絶対に外さない!「おすすめの異世界マンガ ベスト100ランキング」結果発表!

1位は「スライム」への転生で注目を集めたヒット作「転スラ」!TOP10には人気急上昇中の女性向け異世界マンガもランクイン

凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLive(本社:東京都港区・代表取締役社長:淡野 正・以下、当社)は、運営する総合電子書籍ストア「BookLive!」において、【読者が選ぶ、絶対に外さない!おすすめ異世界マンガ ベスト100ランキング】ページを8月29日(木)より公開しました。
この【読者が選ぶ、絶対に外さない!おすすめの異世界マンガ※1 ベスト100ランキング】の実施に際して、BookLive! ユーザーを対象に行った、アンケートの結果を発表いたします。

※1 主にライトノベルを中心に流行している作品の形式の一つ。現代日本に生きる主人公が、ファンタジーやロールプレイングゲーム的な世界に転生する物語をマンガで表現したもの。​

 
  • 調査概要
・調査タイトル:おすすめの「異世界マンガ」に関するアンケート
・調査期間:2019年8月2日~8月4日
・調査方法:BookLive!会員に対してアンケートメールを送付。フォームより回答
・調査対象:過去1年間にマンガジャンルの作品を購入したBookLive!ユーザー
・投票数:4,034票
 
  • ランキングTOP10タイトル

  • ランキング11位以下はこちら
★読者が選ぶ、絶対に外さない!おすすめの異世界マンガ ベスト100ランキング★
投票数が多かった上位100作品をランキング形式で紹介。
https://booklive.jp/feature/index/id/isekaicomic100

 

  • 調査結果サマリー
===============================================================
・ランキング上位10作品の内、9作品を「小説家になろう ※2」に投稿・連載された小説のコミカライズ作品が独占
・1位、『転生したらスライムだった件』は、「BookLive! 2019年上半期ランキング」でも上位にランクインしたヒット作品
・10位『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』は、人気急上昇中の女性向け異世界マンガ


※2 株式会社ヒナプロジェクトが運営する投稿型小説サイト
===============================================================

ランキング上位は「小説家になろう」発の原作小説のコミカライズ作品がほぼ独占
上位10作品は全てweb小説サイトに投稿・発表された小説のコミカライズ作品となりました。また、4位『幼女戦記』以外の9作品を、「小説家になろう」に投稿された小説のコミカライズ作品が独占。もともと原作小説が好きでコミカライズも読むようになった、というコメントも多数見られ、原作・コミカライズ両方で作品の世界を堪能する読者も多いようです。

1位、『転生したらスライムだった件』は、「BookLive! 2019年上半期ランキング」でも上位にランクインしたヒット作品
1位の『転生したらスライムだった件』は、通り魔に刺され、死亡した37歳の会社員が、異世界でスライムに転生する物語。転生した姿が人間ではなく、モンスターである「スライム」という、目新しい設定で注目を集めました。
本作は、「BookLive! 2019年上半期ランキング」において<少年・青年マンガ>ジャンルで6位、原作小説が<ライトノベル>ジャンルで2位にランクインしたヒット作品。2018年秋にはアニメ第1期が放送され、2020年には第2期の制作も決定しており、まさに「絶対に外さない」作品といえます。

10位『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』は、人気急上昇中の女性向け異世界マンガ
10位、『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』は、女性の主人公が大好きな乙女ゲームの悪役令嬢に転生する物語。ゲームのシナリオ通りであれば、ヒロインにキツく当たり、当て馬となる役どころですが、なぜか隣国のイケメン王太子に求婚され…? 乙女ゲームのヒロインではなくライバルに転生するという斬新な設定と、ライバルなのに王太子に溺愛されるというどんでん返しのストーリーで、女性読者からの熱い支持を獲得しています。
 
  • ランキングTOP10を投票コメントと共に紹介します
1位:『転生したらスライムだった件』

©伏瀬・川上泰樹/講談社
https://booklive.jp/product/index/title_id/60002633/vol_no/001

 


「最弱なはずのスライムがまさかの激強!戦闘シーンはカッコいいし、ほのぼのシーンは面白いし、誰でも一度は読んで欲しい作品です!」
「スライムがとにかく可愛くて癒されます」
「原作小説の面白さはそのままに、美麗なイラストで丁寧に描かれたコミカライズ作品」

2位:オーバーロード

©2012 Kugane Maruyama ©Hugin Miyama 2015 ©Satoshi Oshio 2015
https://booklive.jp/product/index/title_id/323220/vol_no/001

「絵にするのが難しそうなシーンの多い原作小説を、コミカライズでどう表現しているかを見るのも楽しい。」
「『異世界モノ』の始祖で、レジェンドといえる作品。まだまだ解明されていない謎が多く、現在も終わりが予測できない。」
「主人公が骨というぶっ飛んだ設定とギャグ、たまに入るシリアスモードのメリハリが効いていて、読んでいて飽きない。」

3位:『盾の勇者の成り上がり』

©Aiya Kyu ©Aneko Yusagi
https://booklive.jp/product/index/title_id/269975/vol_no/001

「虐げられても、仲間を思い頑張る主人公に感涙します。」
「正しい行いをすれば自然と周りが付いてくる…心に刺さる。」
「不遇だった盾の勇者が周囲から認められていく様子に元気づけられる。同時に、世界の謎が徐々に明かされ…読んだら止められません!」

4位:幼女戦記

©Chika Tojo 2016 ©2013 Carlo Zen
https://booklive.jp/product/index/title_id/414722/vol_no/001

「異世界マンガの傑作といえば、『幼女戦記』は外せない。キレ者ビジネスマンが航空魔導士の幼女に。全然ライトじゃない、ハードな戦争マンガ。」
「とても可愛らしい幼女(見た目のみ...性格は苛烈)の中身が実はおっさんというギャップに驚きつつ、ストーリーと絵にとても引き込まれる。」
「原作小説に忠実なため文章量が多く、それだけに読み応えがある」

5位:この素晴らしい世界に祝福を!

