リーグ・オブ・レジェンド、国内プロリーグ「LJL」への登竜門『LJL 2019 スカウティング・グラウンズ』開催!実践形式のパフォーマンスをプロチームがスカウト

【参加募集期間】2月13日(水) ~2月18日(月)

[予選]3月3日(日)~ 3月31日(日) [最終選考会]4月19日(金)
各試合の模様はLJL公式Twitchチャンネルで配信

世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」(League of Legends、以下LoL)の国内プロリーグ「LJL(League of Legends Japan League)」(主催:合同会社ライアットゲームズ、運営:株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー、株式会社プレイブレーン)は、LJLに参加を希望するプレイヤー向けの合同トライアウト『LJL 2019 スカウティング・グラウンズ』を開催します。本イベントでは、予選および最終選考会での実践形式による参加者のパフォーマンスをLJL各チームがスカウトします。参加者は、その評価しだいで各チームと契約交渉を行うことができ、契約成立となった場合はLoLのプロ選手となります。


◇『LJL 2019 スカウティング・グラウンズ』の実施概要: https://jp.lolesports.com/news/ljl2019-jpscoutinggrounds-launch

『LJL 2019 スカウティング・グラウンズ』の参加募集期間は、本日2月13日(水)より2月18日(月)までです。選考は、オンライン予選[期間:3月3日(日)~3月31日(日)]と、予選成績上位15名による最終選考会[4月19日(金)/ 会場:ヨシモト∞ホール]により行います。最終選考会では、LJLプロチームとの試合などを実施予定です。各試合の模様は、LJL公式Twitchチャンネルで放送します。プロ選手へとつながる『LJL 2019 スカウティング・グラウンズ』にどうぞご注目ください。

 

  • 『LJL 2019 スカウティング・グラウンズ』実施概要
【日程】
[予選]
 3月3日(日)、3月10日(日)、3月17日(日)、3月24日(日)、3月31日(日)の計5回実施
[最終選考会]
 4月19日(金)/ 会場:ヨシモト∞ホール

【内容】
予選は運営が指定した計8チームにて3月3日から3月31日の毎週日曜日にチーム対抗戦(BO1)を合計5回実施予定。その結果をもとに上位15名は最終選考会に参加することができます。
最終選考会ではLJLプロチームとの試合などを行い、その後(LJL各チームの任意により)参加者と契約交渉を行います。

【参加要件】
・日本サーバーでプレイしていること
・日本在住であること
・応募時点で2019シーズン最高到達ランクがDiamond3以上であること
・応募時点で名誉レベルが2以上であること
・「サモナーの法典」(https://jp.leagueoflegends.com/ja/featured/new-player-guide/summoners-code)の精神に則りプレイできること
・応募時点で満17歳以上であること
・(未成年の場合)親権者の同意が事前に得られること
・現在LJLプロチーム、またはそれに関連する組織に所属していないこと

【参加方法】
2月13日(水)より2月18日(月)の期間に所定の応募フォーム(https://fs29.formsite.com/PlaybrainLJL/254nmzsyhs/index.html)より応募

【選考人数】
55名(内40名が予選参加、15名がリザーバー(控え選手)当選)
※予選参加40名の欠場者がでた場合リザーバー当選者が参加権利を得る
※予選参加者、リザーバーは下記の選考基準に準ずる

【選考基準】
2月19日0時0分時点でのソロキューランク上位者より順に選定
日本サーバーでのソロキュー順位の高いプレイヤーから優先して選出
応募者の希望ポジションに偏りがある場合は、順位が低いプレイヤーを優先
当選者(控え枠を含む)にはメールにて通知

※「LJL 2019 スカウティング・グラウンズ」公式ルールブック: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ljl-assets/assets/LJLRulesetScoutingGrounds_2019_20190207_ver1.1.pdf

※ 各試合の模様はLJL公式Twitchチャンネル(https://www.twitch.tv/riotgamesjp)で配信予定です。
※ LJL公式Twitterアカウント: https://twitter.com/Official_LJL

 
  • ライアットゲームズ
「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界19ヶ所にオフィスを展開。(2017年3月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。
ライアットゲームズ: https://www.riotgames.com/ja
 
  • よしもとクリエイティブ・エージェンシー
吉本興業株式会社の子会社として2007年10月に設立。本社は大阪府大阪市中央区難波千日前にあり、所属するタレントのマネジメントやエージェントを行うと同時にテレビ・ラジオ番組や演芸・演劇の制作・配給・興行を行っている。
吉本興業: http://www.yoshimoto.co.jp/

 
  • プレイブレーン
プレイブレーンは、ゲーム業界を専門としたクリエイティブエージェンシーです。ブランディング及びマーケティング活動のサポート、広告物の制作、コミュニティ及びeSports関連の放送制作業務を主としております。 また、ゲーマー同士がゲーム戦略について討論を行うゲーム攻略プラットフォーム「DEKKI」の開発/運営も行っております。
プレイブレーン: http://playbrain.jp/

 
  • リーグ・オブ・レジェンド
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称 MOBA)と呼ばれる5人対5人を基本とした対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力に RPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eスポーツの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「League of Legends World Championship」は視聴者数5760万人を記録するなど大きな注目を集める。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。
リーグ・オブ・レジェンド: http://jp.leagueoflegends.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社ライアットゲームズ >
  3. リーグ・オブ・レジェンド、国内プロリーグ「LJL」への登竜門『LJL 2019 スカウティング・グラウンズ』開催!実践形式のパフォーマンスをプロチームがスカウト