35歳以下のビジネスパーソン400人に聞く「忘年会」に関する調査

「忘年会は普段話せない人と話せる貴重な機会」と考える若手が半数以上、6割以上が「自分がチームをまとめる立場になったら忘年会は実施する」

企業や組織へチームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ「チームワーク総研」は、『職場のチームワークに関する調査』の第1弾として、35歳以下のビジネスパーソン400人に「忘年会」に関する調査を行いました。
[調査概要]
◆調査対象:35歳以下のビジネスパーソン 男女200名ずつ 計400名
◆調査期間:2018年11月22日(金)~25日(日)
◆調査方法:インターネット調査

◾️約8割の職場で忘年会を実施
現在所属している部署などでの忘年会の有無を尋ねた質問では、「忘年会実施の予定がある」と答えた方が約8割でした[図1]。
 


忘年会への参加具合を尋ねた質問では、約半数の人が「一次会まで」と回答しました[図2]。男女別にみると女性の約6割は「一次会まで」と回答しており、男性は「2次会まで」と回答した方が4割強と一番多い結果となりました。「三次会まで」と回答した全体10%のうち8割は男性でした[図2-1]。
 

 


仕事がある日のランチ時間を利用した「ランチ忘年会」の有無を尋ねた質問では、無し派が有り派を少し上回りました[図3]。

 


ランチ忘年会を「あり」と回答した人の理由としては、「子どもがいて参加できない人も対応できる(30歳/女性/東京都)」といった夜の時間の制限がある場合を考慮した回答や、「効率的(29歳/男性/大阪府)」のような、ランチ時間という時間制限を良しとする意見などがありました[図3-表1]。

[図3-表1]
ランチ忘年会に「あり」と回答した理由(自由回答)
とても効率的で合理的(35歳/男性/東京都)
時間が限られてるので間延びしない(33歳/女性/東京都)
お子さんがいる家庭だと夜の忘年会に参加が難しい人もいると思うから(28歳/女性/広島県)
家庭の事情などで夜時間をつくれない方もいるから(32歳/男性/北海道)
時間が遅くまでかからないため(31歳/男性/鹿児島県)

 

「なし」と回答した人の理由としては、「交代で食事に行くため無理(34歳/女性/神奈川県)」といったランチ時間設定がそもそも一斉でない状況であるほか、お酒が飲めないためとした回答や、終わったあと仕事したくないといった回答が多くありました[図3-表2]。

[図3-表2]

ランチ忘年会に「なし」と回答した理由(自由回答)
アルコールが飲めない(32歳/女性/愛知県)
感情優位の時間帯である夜の方が適当かと。また、お酒も飲みたい。(30歳/男性/東京都)
勤務時間がバラバラなので不可能(26歳/男性/神奈川県)
ランチ時間だと、午後の仕事があり、どこか「仕事のことを忘れて楽しむ」ことが出来ない気がする。(28歳/男性/新潟県)
言いたいことが言えない。(30歳/男性/富山県)

 

忘年会が普段の仕事を円滑に進めるための良い機会になっているかどうかを尋ねた質問では、半数以上の人が「良い機会となっている」と回答しました[図4]。
 


[図4-表1]

忘年会は「良い機会である」と回答した人の理由(自由回答)
普段話せないようなことも話せて、それが仲良くなる切っ掛けになるから (27歳/男性/愛知県)
なんだかんだ色々つもり積もった話ができるから (28歳/女性/埼玉県)
仕事中だと忙しくて、なかなかゆっくり話す機会がない人も多いから (34歳/女性/北海道)
飲みニケーションが減ってきているから、節目にいい機会だと思う (26歳/男性/神奈川県)
忘年会がきっかけで普段話さない人とも話すようになったので (31歳/男性/静岡県)


一方で4割の人が「良い機会だとは思わない」とも回答しており、その理由としては「飲み会での交流は役に立たない(24歳/女性/富山県)」といった、仕事と飲み会は別とした考え方や、「面倒(33歳/男性/千葉県)」といった意見も多くみられました。

[図4-表2]

