台風15号 静岡県内の断水エリアにてWOTA BOXを使用した入浴支援活動開始

台風15号の影響で、断水が発生している清水区にて、9月28日よりWOTA BOXを使用した入浴支援活動が開始されていますのでお知らせいたします。
清水区では、台風15号の影響で、現在も約6万3000戸の家庭が断水状態にあります。(9月26日時点)
新清水駅、清水駅、草薙駅の3か所において、自律分散型水循環システム「WOTA BOX」を用いたシャワー計5台の運営がされています。
​【支援活動の詳細】
●支援内容

自律分散型水循環システム「WOTA BOX」シャワーパッケージ(5台)の提供

●提供場所
新清水駅 近隣 ※旧静鉄不動産清水店
 住所:静岡市清水区相生町2-26

清水駅 東口
 住所:静岡県静岡市清水区真砂町1-1

草薙駅 北口広場
 住所:静岡県静岡市清水区草薙1-3-3

●設置期間 / 利用可能時間
新清水駅 近隣 ※旧静鉄不動産清水店
 設置期間:2022年9月28日(水)~10月2日(日)(予定)
 利用可能時間:10:00〜20:00(予定)
 ※清水区の断水状況によって変更の可能性があります。

清水駅 
 設置期間:2022年9月28日(水)〜 未定
 利用可能時間:15:00〜21:00(予定)
  ※最終受付20:00 ※タオルをご持参ください。

草薙駅
 設置期間:2022年9月28日(水)〜 未定
 利用可能時間:15:00 〜21:00(予定)
 ※最終受付20:00 ※タオルをご持参ください。

※利用時間や場所については、被害の状況や現場からの支援要請を踏まえ、都度変更や追加支援を実施していく予定です。

支援活動の続報については
WOTA公式Twitter(@wotacorp)にて、随時更新して参ります。
https://twitter.com/wotacorp

被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


【WOTA BOXについて】
詳しくは、https://wota.co.jp/wota-box/ をご覧ください。

【WOTAについて】
WOTAは、「水問題を構造からとらえ、解決に挑む」を存在意義に掲げる、日本のスタートアップ企業です。地球上の水資源の偏在・枯渇・汚染によって生じる諸問題の解決のため、「水処理自律制御技術」及び「小規模分散型水循環システム」を開発しています。
当社プロダクトには、災害時等に仮設シャワー施設として活用できる可搬型の水再生処理プラント「WOTA BOX」、水道不要の水循環型手洗いスタンド「WOSH」があります。これらのプロダクトを日本国内において災害対策、衛生対策のため全国的にご活用いただく中で、将来構想である「小規模分散型水循環システム」の実証も実施してまいりました。
今後も研究開発とプロダクト普及を推進し、人類がより持続的かつ自由に水資源を使いこなせる「小規模分散型水循環社会」の実現を目指してまいります。
詳しくは、https://wota.co.jp/ をご覧ください。

【会社概要】
WOTA株式会社 https://wota.co.jp/
代表者:代表取締役CEO 前田瑶介
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町一丁目13番13号
設立:2014年10月24日 
事業内容:小規模分散型水循環システムの開発、水処理自律制御システムの開発
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WOTA株式会社 >
  3. 台風15号 静岡県内の断水エリアにてWOTA BOXを使用した入浴支援活動開始