【世界初】ガス管の位置をAIで判定!地中レーダー用ソフトウェアの販売開始

熟練作業者のノウハウをAI化し、道路の掘削作業に役立つ「AI自動判定ソフトウェア」を開発。
 

大阪ガスは、日本信号、HACARUSと共同で、地中にあるガス管や水道管などの位置を人工知能(AI)で判定する世界初の「AI自動判定ソフトウェア」を開発しました!
本ソフトウェアは、2021年10月1日より日本信号を通じて販売を開始しています。
  • 道路の掘削作業時の課題
大阪ガスでは道路の掘削作業を行う際、地中に埋設されたガス管や水道管などを破損させないために、地中レーダーを使用して埋設管の位置を特定しています。しかし、埋設状況によっては判定が難しいケースがあり、埋設管の正確な位置を特定するには一定の経験が必要でした。

 
  • 熟練作業者の判定をAIが学習
今回開発したソフトウェアでは、地中レーダーの探査画像をAIが自動判定し、埋設管の位置を特定します。熟練作業者の判定方法をAIに学習させることで、高い精度を実現。初心者でも簡単に埋設管の位置を特定することが可能となります。
 
  • 既存の地中レーダーに搭載可能
既存の地中レーダーに搭載可能本ソフトウェアでは、少量の学習データで高い精度を発揮できる「スパースモデリング」を採用し、開発にかかる時間とコストを低減。また、既存の地中レーダーに搭載できるため、機材を買い替えることなく使用できます。

Daigasグループは、社会課題の解決に資する価値「ミライ価値」を創造するため、AI技術の導入などDXの推進にも取り組み、持続可能な社会の実現への貢献を目指してまいります。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪ガス株式会社 >
  3. 【世界初】ガス管の位置をAIで判定!地中レーダー用ソフトウェアの販売開始