訪問看護のソフィアメディは、リクナビNEXT主催 第6回「GOOD ACTIONアワード」にて、ワークスタイルバリエーション賞を受賞いたしました。

​訪問看護ステーションの運営を中心に、在宅医療事業で全国展開するソフィアメディ株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:山本遼太郎)は、社会人のための転職情報サイト 「リクナビNEXT」が主催する第6回「GOOD ACTIONアワード」において、ワークスタイルバリエーション賞を受賞いたしました。
【GOOD ACTIONアワードとは】
働き方の多様化が求められる現代において、一人ひとりがイキイキと働くための職場の取り組みに光をあてるプロジェクトです。
https://next.rikunabi.com/goodaction/
 
【ワークスタイルバリエーション賞とは】
働き手のバリエーションを多様化することに貢献したアクションに贈呈される賞です。

【受賞のポイント】
1.ビジョン・ミッション・スピリッツに基づく抜本的な働き方改革
2.訪問看護の現場で働く人が本当に必要とする合理的な施策
3.働く上でのわだかまりと向き合い、現場視点で施策を浸透

【ソフィアメディ株式会社の取り組み概要】
https://next.rikunabi.com/goodaction/archive/2019/03/
心置きなくお客様に寄り添えるよう、本当に役立つ支援を。 
訪問看護で社会課題を解決するための働き方改革「ソフィアWOW!」


訪問看護の現場で働くスタッフを支えるため、独自の働き方改革「ソフィアWOW!」(Work for Our Wonderful life!)を実行。2時間単位で取得可能な有給休暇や育休明けスタッフの正社員再登用、仕事・プライベートのどちらでも相談できる弁護士ホットライン、定年後の再雇用上限75歳への引き上げ、やむを得ない事情で退職したスタッフの職場復帰支援などを制度化しました。 また、同性同士の事実婚に祝い金を支給したり育児休暇を適用したりといったLGBTQのスタッフの働き方支援など、多様な人材が活躍できるようにするための制度も整えています。 これらの結果、直近2年で大きく事業展開を行い拠点数・従業員数ともに飛躍的に増加する中で、離職率は逆に大幅に低下させ、より充実したサービスを提供できる体制となりました。

【取り組みへの思い】
日本の社会課題である在宅医療を拡充させるために、現場で働く訪問看護スタッフが健康で、幸せに働き続けられるようにしたい。ソフィアメディの事例を発信することで訪問看護だけでなく異業種の働き方改革にも希望を届けたいという思いで取り組んでおります。

【ソフィアメディ株式会社について】


社名:ソフィアメディ株式会社
所在地:東京都品川区西五反田1-3-8
代表取締役社長:山本 遼太郎
設立:平成14年8月
URL:http://www.sophiamedi.co.jp/ 
訪問看護を中心に在宅医療サービスに特化し、創業18年目となります。ステーション数、お客様数、専門職スタッフ数において都内最大級です。
「安心であたたかな在宅療養を日本中にゆきわたらせ、ひとりでも多くの方に、こころから満たされた人生を。」というビジョンのもと、全国展開を進めています。年齢、疾患、障がいの度合いに関わらず、すべての方の「おうちで過ごしたい」という気持ちに向き合うため、地域の皆様と連携し、理想の在宅療養を実現してまいります。
 
【本件に関するお問い合わせ先】
ソフィアメディ株式会社 広報:山本
TEL:03-6420-3875
MAIL:info@sophiamedi.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. ソフィアメディ株式会社 >
  3. 訪問看護のソフィアメディは、リクナビNEXT主催 第6回「GOOD ACTIONアワード」にて、ワークスタイルバリエーション賞を受賞いたしました。