してまいります。

選任にあたっては、社内外の人材を問わず実施する予定で、任期は執行役員と同様1年単位とします。初年度となる2021年は、以下2名をフェローに選任します。

                                         (2021年1月1日付)
氏名 現職 新職
吉本 敦 シニアフェロー
事業統括補佐
専務執行役員
製造ソリューションセグメント長
酒井 次郎 フェロー
コーポレート統括補佐
コーポレート本部
経理部長

※シニアフェロー:上席執行役員待遇 フェロー:執行役員待遇

ISIDは今後も、人材力の強化を通して、ITを通じた顧客企業や社会の課題解決への貢献、ならびに当社グループのさらなる成長・事業拡大を目指してまいります。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社電通国際情報サービス >
  3. 「フェロー制度」の導入について