デジタルOOHで屋外広告を見たと想定されるユーザーにリアルタイムでメールを配信するパッケージ商品をLIVE BOARDとD2Cが共同でリリース

株式会社 LIVE BOARD(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 神内一郎、以下LIVE BOARD)と株式会社D2C(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋英行、以下D2C)は、LIVE BOARDが展開するデジタルOOH※1を見たと想定されるユーザーに対し、D2Cが広告販売を行うNTTドコモのスマートフォン向けメール広告配信サービス「メッセージS(スペシャル)®<以下メッセージS>」※2を送信する「モバイル連動パッケージ」をリリースしました。

            ▲ LIVE BOARD×メッセージSでの広告配信のイメージ


本商品では、LIVE BOARDマーケットプレイス※3で広告を配信した時間帯に、メッセージSで定義されたジオフェンス内に入ったユーザーへメール広告を配信することが可能です。これにより、デジタルOOHで広告を見た可能性の高いタイミングに合わせてメッセージSを配信することで、商品・サービスの概要やキャンペーンの詳細情報を配信することが可能となるため、それぞれ単独で広告を配信するより「ネット検索」や「購買行動」などの行動変容率を高めることが期待できます。

今後もLIVE BOARDとD2Cは、統合マーケティング活動およびCRMの推進を共同で行うことで、日々高度に進化するさまざまなデジタル広告/マーケティングニーズに応える質の高い商品・サービスの開発、提供に努めてまいります。


※「メッセージS(スペシャル)」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

※1  OOHは、交通広告や屋外広告など、家庭以外の場所で接触する広告媒体の総称です。 デジタルOOHは、交通広告、屋外広告およびリテールショップなどに設置されたデジタルサイネージを活用した広告媒体をさします。

※2 メッセージSとは、ドコモのスマートフォン向けメールサービス「ドコモメール」上に配信されるメール型広告商品です。登録者数は3,300万人(2020年7月時点)と、キャリア運営のスマートフォン向けメール広告としては日本最大級のメディアで、企業が提供するキャンペーン情報や新商品のお知らせなどのお得な情報を配信しています。

※3 LIVE BOARDが配信可能なデジタルOOHの広告枠。ドコモのビッグデータを活用したターゲティング配信が可能です。

 

【各団体概要】
■ 株式会社LIVE BOARD
代表者: 代表取締役社長 神内 一郎
所在地: 東京都渋谷区神宮前3-1-30 Daiwa青山ビル7階
資本金: 25億円
営業開始日・創立日: 2019年2月1日
主な事業: デジタルOOH広告配信プラットフォームの運営、デジタルOOH広告媒体の開拓、デジタルOOH広告枠の販売

■ 株式会社D2C
代表者: 代表取締役社長 高橋 英行
所在地: 東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル
資本金: 34億8000万円
営業開始日・創立日: 2000年6月1日
主な事業: NTTドコモのメディアを中心とした広告事業を展開。デジタルを活用した総合的なマーケティングコミュニケーションを提供するD2Cグループを擁する。


【商品に関するお問い合わせ先】
株式会社D2C ドコモ広告事業本部
E-mail:adnw-promotion@d2c.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社D2C >
  3. デジタルOOHで屋外広告を見たと想定されるユーザーにリアルタイムでメールを配信するパッケージ商品をLIVE BOARDとD2Cが共同でリリース