カラダノート、Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2019『企業部門 300名未満の部』第9位を受賞

家族やライフステージが変わっても男女ともに働きやすく働きがいのある会社を目指すカラダノート

「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、家族のライフステージごとの意思決定支援サービスを行なう株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、Forbes JAPAN主催、株式会社LiB協力の日本最大規模の女性アワード『Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2019』の企業部門300名未満の部にて第9位を受賞いたしました。
 

 


選考方法
1. 働く環境の実態や取り組みの実績・目標について、アンケート調査を実施。
2. 管理職の女性比率や、女性役員の数などによって抽出された定数情報を集計し、スコアを算出。
算出されたスコアをもとにランキングを決定。

■家族やライフステージが変わっても男女ともに働きやすく働きがいのある会社、カラダノート

弊社は、女性比率59%、女性の管理職比率67%、産休育休取得及び復帰率100%(いずれも2019年10月時点)と、女性も男性もライフステージが変わっても働きやすく働きがいのある環境作りに力を入れてきました。
在宅勤務やフレックスタイム制を導入し慌ただしい子育ての中でも子供と向き合う時間や家族のための時間を確保できるような制度を取り入れています。
また、個人のキャリアアップを応援する制度やマンガを含む全ての図書購入を会社で負担する制度などを取り入れ働きやすさだけでなく働きがいも同時に追求できる環境を目指しています。

■会社概要
企業名 :株式会社カラダノート
本社  :東京都港区芝公園2-11-11芝公園2丁目ビル3F
代表  :佐藤竜也
事業内容:ファミリーデータプラットフォーム事業
妊娠出産育児にまつわるツールアプリ開発、プレママ/ママ向け情報コンテンツ配信
URL :https://corp.karadanote.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カラダノート >
  3. カラダノート、Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2019『企業部門 300名未満の部』第9位を受賞