インフルエンサーマーケティング事業を展開するVAZが総額11億5200万円のシリーズCラウンドの資金調達を完了

 インフルエンサーマーケティング事業、エンターテイメント事業、メディア事業及び就職支援サービス事業を行う株式会社VAZ (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 泰輝)は、2017年6月から2018年3月までの期間に、第三者割当増資を行い、総額11億5200万円のシリーズCラウンドの資金調達をこの度完了いたしましたことをお知らせいたします。

 シリーズCラウンドでは、合計21名の投資家から資金調達をしております。詳細は以下のとおりです。なお、投資家の名称は50音順に記載しております。

【シリーズCラウンドの投資家】
<既存株主からの引受先>
 ・コロプラネクスト1号ファンド投資事業有限責任組合(株式会社コロプラネクスト運営)
 ・株式会社ホリプロ
 ・株式会社読売テレビエンタープライズ

 <新規引受先(事業会社)>
 ・共同ピーアール株式会社
 ・株式会社ドワンゴ
 ・株式会社フリークアウト・ホールディングス
 ・フロンティアエージェント株式会社
 ・PERSOL INNOVATION FUND合同会社、他1社

 <新規引受先(ベンチャー・キャピタル・ファンド)>
 ・オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合(株式会社オプトベンチャーズ運営)
 ・みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合(みずほキャピタル株式会社運営)
 ・Skyland Ventures
 ・SPE1号投資事業有限責任組合(株式会社GCM運営)

<新規引受先(個人投資家)>
 ・恵島良太郎 氏
 ・大湯 俊介 氏
 ・久保 直之 氏
 ・玄 君 先 氏
 ・田口 茂樹 氏
 ・田中陽加満 氏
 ・宮地 俊充 氏、他1名

 調達資金は、主に、人材採用など当社の業容拡大にかかる資金と中卒・高卒・専門卒・及び大学中退などの非大卒を主な対象とした就職支援サービス「バズキャリア」の就職支援サービス事業の成長資金として充当してまいります。

 就職支援サービス「バズキャリア」は、今後、未曾有の高齢化社会を迎え、就労人口が減少する日本において、この非大卒人材を人手不足が顕著なIT産業など成長産業へ斡旋することにより、国内における労働資源の最適化を目指すという高い社会性が特徴です。

 当社では、本第三者割当増資による調達資金を事業推進に活かし、『社会課題を解消する新たな価値や仕組みの創造と、人々の心を動かすコンテンツの発信で、世界を豊かな未来へ導くクリエイティブカンパニー』を目指して、より一層、努力してまいります。



株式会社VAZについて
VAZ は YouTube や Twitterなどで活躍する有名人70名以上をマネジメントする日本最大級のインフルエンサープロダクションです。また、若年層に対するリーチ力を生かしたメディア事業や就職支援サービス事業を展開しています。
社     名:株式会社VAZ
代  表  者:代表取締役社長 森  泰輝
所  在  地:東京都渋谷区神宮前3-1-30 Daiwa青山ビル4F
事 業 内 容:インフルエンサーマーケティング事業、エンターテイメント事業、メディア事業、就職支援サー         ビス事業
設     立:2015年7月
資  本  金:1,350,010,006円(資本準備金含む)
U  R  L:http://vaz.co.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社VAZ >
  3. インフルエンサーマーケティング事業を展開するVAZが総額11億5200万円のシリーズCラウンドの資金調達を完了