文教大学が、「(仮称)文教大学越谷キャンパス新棟建設工事」起工式を執り行いました

文教大学は、6月10日(木)、「(仮称)文教大学越谷キャンパス新棟建設工事」の起工式を、越谷キャンパスの建設予定地にて行いました。起工式は、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言を受け、規模を縮小し、関係者のみで執り行いました。
【本件のポイント】
・ 6月10日、2022年度完成予定の越谷キャンパス新棟の起工式を執り行いました
・ 越谷キャンパス新棟建設により、「新たな教育の展開」「授業運営の支障緩和」を図ります

 2022年度に越谷キャンパスに教室棟を新たに建築し、「新たな教育の展開」、「授業運営の支障緩和」を図ることを目的として、「(仮称)文教大学越谷キャンパス新棟建設工事」を2020年度より3年計画で実施しています。
 2021年度は、2020年度に作成した実施設計に基づき、建築工事を進める年となります。4月から着工されており、工事期間は約15か月、2022年6月末に全体竣工を迎える予定です。

 起工式では、学校法人文教大学学園理事長 野島正也、株式会社昭和設計代表取締役社長 千種幹雄様、大成建設株式会社常務執行役員建築営業本部長 中屋亮様により鍬入之儀、玉串奉奠などが行われたほか、同3名に加え、文教大学学長 中島滋がそれぞれ挨拶を行い、工事の安全を祈りました。
 

越谷キャンパス新棟完成イメージ①越谷キャンパス新棟完成イメージ①

越谷キャンパス新棟完成イメージ②越谷キャンパス新棟完成イメージ②

鍬入之儀 学校法人文教大学学園理事長 野島正也鍬入之儀 学校法人文教大学学園理事長 野島正也

参列者一同参列者一同

 


【(仮称)文教大学越谷キャンパス新棟建設工事概要】
工事名称 (仮称)文教大学越谷キャンパス新棟建設工事
工事場所 埼玉県越谷市南荻島3337番地
建築主 学校法人文教大学学園
監修者 前田慶太郎建築設計事務所
設計・監理者 株式会社昭和設計
施工者 大成建設株式会社
工期 自 2021年4月14日 ~ 至 2022年6月30日
構造 鉄筋コンクリート構造、一部鉄骨造
階数 地上 5階
敷地・建築・延床面積 (敷地面積)46,080.35㎡、(建築面積)994.70㎡、(延床面積)3,980.70㎡
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文教大学学園 >
  3. 文教大学が、「(仮称)文教大学越谷キャンパス新棟建設工事」起工式を執り行いました