NECレッドロケッツ【バレー/Vリーグ】武蔵小杉周辺商業施設との清掃活動を実施

川崎市立橘高校出身の甲萌香選手をはじめ、10選手が商業施設の従業員・テナントのみなさまと共に清掃活動を実施した

NECレッドロケッツは9月4日(土)、川崎市武蔵小杉駅周辺の商業施設のテナントのみなさまとNECレッドロケッツの選手10名が各施設へ分かれ、清掃活動を実施した。

開会式ではNECレッドロケッツを代表して甲萌香選手から「明るく元気に武蔵小杉を綺麗にする日にしたいと思います!」と元気よく挨拶をし、清掃活動がスタートした。


清掃中は各施設テナントのみなさまとオリンピックの話やチームの話、テナントのみなさまのお仕事の話など会話が弾んだ。清掃後には「名前と背番号を覚えました!ぜひ応援させていただきます。」などといった言葉がレッドロケッツに贈られていた。

武蔵小杉駅周辺の商業施設の皆さまには日ごろからコラボイベントなどで協力していただき、地域団体として共に地域を盛り上げさせていただいております。各施設のみなさまと交流を深め、より一層川崎市の魅力を感じることができました。
参加していただきました施設従業員・テナントの皆さま、関係者の皆さま誠にありがとうございました。
今後もこのような清掃活動によりSDGsなど地域が抱える社会的課題の解決に向け真摯に取り組んでいき、少しでも地域に活力をお届けしてまいります。


安田美南選手コメント
私は昨年に引き続きららテラス武蔵小杉の皆さんと清掃活動をさせていただきました。2回目となりましたがバレーボールの練習のことやオフの日の話などのご質問をいただき、チームや私自身に少しでも興味を持っていただけたのではないかと思い、嬉しいです。また、みなさまと交流しながら行えた清掃活動はとても充実していて楽しい時間を過ごすことができました。またぜひやらせていただきたいです。

ららテラス武蔵小杉のみなさまと安田選手(下段右から2番目)、吉田選手(下段左から2番目)ららテラス武蔵小杉のみなさまと安田選手(下段右から2番目)、吉田選手(下段左から2番目)


 
<NECレッドロケッツ>
V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子) に加盟する女子バレーボールチーム。日本リーグで優勝1回、Vリーグでは優勝6回、黒鷲旗でも2回の優勝実績がある。2021年、これまでの歴史を継承しながら、更なる進化を遂げるためチームのリブランディングを実施し、ホームタウンを神奈川県川崎エリア、東京エリアとした。チームのエンブレムであるロケット胴体部の三層のラインは、ロケットに搭乗しているチーム、サポーター、コミュニティを表現。チームに関わるすべての皆さまに愛され、必要とされる欠かせない存在になることを目指す。
2021-22シーズンは「GO HIGHER!」のスローガンのもと、サポーター、コミュニティとともに日本一へ突き進む。

 
公式ウェブサイト: https://red.necrockets.net/
公式Twitter: https://twitter.com/nec_rr_official
公式Instagram: https://www.instagram.com/nec_rr_official/
公式Facebook:https://www.facebook.com/NECRedRockets.VL
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChNs9_g5YoFzWK1kZmTONyA
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本電気株式会社 >
  3. NECレッドロケッツ【バレー/Vリーグ】武蔵小杉周辺商業施設との清掃活動を実施