忘年会は「良い機会だとは思わない」と回答した人の理由
取引先との忘年会を行わずとも良い関係が築けているので、あまり関係が無いと思う (32歳/男性/東京都)
大人数で開催すれば話せる人も時間も限られる。記憶に残りにくい (32歳/女性/千葉県)
面倒くさい (35歳/男性/新潟県)
仕事とは別の世界。そんなことで評価されても意味がない (33歳/男性/愛知県)
お酒の席でのコミュニケーションは仕事とは関係がないと思うから (24歳/女性/愛知県)

 

また自分自身が、チームをまとめる立場となったときに(現在そういう立場の人も含めて)忘年会を実施するかどうかを尋ねた質問では、65%の人が「実施する」と回答しました[図5]。

前の質問とクロス集計してみたところ、「忘年会を良い機会だと思わない」人のなかでも、約4割の人が「チームリーダーになったら忘年会は実施する」と回答しておりました[図6]。
その理由としては、「年末の恒例行事なのでとりあえず行うと思う(31歳/男性/鹿児島県)」「希望をとってから決めたいと思う(23歳/女性/福井県)」「硬くならずに自由を楽しむをモットーにやるなら実施すると思う(31歳/男性/栃木県)」「日頃の感謝を込めてしたいと思う(31歳/男性/広島県)」といった回答があり、気軽な形や希望者が多ければ実施したい、という気持ちが見えてきました。
 


[図5-表1]

チームをまとめる立場になったら(立場の場合)、忘年会を「実施する」と回答した人の理由(自由回答)
数少ない職場の飲み会だから(35歳/男性/群馬県)
私自身が下っ端の頃はいいコミュニケーションの場だったので(34歳/女性/大阪府)
意識して企画しないと、なかなか職場のメンバーと関わる機会が持てないから。(30歳/女性/神奈川県)
各個人のプライベートな事柄も含め、最適な業務平準化を推進するため(33歳/男性/埼玉県)
和気あいあいと仕事できるようにチームの人のことを知りたい(27歳/女性/埼玉県)

 

[図5-表2]

チームをまとめる立場になったら(立場の場合)、忘年会を「実施しない」と回答した人の理由(自由回答)
忘年会じゃなくてもよい(35歳/男性/神奈川県)
求められたらやるが、そうでないなら煩わしいのでやらない(35歳/男性/北海道)
仲良い者同士で勝手にやるのは止めないが、強制参加させるような形では絶対にしない。部下に悪い。(32歳/男性/東京都)
忘年会という形ではなく食事会などを行いたい(27歳/女性/大阪府)
個々のプライベートを尊重したい。(28歳/女性/大阪府)

 


◾️まとめ
職場において世代を越えたチームを組むにあたり、各世代の傾向を掴むことはチーム内のコミュニケーションを円滑にする上でも必要な知識ともなり得ます。今回の調査では、職場の若手パーソンが年末恒例行事である「忘年会」に対してどのように感じているか調査を行いました。

これからまさに忘年会が増える時期、若手のチームメンバーは、忘年会を「コミュニケーションの貴重な機会」と捉えて参加していることが明確になりました。
若手は飲みニュケーションが苦手、というイメージも先行しがちではありますが、この貴重な年忘れの時間、じっくりお互いの話を聞く時間にしてみてはいかがでしょうか。

サイボウズ チームワーク総研では、チームコミュニケーションを円滑にするための研修プログラムを多数用意しています。今後もチームワーク総研では、チームやチームワークを考える一環として様々な調査を行い発信してまいります。

■サイボウズ チームワーク総研 https://teamwork.cybozu.co.jp/
サイボウズ チームワーク総研は、企業や組織に対して、サイボウズが2005年から取り組んでいる働き方改革を中心として組織運営に関するノウハウを、講演、企業研修、組織コンサルティングサービスとして提供しています。サイボウズの企業理念である「チームワークあふれる社会を創る」ために、グループウェア事業に加えて本事業を2017年11月より開始しています。

■調査内容についてのお問い合わせ先
サイボウズ株式会社 チームワーク総研:なかむら
TEL: 03-4306-0817(直通)  MAIL: teamwork@cybozu.co.jp


※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.htmlをご参照ください。

サイボウズからのプレスリリースについて、配信停止をご希望の方はお手数をおかけいたしますが、以下のフォームよりお申込みください。
https://info.cybozu.co.jp/corp/prmail/delete/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイボウズ株式会社 >
  3. 35歳以下のビジネスパーソン400人に聞く「忘年会」に関する調査