ストリームのインターネット通販事業のノウハウを活かした包括的な物流支援サービス(3PL)の本格的事業化について

株式会社ストリーム(東京都港区:代表取締役社長 齊藤 勝久)は、『ECカレント』をはじめインターネット通販サイト運営で培った販売から物流までワンストップで管理する質の高いシステムをインターネット通販事業者の皆さまに対して提供してきましたが、今後、物流倉庫・受注管理・出荷の包括的な物流支援サービス(3PL:Third(3rd)Party Logistics)を、当社事業の柱にするべく組織体制の変更等を行い本格的事業化に向け強化を図っていきます。


当社の倉庫管理システム(Warehouse Management System)
 ―荷主様から提供頂く出荷データをもとに、ロジックなど、様々な仕様構成が可能
 ―出荷実績データのインターフェースの自由に変更が可能
 ―各種上位システムにも簡単な作業でアップロードが可能

システム自動連携
お客様が現在使用されている注文管理システム(カートや受注管理ソフト、基幹システム)と、当社の倉庫管理システム(Warehouse Management System)とのシステム連携を構築します。また、APIなどを用いて荷主様毎の固有のシステムカスタマイズにも柔軟に対応します。


ローコストオペレーション
物流業務は、現場のスタッフが主役です。
経験の浅いスタッフでも迷うことなく作業出来るように、人材教育に力を入れ、
ローコストオペレーションでの運営が可能です。
 ―在庫管理システムと連動し、人為的ミスの発生を極力抑えるために
      工夫・配慮された倉庫
 ―受注データの自動化・省力化のためシステムにより個別に同梱物の設定が可能
 

 

当社物流センターについて

所在地:埼玉県さいたま市岩槻区
保管面積: 約2,700坪

 当社は、これまでインターネット通販事業を通じて培った協力企業(人材・運送・資材)との幅広いネットワークを活かし、今後も一層のサービス向上に努めてまいります。
 

<本件に関する、報道機関様からのお問い合わせ先>
株式会社 ストリーム    担当:上原  TEL03-6858-8190

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ストリーム >
  3. ストリームのインターネット通販事業のノウハウを活かした包括的な物流支援サービス(3PL)の本格的事業化について