Filmarks調べ 映画初日満足度ランキング(2月第2週)発表

満足度第1位はブラッド・ピット主演作『マリアンヌ』

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年2月第2週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表しました。

この度、Filmarksでは2017年2月第2週に上映が開始された映画を対象に、2017年2月13日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出しました。

【映画初日満足度ランキング(2月第2週上映スタート作品)】
順位 作品タイトル ★スコア Mark!数
1位 マリアンヌ』(東和ピクチャーズ) ★3.83 905
2位 グリーンルーム』(トランスフォーマー) ★3.81 80
3位 相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!
特命係最後の決断
』(東映)
★3.71 192
4位 たかが世界の終わり』(ギャガ) ★3.69 903
5位 サバイバルファミリー』(東宝) ★3.60 326
6位 王様のためのホログラム』(ポニーキャニオン) ★3.06 97

1位:『マリアンヌ』についてのレビュー
ファッションも素敵。笑顔も素敵。甘え方まで素敵。(20代・女性)
切ないラブストーリーです 。 観た後にあまり重くならないのも魅力的です。(10代・女性)
悲恋映画と思ってたら立派なスパイ映画だった。(30代・男性)
後半のブラッド・ピットの表情の演技が目を引いた。主人公二人がとても絵になり、凄いキレイな映画の印象でした。(50代・男性)

2位:『グリーンルーム』についてのレビュー
アントン・イェルチン追悼という名目で足を運んだわけだけど、亡くなったことが悔やまれる良い演技をしていた。(20代・男性)
衝動的・狂気的なものだと思っていたら実に人間味溢れる深い映画だった。(20代・女性)
アントン・イェルチンが出演している。彼が生きた証を感じ取れる。それだけで充分観る理由になる。(30代・男性)

3位:『相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』についてのレビュー
相棒は基本おうちでテレビで見てたので、わざわざ映画館で見なくても…と思ったけど、映画館で見てよかった!!(20代・女性)
初日満席かつ年齢層も幅広い印象を受けたし 脚本良ければこれからもシリーズ続いて欲しいな、と素直に思いました。(30代・女性)
簡単に言うとオールスター感があった。今回は個人的に捜査一課の活躍が目立ってたように思った。(20代・男性)

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年2月13日時点のものです。

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

映画レビュー数2,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社つみき >
  3. Filmarks調べ 映画初日満足度ランキング(2月第2週)発表