ストレッチ業界のリーディングカンパニーnobitel、10月7日(柔軟/じゅうなん)をストレッチウェルの日に制定

世界190店舗以上展開するストレッチ専門店「Dr.stretch」を運営する株式会社nobitel(本社:東京都新宿区、代表取締役:黒川 将大)は、10月7日(柔軟/じゅうなん)を「ストレッチウェルの日」として制定したことをお知らせします。


この「ストレッチウェルの日」は、一般社団法人 日本記念日協会にて正式に認定されました。私たちnobitelは、ストレッチを健康習慣として根付かせるべく、より一層ストレッチを身近に感じていただきたいという想いからこの記念日を制定いたしました。

昨今では運営するストレッチ専門店「Dr.stretch」をご利用いただくお客様の中でも、コロナ禍の運動不足や、不安が続くなかで緊張が取れないといった不調を抱える方も少なくありません。このようななかで「ストレッチ」は、現代人のウェルビーイング(心身ともに健康な状態)にとって欠かせないものであり、ココロもカラダも柔軟になるための手段であると考えます。

そこで、ここからストレッチの新しい文化がスタートします。まずはストレッチ業界のリーディングカンパニーとして、世界190店舗で展開する「Dr.stretch」で提供し、プロアスリートも取り入れる独自技術「コアバランスストレッチ」を採用したセルフストレッチ体操「ストレッチウェル体操」を企画開発。今後、全国の皆さんに発信していきます。さらには自治体や各スポーツ団体、企業の皆様とストレッチウェルという価値観で様々な取り組みを目指してまいります。

■ストレッチウェルとは
「カラダ柔軟、ココロ柔軟 Stretch Well」
創業以来、私たちは「気持ちがいい」をキーワードとして風土を形成してきました。 行動基準を設け、役職者から新人スタッフまで考え方を浸透させています。一人ひとりが気持ちがいい行動を実践し感動体験を築き上げてきたことを踏まえ、 Stretch Well(ストレッチウェル)という新たな健康価値観が生まれました。そして、私たちはカラダもココロも絶好調な状態をStretch Wellと定義づけました。

■会社概要
社名:株式会社nobitel 
代表者:代表取締役社長 黒川 将大
所在地:東京都新宿区大京町22−1 グランファースト新宿御苑2F
設立:1993年10月
資本金(資本準備金を含む):4億8千15万6595円
社員数:1308名(アルバイト含)
事業内容:フィジカルフィットネス(Dr.stretch/WECLE)/EC・スポーツメディア/トラベル・ホテル/トレーナー育成スクール/デジタルソリューション/マーケティング
公式サイトURL:https://corporate.nobitel.jp/
Dr.stretch公式サイト:https://doctorstretch.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社nobitel >
  3. ストレッチ業界のリーディングカンパニーnobitel、10月7日(柔軟/じゅうなん)をストレッチウェルの日に制定