株式会社ケイポートの介助犬支援が総額300万円を超える

東京都内でドラッグストア・薬局・化粧品専門店を運営する株式会社ケイポート(本社:東京都品川区)は2008年より社会貢献活動として社会福祉法人日本介助犬協会(以下、協会)への支援を行っている。介助犬は手足に障害のある人の日常生活をサポートする犬のことで全国に57頭が活動しているが、認知度が低く、また育成はほとんどが寄付で運営されているのが現状だ。そのような状況の中、株式会社ケイポートは法人会員としての継続支援の他、各店舗に募金箱を設置し介助犬の育成及び普及に協力しており、これまでの通算の支援額は300万円を超えた。
2021年4月には協会職員とPR犬2頭が本社へ訪問し、各店舗で集まった募金約44万円を受け取り、感染症対策を講じた上で社員とPR犬とのふれあいも行った。協会職員は「キャッシュレスが進む中、このような多くの善意が集まりありがたい」と話す。協会の法人会員、募金箱設置など支援に関する問い合わせは以下まで。

【社会福祉法人 日本介助犬協会】
TEL:045-476-9005
info@s-dog.jp

訪問時の様子訪問時の様子

PR犬と社員の方々PR犬と社員の方々












 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 社会福祉法人 日本介助犬協会 >
  3. 株式会社ケイポートの介助犬支援が総額300万円を超える