弁護士ドットコムが医療機関を対象にクラウドサインの無償提供を開始

弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)が提供するWeb完結型クラウド契約サービスクラウドサインは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国内の病院・診療所・保健所・保健センター等の医療機関を対象に、厳しい状況にある医療現場の業務効率化、ペーパーレス化を支援するため「クラウドサイン」を無償で提供いたします。
クラウドサインで電子化が可能な雇用契約や売買契約にご利用いただき、より本業に集中できる環境づくりにお役立ていただけることを期待します。概要は以下の通りです。

・期間:2020年4月~2020年9月末  (収束の状況により延長する場合あり)
・目的:新型コロナウイルス対策の最前線で、厳しい業務が続いている医療機関の支援
・対象:医療機関(病院・診療所・保健所等)に対して、クラウドサイン スタンダードプランの無償提供


活用事例
・採用時の雇用契約書・労働条件通知書
・医療機器の申込書・売買契約書 など

申し込みフォーム
https://lp.cloudsign.jp/standard_subscribe_for_medical.html


このたびの新型コロナウィルス関連肺炎により影響を受けた方々の一日も早いご快復と、一日でも早い感染拡大の収束を祈願いたします。


■ 電子契約「クラウドサイン」 とは   https://www.cloudsign.jp/
「クラウドサイン」は「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため契約締結のスピード化を実現、郵送代・紙代・インク代、印紙代が不要なためコスト削減も可能です。契約書をクラウド上で一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを防ぎ、コンプライアンスの強化にもつながります。法律事務所から金融機関、上場企業などにも利用されており、導入社数6.5万社を突破した業界No.1のサービスです。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 弁護士ドットコム株式会社 >
  3. 弁護士ドットコムが医療機関を対象にクラウドサインの無償提供を開始