カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みとしてポルシェの急速充電器「ポルシェターボチャージングステーション」都内2箇所目の設置

2022年6月1日(水)~

京王プラザホテル(東京:西新宿、社長:若林克昌)は、ホテル地下駐車場に、ポルシェの急速充電器「ポルシェターボチャージングステーション」を設置し、2022年6月1日(水)より運用開始いたします。当ホテルは、当該設備において国内では7箇所目、都内2箇所目の設置となります。

 


「ポルシェターボチャージングステーション」は、先駆的技術のリーダーであるABB社とポルシェが共同で開発したもので、国内でもっともパワフルな150kW(※1)の出力により、ポルシェのフル電動スポーツカー「タイカン」の車載バッテリーを約30分で80%(走行距離300km分)まで充電することが可能です。

設置の背景としては、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指すことを政府が宣言し、また世界的にもその動きが広まっていることや、お客様からのご要望のお声があり、電気自動車への転換や急速充電器の導入を促進する取り組みの一つとして積極的に導入を進めました。

この度の設置に伴い、ホテルご利用のポルシェオーナー様への特典として、オーナーキーおよび入庫券の提示、当該設備利用の旨をフロントでお伝えいただくと、駐車料金が1時間無料となります。また、開設を記念して、当該設備をご利用いただいたポルシェオーナー様限定の特別キャンペーンを実施する予定です。(6月中旬頃 ホテルホームページにて情報公開予定)
 

  • 「ポルシェターボチャージングステーション」設置概要

運用開始:2022年6月1日(水)~
設置場所:東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル南館B2地下駐車場内
設置台数:ポルシェターボチャージャー2基(2022年夏まで90kW運用、それ以降150kW運用予定)
充電可能時間:24時間 365日(※施設点検日を除く)
対象車種(※2):ポルシェ電気自動車、アウディ電気自動車(※2022年8月1日(月)より利用可能となります。) ほか

※1:2022年夏より運用予定
※2:本充電規格に関しては、CHAdeMO規格で、日本国内の急速充電器対応車種の電気自動車BEV、プラグインハイブリッド車PHEVにも対応しております。(※一部除外の車両あり)
認証方法については、ポルシェチャージングサービスアプリにより、簡易的に認証が行えます。また、7月からプレミアムチャージングアライアンスによりアウディオーナーも同じアプリの使用が可能となります。
https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?lang=jp&pool=japan&id=2022-04-19-01
また、認証方法は異なりますが、その他のCHAdeMO対応車種オーナーも、Webページでの認証手続きにより充電可能です。

ポルシェジャパンによる電気自動車の充電ネットワークにつきまして
ポルシェジャパンは、急速充電器(最大150kW級出力*、CHAdeMO規格)と普通充電器(8kW出力)の独自の充電ネットワークを展開する他、日本国内のポルシェセンター(46拠点)でも現在35箇所(39基)と、ポルシェの体験型施設ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(1基)でポルシェターボチャージングステーションと同規格のDCチャージャーが稼働しています。ポルシェセンターでの設置は、2023年末までにすべて完了する予定です。(それぞれの設置数は、2022年4月30 日 時点です)

※詳細はホームページをご確認ください(https://www.porsche.co.jp/sp/charging/

【新型コロナウイルス感染症への取組み】
公式ホームページ:https://www.keioplaza.co.jp/news/safety/
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=5Gp7ax9O7Ik
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京王プラザホテル >
  3. カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みとしてポルシェの急速充電器「ポルシェターボチャージングステーション」都内2箇所目の設置