ツバイスペース、地震対策コイン「ナマズトークン」を発表

不動産ブロックチェーンを開発・運営し、地震対策ソリューションの開発・運用をしているツバイスペースが、地震関連トークン「ナマズトークン」を発表。プレセール受付け開始します

ツバイスペース、地震対策トークン、「ナマズトークン」を発表
不動産ブロックチェーンを開発・運営し、地震対策ソリューションの開発・運用をしているツバイスペースが、地震関連トークン「ナマズトークン」を発表。プレセール受付け開始します。

 

英語名: NAMAZU token
日本語名: ナマズトークン

トークンストラクチャー:
    総発行量: 2,000,000  
    オファリング: 600,000(段階的にオファリング予定)
    コントリビューター: 800,000
    プロジェクト:  600,000
    緊急時対応用予備プール:  4,000,000

プロトコル: ツバイチェーン(パブリックチェーン各種)

適用分野: 地震関連ソリューションの提供

ツバイチェーンは、ビットコインやイーサリウムなどの通常のブロックチェーンと違い、電気代の無駄をなくし、各サーバーノードに権威付けをすることにより、比較的少数のサーバーノードをハッキング耐性を持たせつつ保全することが可能となります。ツバイスペースは、スマートコントラクト関連の特許や、マルチシグ関連の特許も取得しており、現在の一般的なブロックチェーン技術よりもよりエネルギー効率の高い、次世代のブロックチェーン技術を開発し運営しています。ツバイスペースの日本法人、ツバイスペース・ジャパンは、日本での特許取得につづき、カナダ、シンガポールでも早期のブロックチェーン特許を取得し、他の国もそれに続いています。

ZWEISPACE JAPAN (ツバイスペース 東京都千代田区)は、KPMGグローバルイノベーション企業への選出や、世界各国に拠点をもつプラグ・アンド・プレイの本拠地であるシリコンバレーでのサミットで2020年夏、スタートアップアワードを受賞するなど、不動産テック、建設テック、AI、ブロックチェーン分野で世界の最先端で評価され、活躍中の企業です。

関連ニュース:

ツバイスペース、権利型の不動産トークン「ツバイノート(ZweiNote)」の組成をシンガポールで開始
http://zweispace.co.jp/zweinote-origination-starts-in-singapore/

不動産・建設ブロックチェーン、日本で最初のノードを鹿島平和研究所に設置
http://zweispace.co.jp/zweichain-first-node-kajima/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZWEISPACE JAPAN >
  3. ツバイスペース、地震対策コイン「ナマズトークン」を発表