©MASAHITO WATARI ©NATSUME AKATSUKI, KURONE MISHIMA
https://booklive.jp/product/index/title_id/310130/vol_no/001

「転生して強くなったり、特殊な能力を手に入れたりするのがお約束の『異世界モノ』なのに、この主人公はまさかの普通。そして仲間の女性キャラが残念な子ばっかりで、主人公もなかなかのクズ。ギャグ要素満載で面白い。」
「異世界ギャグマンガとして頭一つ抜けた良作。主要キャラが総じて良い味を出しているのと、主人公の小狡さで延々と楽しませてくれます。」

6位:ありふれた職業で世界最強

©RoGa ©白米良/オーバーラップ
https://booklive.jp/product/index/title_id/421429/vol_no/001

「心優しくも気弱だった主人公が復讐に燃えて別人に変貌するシリアスさと、『ありふれた職業』である“錬成師”の能力を逆手に取って戦う面白さにハマる。」
「原作小説も全て読んでいますが、原作の世界観を見事に再現。ストーリーのテンポも良い!」

7位:異世界居酒屋「のぶ」

©蝉川夏哉・転/宝島社 ©ヴァージニア二等兵/KADOKAWA
https://booklive.jp/product/index/title_id/352113/vol_no/001

「とにかく料理が美味しそう!ただの居酒屋飯なのに、異世界の人にとっては見たことのないご馳走だっていう発想が斬新。」
「異世界で日本人が料理を出す、ただそれだけのことなのですが、登場人物達の人間関係やほっこりエピソードどを読んでいるうちに心が暖まります。」
「料理の描写が丁寧で、見ていてお腹が空きます!」

8位:賢者の孫

©Shunsuke OGATA 2016 ©2015 Tsuyoshi Yoshioka・Seiji Kikuchi
https://booklive.jp/product/index/title_id/412143/vol_no/001

「主人公とヒロインがうぶ過ぎて可愛い。悶える。主人公の圧倒的な力で敵を秒殺するのが爽快。」
「主人公が強すぎて安心して読める。」
「最強でリア充な主人公がうらやましい」

9位:Re:ゼロから始める異世界生活

©Daichi Matsuse 2014 ©Tappei Nagatsuki 2014
https://booklive.jp/product/index/title_id/288814/vol_no/001

「人間らしい主人公に好感が持てる。転生した世界で、主人公は死して時間を巻き戻す『死に戻り』という能力を得るが、その利点だけでなく不利益もリアルに描かれていて面白い。」
「救いようの無い地獄。たまの休憩が心地よい。個性的なキャラが素敵すぎる」
「泣ける異世界マンガ」

10位:悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

©Hoshina 2018 ©Punichan 2018 ©Akeno Naruse 2018
https://booklive.jp/product/index/title_id/527631/vol_no/001

「主人公が悪役令嬢に転生し、悲しい展開になると思いきや、幸せになって、でも、まだまだ試練があって…次にどうなるのか、毎回気になる作品です」
「悪役令嬢が隣国の王太子に溺愛されるようになり、ほのぼの生きられるのかと思いきや、いろんな事件が巻き起こって…!? これぞ乙女ゲーム!」
「マンガの絵柄が好み!内容もキュンとして、何度も見返したくなる」
 
  • ランキング11位以下はこちら
★読者が選ぶ、絶対に外さない!おすすめの異世界マンガ ベスト100ランキング★
投票数が多かった上位100作品をランキング形式で紹介。
https://booklive.jp/feature/index/id/isekaicomic100

 

当社は今後も、さまざまな電子書籍作品を配信し、ユーザーの皆さまに便利で楽しい読書体験を提供してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
総合電子書籍ストアBookLive!」概要
「BookLive!」は、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しております。

●総合電子書籍ストア「BookLive!」https://booklive.jp/
●公式Twitter https://twitter.com/BookLive_PR

≪『使いやすい電子書籍スト『本棚が使いやすい電子書籍ストア』2部門でNo.1を獲得≫
2018年10月に、「電子書籍・電子コミックに関する調査」(実査委託先:ESP総研)において、「使いやすい電子書籍ストアNo.1」「本棚が使いやすい電子書籍ストアNo.1」の2部門で第1位を獲得しました。※

※ 2018年10月度調査 /アンケート名称:電子書籍・電子コミックに関する調査/ 実査委託先:ESP総研

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
URL: https://www.booklive.co.jp/

本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BookLive >
  3. 絶対に外さない!「おすすめの異世界マンガ ベスト100ランキング」結果発表!