高知県仁淀川町での防災訓練の実施に協力。リアルタイム配信システムと連携したドローンおよびスマートフォンを活用して、大地震発生後の被災状況の把握における有用性を確認しました。

 一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(所在地:東京都千代田区、理事長:稲田 悠樹、以下 EDAC[イーダック])は、2019年11月3日(日)に高知県仁淀川町にて、仁淀川町主催による『令和元年度仁淀川町防災訓練』への実施協力を行いました。

<リアルタイム映像配信システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」の閲覧画面>
オレンジ枠で囲ったエリア内を重点的に撮影するように指示を出した

 防災訓練では、南海トラフ地震の発生を想定し、情報伝達訓練、消防団による救出活動、応急対策訓練(医療救護所開設等)を実施。防災関係機関の連携強化並びに町民の地震防災意識の高揚を図りました。この訓練でEDACは、リアルタイム情報配信システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」と連携したドローンおよびスマートフォンを用いて、災害現場の情報収集を支援しました。

<応急対策訓練の様子>

 今回の防災訓練では、リアルタイム情報配信システム「Hec-Eye」を活用し、ドローンおよびスマートフォンで取得した複数地点の被災現場情報を、リアルタイムで遠隔にある対策本部へ共有し情報収集を行いました。ドローンを活用することで、一度により広範囲を捜索できるようになったことに加え、リアルタイムで更新される位置情報を活用しより効率的な被害状況の把握を遂行できることを、ご確認いただきました。

 今後もドローンをはじめとする先端技術の活用等を推進していくため、Hec-Eyeを活用した模擬訓練やセミナーを、自治体と連携して各地で実施していく予定です。

<防災訓練当日の様子>

 

【お問い合わせ先】
EDAC会員のお申し込みやセミナー開催等のご相談は、以下の窓口までお気軽にお問合せください。
 ■EDAC事務局
 担当:丸亀(まるがめ)
 電話 : 03-5413-7398
 メール: info@edac.jp


【Hec-Eyeについて】
「Hec-Eye」はリアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスです。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されています。

「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。

↓↓↓Hec-Eyeに関する詳しい紹介記事はコチラ↓↓↓
https://smartiot-forum.jp/iot-val-team/iot-case/case-realglobe

《Hec-Eyeに関するお問い合わせ》
Hec-Eyeに関するご相談や導入、代理店販売、セミナー依頼等に関するお問合せは、以下の窓口までお願いいたします。
 株式会社リアルグローブ Hec-Eye問合窓口
 ■電話   :03-6380-9372
 ■メール:pr@realglobe.jp


【リアルグローブについて】
社名      :株式会社リアルグローブ
本社所在地   :〒101-0061
         東京都千代田区神田三崎町2-20-4 八木ビル201
代表取締役社長 :大畑 貴弘
URL      :https://realglobe.jp/


【EDACについて】
団体名     :一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等
         自動支援システム活用推進協議会(通称:EDAC)
代表者     :稲田 悠樹
実績紹介    :https://bit.ly/32pZQWT
URL      :https://www.edac.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. EDAC >
  3. 高知県仁淀川町での防災訓練の実施に協力。リアルタイム配信システムと連携したドローンおよびスマートフォンを活用して、大地震発生後の被災状況の把握における有用性を確認しました。