第2回 AI・人工知能EXPOへの出展のお知らせ

オンキヨー株式会社は、2018年4月4日より、東京ビックサイト(東京都江東区)にて開催される第2回 AI・人工知能EXPOに出展いたします。


AI・人工知能EXPOは、AI技術・サービスを提供する企業や研究機関が集う展示会で今回が第2回目となります。昨年初開催にして3日間で42,000人を記録し、多くのメディアで取り上げられるなどAI関連企業にとって最も注目される展示会となっています。

 当社としては、“オンキヨーからはじまる AIビジネスがここに”と題し、独自AIである「Onkyo AI」を中心に、国内で初展示となるAIスマートオートモーティブやAIスマートウェアラブルなど商品形態での展示に加え、スマートホーム提案の展示、更にはAIと人とのインターフェースとして欠かせない「音」に関する技術・キーパーツなどの展示・提案を行ってまいります。

【主な出展内容】
   音とAIの融合 オーディオ技術とAIを組み合わせることで、より良い音による新しい価値をご提案します。

 
■ スマートホーム提案、AI機能付ウォールマウントスピーカー (参考出品)
    バスルーム全体に心地よい音楽を響かせるウォールマウントオーディオシステム(X-WM300)に AI機能を搭載したオーディオシステムを参考出品します。当社が考える、どこでも使えるAIをバスルームでの利用を想定した提案を行います。
 
■ AIスマートオートモーティブ(参考出品)
   SIM/バッテリーを搭載したスマートスピーカー。ノイズが多い車内でも音声認識を高め、聞き取りやすいAIアシスタント音声を実現しており、いつでもどこでも使える新しいタイプのAI対応製品をご紹介します。
関連リリース:http://www.jp.onkyo.com/news/information/topics/20180226_PR_AISA_MWC2018.pdf

■ AIスマートウェアラブル(参考出品)
    首にかけて装着するスマートスピーカー。ヘッドホンやイヤホンのように耳をふさぐことなく、身につけながらでも快適に利用できるAI対応製品をご紹介します。
関連リリース:http://www.jp.onkyo.com/news/information/topics/20180109_PR_AISW_CES2018.pdf

■ スマートスピーカー/イヤホン
   装着したままAI機能を声で起動させることができるノイズキャンセリングイヤホンRAYZ(パイオニア)シリーズを始めとして、販売中のスマートスピーカーG3(オンキヨー)、4月より一般販売が開始されるスマートスピーカーP3(オンキヨー)をそれぞれ展示します。

関連情報:
特設AIサイト:http://www.jp.onkyo.com/ai/
P3一般販売:http://www.jp.onkyo.com/news/information/topics/20180330_PR_P3_sales.pdf


■ 加振器・スマートスピーカー向けウーファーなど
  AIとのインターフェースとなる音に関連したスピーカーや加振器、スマートスピーカーG3にも採用しているフローティング構造の筐体非接触型マイクなど、AIに関連した種々の技術を展示します。

 
【第2回 AI・人工知能EXPO概要】
  会   場: 東京ビッグサイト (所在地:東京都江東区)
  当社ブース: 東3ホール ブース番号1-39
  期   間: 2018年4月4日(水)~4月6日(金)
  公式サイト: http://www.ai-expo.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オンキヨー株式会社 >
  3. 第2回 AI・人工知能EXPOへの出展のお知らせ