アーバンエナジーが太陽光発電PPAモデルの「ゼロエミプラン®オンサイト型サービス」を2社へ提供開始

~フジ・アグリフーズ本社流通センター及びJFEスチール知多製造所にて採用~

                                            2021年11月30日
                                      JFEエンジニアリング株式会社
                                       アーバンエナジー株式会社

  アーバンエナジーが太陽光発電PPAモデルの「ゼロエミプラン®オンサイト型サービス」を2社へ提供開始
       ~フジ・アグリフーズ本社流通センター及びJFEスチール知多製造所にて採用~

 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)の子会社で新電力会社のアーバンエナジー株式会社(社長:原岡恵子、本社:神奈川県横浜市)は、「ゼロエミプラン® オンサイト型サービス(以下、本サービス)」を、株式会社フジ・アグリフーズ(社長:河野俊之、本社:愛媛県松山市)の本社流通センターと、JFEスチール株式会社(社長:北野嘉久、本社:東京都千代田区)知多製造所の2社へ2021年度中に提供開始します。
 
 今回本サービスを提供するフジ・アグリフーズ本社流通センターは、JFE エンジニアリングが設計・施工を担当し、2020年8月に完工した青果物流通の拠点で、建物の設計・施工から太陽光発電による再エネ電力供給まで一貫したサービスを提供するものです。JFEエンジニアリンググループは、全国の物流拠点の新設や再整備に加え、各拠点における脱炭素化の取り組みも支援します。
 また、JFEスチールの知多製造所においては、JFEグループ全体で取り組んでいる気候変動問題への対応の一つとして、JFEスチールとして初めて太陽光発電PPAモデル※を活用した本サービスが導入されることとなりました。
 
 JFEエンジニアリンググループは、SDGsの達成に向けて再生可能エネルギーの利用拡大を目指している企業に対して、本エネルギーサービスを提供し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

※ 「太陽光発電 PPA モデル」とは、第三者が需要家の敷地や屋根などを借用して太陽光発電システムを設置し、発電した電力を長期にわたり需要家に販売するモデル。需要家は初期投資ゼロで再生可能エネルギー由来の電力を活用することができ、加えて電気料金の削減が期待されます。

■ 太陽光発電設備の概要
(1) 株式会社フジ・アグリフーズ
設置場所 本社流通センター(愛媛県松山市) 
パネル設置容量 224kW
年間計画発電量 約26万kWh

 

(2) JFEスチール株式会社
設置場所 知多製造所(愛知県半田市)   
パネル設置容量 1,314kW
年間計画発電量 約150万kWh


■ ゼロエミプラン®オンサイト型サービスのイメージ

              本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。 
               JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室
  1. プレスリリース >
  2. JFEエンジニアリング株式会社 >
  3. アーバンエナジーが太陽光発電PPAモデルの「ゼロエミプラン®オンサイト型サービス」を2社へ提供開始